<   2018年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 旅の2日目、中国・昆明から飛行機で、ラオスの古都 ルアンパパーン へ。

 飛行機は延々と、雲南の山の上を飛び続けます。
d0140806_16374769.jpg

 そんなに高い山はなく、2千mぐらいの山が続き、谷合には部落が点在します。
 4年前の雲南の旅では、この下をバスで走っていた場所かもしれません。

 一時間半以上飛んだでしょうか、メコンとおぼしき川が現れ、支流も見えますから、ルアンパパーンに近づいたようです。 どうも周囲は山ばかりのようです。
d0140806_1642338.jpg

 飛行機は一向に降りて行きません。 グルグルと周囲の山を廻るだけで、飛行場が見つからない?
d0140806_16431744.jpg

 「こんなところに飛行場があるのかな・・・・。 飛行機の腹が山に当たりそうやんか・・・」
 3回ぐらいは山の上を旋回していたと思いますが、何とか谷間の平原っぽい場所に近づきました。
d0140806_16461584.jpg

 ルアンパパーンの街が見えてきました。  「フー・・・。 何とか飛行場に降りそうだな・・・・」
 後で現地のガイドさんに聞いたのですが、大きな飛行機や新米のパイロットではこの空港に降りられず、引返すこともあるそうです。 霧でも出れば、この空港に降りるのは相当勇気が要るでしょうね。

 無事空港に到着。 何とも長閑で可愛い空港です。
d0140806_16502155.jpg

 「いいな~、このノンビリムードがたまんないよ。 これがラオスやな・・・・」
 到着ゲート? そんなものはない。 タラップを降りて管理棟へ歩いて行く。
 さすがに暑い。 ゆうに30度は越えている・・・・。
d0140806_16531445.jpg

 このルアンパパーン空港は、ちゃんと国際空港です。入国検査も出来ますよ。
 入国時に空港でビザを取っている西洋人の観光客が長蛇の列でしたが、我々は別のルートでスムーズに入国。 日本人はビザが要らないのかな・・・・。 パック旅行なのでその辺が無頓着ですが。

 空港を出るとこんな感じ。
d0140806_1724228.jpg

 「何処かで見たような景色や・・・・。 うーん・・・。 そうだ、チェンマイなどの北タイの風景とそっくりや」
 椰子の木が生えていて、道端の小型トラックはタイのソンテウそのもの。
 青い空に椰子の木。 何とも懐かしい?風景でした。
d0140806_1772834.jpg


 ここでチョット説明をしておかないと・・・・。
 私は2003年~2008年の間に4度もタイに長期滞在したことがあります。 その時に北タイや東北タイに何度も観光で訪れたことがあります。 今回訪れたラオスはメコン川の左岸、北タイや東北タイはメコン川の右岸になりますから、数十キロしか離れていません。 風景が同じなのは当然と言えば当然なのですが・・・。

 「懐かしいような、10年前に戻ったような・・・・。 勝手知ったる何とやら、こりゃノンビリ出来そうや・・・・」
 この赤い草。 よく見ていた草ですが、なんとなく馴染んでいた情景ですね・・・。
d0140806_17163826.jpg

 ルアンパパーンはメコン川とその支流に囲まれた静かな町のようです。
d0140806_17175232.jpg

 「こりゃいいや。 ラオスの旅は ノンビリ旅 になりそうや・・・」
 道端のお店、お婆ちゃんの表情も何処か懐かしい。
d0140806_17211394.jpg


 今回のラオスの旅。 どうも私には10年前の郷愁 を覚える旅になりそうです。
by takeshi_kanazaw | 2018-02-28 08:34 | ラオスの旅 | Comments(6)
 ラオスへの旅で立ち寄った 中国・昆明。

 この昆明の街は、緯度からいうと亜熱帯になりますが、標高が1900mと高い。 そのために、夏はそう熱くなく、冬もそう寒くない、という気候条件に恵まれ、「春城」 と呼ばれています。

