<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0140806_1051695.jpg


 伊吹の秋の花。 これまで変な?花や実の写真ばかり載せてきました。
 ちゃんと? 花らしい花を・・・・。
 
 上の写真、ピンクは シオガマギク だと思います。 黄色は キリンソウ だと・・・。
 今回は伊吹山の花図鑑を紛失してしまって、花の名前が・・・・。

 キリンソウは、黄色いのでよく目立っていました。
d0140806_10565268.jpg
 これは本当にキリンソウですよね・・・・。

 黄色い花は結構他にもありまして・・・。
d0140806_105656100.jpg
 これは少し感じが違う。 名前が・・・・。

 菊のような見事な白い花。
d0140806_110149.jpg
調べると リュウノウギク らしいのですが・・・。

 そうなのです。 私の場合は、花を撮っても名前を調べるのが大変?なので、ついつい撮りっぱなしで放置してしまうことが多いのです。
by takeshi_kanazaw | 2014-09-30 11:05 | 花撮り等 | Comments(2)
d0140806_1501393.jpg


 伊吹山の草むらで見つけた、鮮やかな赤い実。
 これは マムシ草の実 です。

 マムシ草というのは、葉の形がマムシが鎌首をもたげたような形をしている。
 この草も有毒なのだそうですが、その実はきれいな色をしています。

 「まるで小さな柿がいっぱいなようにも見えるな・・・」
d0140806_1551561.jpg


 トリカブトの青といい、このマムシ草の赤い実 といい、綺麗な花には毒がある?
 どうも変な写真ばかり撮っているようですが、見た目にはとにかく綺麗なのです。

 これは綺麗な実が枯れていく状況かも。
d0140806_1583645.jpg

 どこか芸術的?な造形にも見えますが・・・。
by takeshi_kanazaw | 2014-09-29 15:10 | 花撮り等 | Comments(8)
d0140806_14214149.jpg

 この鮮やかというか、毒々しいというか・・・。 凄い青ですね。

 トリカブトですね。 猛毒で知られる植物ですが。
 漢方では薬草としても知られているそうですが、形が兜のようですね。
d0140806_1425544.jpg
 

 秋の伊吹では、このトリカブト(イブキトリカブト)が一番目立つ花です。
d0140806_1425219.jpg
 山頂付近の所謂お花畑では、至る所に咲いています。

 「今年の夏は雨ばかりだったし、逆に秋は雨が少なくて、トリカブトの青もイマイチだな・・・」 何時もコーヒーを飲む頂上のお店のオヤジさん。

 でもこのトリカブト。 結構目立っていましたよ。
d0140806_14284819.jpg


 猛毒と知らなければ、結構綺麗な花だと思うでしょうね。
by takeshi_kanazaw | 2014-09-28 14:30 | 花撮り等 | Comments(4)
d0140806_823411.jpg


 伊吹山は標高1500m弱。 
 夏の直射日光は、結構暑いのだけれど、秋ともなれば少し柔らかい。

 写真を撮る時、暑い中と涼やかな時とは気分が変わるものですね。
 草むらに秋の日差しが射しこんだ様は、夏の強い日差しとは一味違うと思う。

 白くて可憐な?花がポツンと。
 花の名前?  調べてのだが・・・・。 よくわからない。

 草むらの中の白い花は綺麗に見える
 きっと緑の草に囲まれているからなのだろう。 
 
 それに秋の日差しが演出家?
 まるでスポットライトが当たっているみたい。

 これはウドの仲間だと思うけど、これも意外と涼やかだ。
d0140806_8314881.jpg


 (写真が小さくて見にくいかも。 写真を左クイックして貰うと拡大画面も見られます)
by takeshi_kanazaw | 2014-09-27 08:35 | 花撮り等 | Comments(4)
d0140806_11231925.jpg


 伊吹山の秋。
 夏の賑やかなお花畑とは少し感じが違っています。

 花が咲いた後はそれぞれ実がなったり、綿毛が出てきたり。
 「この草の花はどんな風だったのかな・・・・」

 秋の日差し、柔らかい風、 小さくユラユラと揺れていました。

 秋の伊吹は、小さな秋 という感じで、ゆっくり時間が流れています。
 そんな伊吹の秋の、何気ない草むらの表情がいいですね。
by takeshi_kanazaw | 2014-09-26 11:28 | 花撮り等 | Comments(4)
 盆前に伊吹山に行って、やっとシモツケソウを撮りました。

 その時、「秋の伊吹もイイよ」 と行きつけの頂上の茶店のオヤジさん。
 そろそろ秋の気配かな と、伊吹山へ行ってきました。

 「初めてだな・・・。 伊吹にキリがないのは」
d0140806_955711.jpg
 伊吹山の頂上を目指すと言っても、私の場合は9合目まではドライブウエイでひとっ走り。
 ススキなのでしょうか、秋の日差しにユラユラ。
d0140806_974241.jpg

 それにしてもいい天気でした。(9.22日)
 伊吹に雲が掛かってない姿は初めてみました。
d0140806_991834.jpg
 伊吹山は北の若狭湾と南の伊勢湾への風の通り道。 何時も雲が湧き出して、道はキリに覆われる。

 頂上への道は少し汗が出ますが、