 ラオスへの飛行機便を待つ時間があるからでしょうか、昆明の古い街がある観光地へ連れて行ってくれました。

d0140806_15323236.jpg

 官渡というのですから、昔は大きな湖の船着き場だったようです。
 それにしてもいい天気でしたね・・・・。 気温は20度ぐらい。 

 周囲にはお店が並んでいましたが、お正月(春節祭)の2日目で、あまり人はいなかった。

d0140806_15514389.jpg

 この地の名物の食べ物が売られてましたが、あまり店も開いてないし、客も少ない。昆明は大都会なので、住民の多くは正月で故郷に帰ってしまっているのかもしれませんね・・。

 中央にあったお寺。 多分明代か清代のもので、そう由緒ある寺でもなさそう。

d0140806_15553655.jpg

 どういう理由か不明でしたが、少林寺(河南省)からわざわざお坊さんが来ているようです。

 境内の花が満開でした。 モクレンですかね・・・。 モクレンに赤い布(おみくじ)が面白い。

d0140806_15583691.jpg

 さすが 春城・昆明 ですね・・・・。

 春の日差しに誘われたのか、お寺の近くの公園では老人達が日向ぼっこ。

d0140806_1601313.jpg

 中央のタバコを吸っている老人、なんと93歳だそうです。
 タバコを愛する隣人同士ということで、 この老人とタバコの交換をしました。
 「リーベン?(日本人?)」 「シーダ、トイ トイ(そうです、そうです)」 それ以上の中国語が出てこない・・・。

 バス通りに出てくると、桜が咲いていたり(帰国報告の写真参照)、花モクレンが咲いていたり。

d0140806_1653451.jpg


 なんともノンビリした春の情景が続きましたが、昆明の街中はこんな感じ。

d0140806_1664592.jpg

 昆明は人口700万人の大都会なんですね・・・・・。

 実はこの昆明が省都となっている雲南省は、この時期に南の方へ行くと 羅平(らへい)には菜の花が満開になり、元陽(げんよう)の棚田では田植え前で棚田に水が張られて、見事な景観となります。

 私も4年前に行きましたが、興味のある方は、このブログのカテゴリ「中国・雲南の旅」をクリックしてみてください。 今年も東京や名古屋など日本全国から数十の雲南ツアーが計画されています。

 余談ですが、この雲南の棚田の絵も描きました。 興味のある方は 「雲南の棚田の絵」 (ここをクリック)も見てください。

 そうでした、ラオスへの旅でした。
 お昼頃、やっと昆明からラオスの古都 「ルアンパパン」 へ飛び立ちました。

d0140806_16314263.jpg

 さ~て、いよいよ ラオスの旅 の始まりです。
by takeshi_kanazaw | 2018-02-27 08:26 | ラオスの旅 | Comments(8)
 「さあー、ラオスへ行くぞ!」

 と言っても、残念ながら日本からラオスへの直行便はありません。
 ラオスに行くにはタイのバンコク経由か、はたまた何処かを経由しないとたどり着けない。

 今回のツアーは、なんと名古屋から上海、上海から雲南省の昆明、そして昆明からラオスと、2日がかりのアプローチになります。 まーバンコクを経由しても2日がかりだろうとは思いますが・・・。
 「俺は上海空港は大嫌いなんだ。 大きすぎて時間ばかり掛かって、タバコもユックリ吸えないし・・・」
 パックツアーだから仕方ないですね・・・・。

 午後4時過ぎにセントレア(中部国際空港)を出て、定刻に上海浦東空港に着いたのですが、そこからがイケマセン。 広い空港を飛行機が延々とドライブ? そしてバスに乗り換えてまたバスがドライブ。 やっとゲートにたどり着いて、添乗員のK嬢の持つプレートを探す。

d0140806_1471063.jpg

 人ごみの中では、この印だけが頼り?
 このプレートの 機中泊なし といううたい文句の説明を少し。ラオスへ行く時にバンコクなど東南アジアを経由すると、東南アジアから日本へ帰る飛行機便が現地深夜発の機内泊になるのです。 他の東南アジアの旅行でも殆どが機内泊を余儀なくされます。 早朝に日本へ帰って来た経験がある方も多いのでは。

 さて上海空港ですが、それから入国手続きがまた延々と長蛇の列。
 「大きすぎるハブ空港というのは、機能不全に陥ってるわ。 上海空港はダメや!」
 昆明への国内線の搭乗検査も長くて、結局上海空港に飛行機が着陸してからたっぷり2時間を要する乗継となってしまいました。 乗継時間内にタバコを吸うことだけが楽しみの私には、とても腹立たしい。

 私はよく中国に旅行をしますが、何時も上海空港では不機嫌になります。
 そんな空港でしたが、一つだけホットするものが。

d0140806_1525812.jpg

 私たちが出かけたのは2月16日、中国のお正月 「春節祭」 だったのですね。日本でいえばお正月の元旦の日です。 正月から不機嫌ではいけませんね・・・。 気分を変えて・・・。

 夜のとばりが落ちて、もう夜の9時ごろにやっと昆明に向かって出発です。

d0140806_1565226.jpg

 中国の国内線ですが、機内の感じは国際線の飛行機と殆ど変りません。
 さて、上海から雲南省・昆明までどのくらい掛かると思いますか?
 名古屋ー上海が2時間半、上海ー昆明は3時間超なのです。 中国は大国ですね。

d0140806_20361.jpg

 飛行機の機内では全然寝られない私。 当然タバコも吸えない・・・・。 ジーと我慢の連続。
 ヨーロッパやアメリカに行くなら10時間かかるぞ! という声もありそう・・・。

 やっとやたどり着いた昆明の空港。 既に時刻は深夜の1時ごろ。
 「アレ? 昆明の空港は前の時と違って随分と大きくなったな・・・・」

d0140806_245527.jpg

 4年前に 中国・雲南の旅 で同じ便で昆明に着いた時と雰囲気が全然違う。
 後で判ったのですが、中国の政策 「一帯一路」 で、この昆明は東南アジア方面への基地的位置づけにされて、空港も大改築し、なんと中国第4番目の大きな空港に生まれ変わっていたのです。

 「あー・・・眠いよ・・・・。 とにかく寝たい・・・・・」
 ホテルのベッドに入ったのは深夜の2時過ぎでした。

 ラオスへの旅は、こんな状態で始まりました。




 
by takeshi_kanazaw | 2018-02-26 08:34 | ラオスの旅 | Comments(8)
 昨夜10時過ぎに無事日本に帰って来ました。

 「あ~シンド。 つかれた~・・・・・」  もうそのまま眠って、午前中はズーと寝てました。

 今回の旅は、冬の日本を出発して、中国の雲南省・昆明に立ち寄り、そしてラオスへと入ったのですが、まるで冬と春と夏を一週間で駆け足で走ってきたような感じでしたね・・・。

 上海から昆明に着いたのは深夜。 気温は5度以下。

d0140806_21133443.jpg


 日本を出発した時の冬の服装のままでよかったのですが、次の日の日中は20度。
 昆明は春城と言われるぐらい中国では温かい。 桜が咲いていましたから、まさに春の感じ。

d0140806_2117613.jpg

 冬のジャンパーを脱ぎ、少しキツイ陽光を浴びながら、汗が出てくる。

 そして、その午後にラオスに飛行機で飛ぶと、もうそこは真夏の世界。 気温は33度。

d0140806_21193298.jpg

 ラオスの古都、ルアンババーンのワットシエトーンという古い寺。ブーゲンビリアの花でしょうかね・・・。

 それからはラオスの観光が続き、ズーと30度を超える夏の世界が続きました。
 メコン川の滝近くの観光地では、西洋系の観光客はなんと海水着で、ノンビリムードでした。

d0140806_2124547.jpg

 北欧の人には、2月に日光浴が出来るアジアの地は魅力的なんでしょうね・・・。


 帰国はこの逆をたどるのですが、また夏から冬に逆戻りです。

 「うーん、冬から夏、そして夏から冬と、一年の気温変化を1週間で体感したわけだけど、やっぱりしんどいわ・・・」

 歳ですかね・・・・。 
 帰国後はどうもスッキリとしませんね・・・。 まだ少々だるい感じ。

 「今日は味噌煮込みうどんを食ったし、温泉の素を入れた我家の風呂にも入ったし、まー、もう一日寝れば、何とかもとへ戻るやろ。 旅行記は明日から書いていくことにするか・・・」
by takeshi_kanazaw | 2018-02-24 21:30 | ラオスの旅 | Comments(10)
 明日(2月16日)から、チョット ラオス へ行ってきます。
 何時もの通りの、パック旅行に一人で乗っかるスタイルです。

 ラオスなんて、日本のマスコミには全く登場しません。
 名前ぐらいは聞いたかとは思いますが、ラオスという国は、東南アジアのこんな場所にあります。

d0140806_9565351.gif


 「どうしてラオスなんて国に行くの?」
 
 特別の理由はなくて、東南アジアでまだ行ってない国だから、チョット行ってみるか という感じ。

 長期滞在をしたタイで、メコンの川岸から対岸のラオスを眺めたことはしばしば。
 ラオスは椰子の木が生えていて、特に目立った特徴はなかったですが・・・。

 ラオスに行って、何を観たい、何を食べたい、そんなこだわりの気分は全くありません。
 プラプラと行ってみれば、また何かあるだろう・・・・・・。

 ということで、このブログは 2月16日から24日までお休みにします。

 多分、2月のラオスは気温が35度ぐらいあるでしょうか。 炎天下ではそれ以上でしょう。
 日本と温度差が30度以上なので、年寄りには少々シンドイですが・・・。

 帰国して体調が良ければ、またラオスの旅行記でも載せていきますか。
by takeshi_kanazaw | 2018-02-15 10:17 | ラオスの旅 | Comments(2)

 熱田の森は緑なりき

 今年になって、熱田神宮に3度も行ってしまった。
 急に信心深くなったわけではなく、熱田の森の中を歩くのが面白くなってきた感じ。

d0140806_10363028.jpg

 殆どの方は本殿にお参りされますが、本殿の横へ行くと、裏側まで行ける小路があります。

 本殿の裏も木々が鬱蒼としています。
d0140806_10385587.jpg


 伊勢神宮ほどではないですが、この熱田神宮も長い歴史があって、古木が一杯あります。
d0140806_10401361.jpg


 本殿の裏など歩いたことがなかったのですが、チョットした森林浴ムードです。

 表に帰ってくると、巫女姿の女性の御出迎え?
d0140806_10423142.jpg

 本殿の横にある、お祓い、祈祷の別館があり、終わるとお酒が振舞われるようです。

 「うんうん、ジックリ歩けば熱田さんも面白い」

 今度は鳥がお出迎え?
d0140806_10445831.jpg


 これまでは初詣だけに訪れていたので、熱田の森の中は殆ど見ていない。
 明治天皇が熱田神宮に来た時の休憩所なんてものもある。
d0140806_10472096.jpg


 そして、雪の中で見た赤い社ですが、晴れた日には陽光で一段と鮮やか。
d0140806_10513028.jpg



 大都会の真っただ中にある熱田神宮。
 静かな森の中をプラプラ歩くと、別世界のような雰囲気で気に入っています。

 「今年は熱田さんシリーズで行ってみようか・・・・」
by takeshi_kanazaw | 2018-02-14 10:52 | Comments(4)

 さー、運勢は如何に?

d0140806_10362064.jpg


 熱田神宮、御神籤(おみくじ)を引く人が多い。
 誰でもそれぞれ吉兆は気になるもの。

 若いカップルが並んで御神籤を。
 金運に凶ぐらい出てもいいだろうが、恋愛に凶は出て欲しくない?

 二人に温かい冬の日差しが差している。
 御神籤がどうあろうと、きっとこの若いカップルには輝く未来が待ってるでしょう。

d0140806_10434133.jpg

by takeshi_kanazaw | 2018-02-13 10:43 | Comments(8)
d0140806_1059977.jpg


 熱田神宮にある土塀。 木々の影が映って、面白い情景です。
 この土塀は 信長塀 と呼ばれているそうです。
 三十三間堂の太閤塀(京都)と並ぶ日本三大土塀の一つとして有名なんだそうです。(全然知らなかった)

 土をつき固め、上に屋根をかけた土塀ですが、瓦が埋め込まれています。
 最初は漆喰が塗られていたのかどうか、よく知りません。
 400mぐらいあったらしのですが、現存するのは100mぐらいです。

 熱田さんでは、こんな面白い被写体が一杯見つかりそうです。


 余談ですが、ご存じのように織田信長は桶狭間の戦いで、この熱田神宮に戦勝祈願したとされています。
 戦いに勝った後、御礼として奉納した瓦ぶきの塀がこの信長塀。

 信長の当時の城だった清州城から熱田神宮までは約10キロ。
 信長は乗馬が得意だったらしく、家来が追い付けないほど先走り、やっとこの熱田神宮で陣立てを整えたそうです。 ここから桶狭間までは約15キロぐらい。 もう敵の今川は近くまで来ていたんですね。
 「サー、行くぞ!」 という感じだったのでしょうね。

 本人も勝とは思っていなかった? よほど嬉しかったのでしょう。土塀ぐらいは寄進しても当然?
 苦しい時の神頼みでもないでしょうが、多くの武将が戦いに臨むときは神に勝利を祈願するようです。 そう言えば、今でも入試の時に神頼みをしますよね・・・。

 何時の時代でも 神頼み というのはあるもんです。
by takeshi_kanazaw | 2018-02-12 11:21 | Comments(2)
d0140806_14111911.jpg

 
 名古屋市の熱田神宮。
 周囲はもうビルが建って都会の真っただ中にあるが、神宮の一帯だけは熱田の森と言われるぐらい、木々がこんもりして、都会の喧騒の外にある。

 最近は若い女性が神社やお寺を廻るのが流行っていて、心の癒しになるという。 好い事じゃないでしょうか。私の場合はそんな高尚な心根ではなく、ただ熱田の森は面白い被写体だと気付いただけ。

 森の中で陽光に輝く素朴な社は、案外いいものではあります。
 どうも神様というのは、人間の力の及ばぬモノの存在を感じて、それを敬うことが始まりかもしれない。 神の前では傲慢さを捨て、欲望を忘れて、敬虔な気分になることで安らぎが感じられるのかも。

 社というのは神のおわす所なんでしょうが、昔の人は社を作る時に、最初は自分たちの住まいをベースにして、神様の住まいらしく考案して建てたと考えるのが妥当でしょうか。 日本では装飾のない白木の社が普通で、実に素朴で望ましい。

 「うーん、この社のスタイルはどこかバリ島の神々の住まいと感じが似ているな・・・・」
 湿気を避けて高床にし、屋根は茅葺の感じ。 感性が凄く似通っている。

d0140806_14363552.jpg

 バリ島を旅行した時であった社。 バリはヒンズーの島ですが、これは土着の神かも。
 「感じが日本の社と似てる。 ひょっとしたら源日本人は南の島からやってきた?」

 素朴な神に祈る時代から、ダンダンと俗世界の姿に。
 神を絶対化し、人格化して預言者を生み出したのが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教。 建国者や権力者を神のごとく位置づける場合もあって、日本もその一例かもしれません。

 今日は確か建国記念日。 神話の初代天皇とされる神武天皇の即位日とされています。 日本書紀に記された神話の世界ですが、日本の古代史は神話の世界と史実が混在しているのが面白いというか、困った問題というか・・・。 古今東西、世俗の世を治めるには、権力者が神となるのが一番強力な手段ですからね・・。

 この熱田神宮は日本武尊の東国平定時に建てられ、三種の神器の一つ草薙剣が祭られているというのですが、ひょっとしたら元は尾張地方の神社だったのかも。 何時の頃から日本の神は 国家宗教の体裁を取り始めたのでしょうかね・・・。

 昨日は図書館へ行って、 日本書紀 の本を借りてきました。
 原文、現代訳、解説付きの分厚い本ですが、ジックリと読んでみますかね・・・。

 まー、あまり細かいことは抜きにして、素朴な癒しの時間を無理に宗教心と結びつけることもいらないでしょう。

 
by takeshi_kanazaw | 2018-02-11 14:52 | Comments(8)

 2018年宇宙の旅?

d0140806_932241.jpg


 銀河の中に分け入ってみると、そこには無数の星が・・・・。
 さらに進むと。

d0140806_9332652.jpg

 うーん、またまた星の世界が広がっている・・・。

 何処まで行っても星の世界・・・。

d0140806_9344633.jpg


 この銀河(小宇宙)のような世界が、大宇宙の中に幾つあるのか。 誰も判らない・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-02-10 09:36 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw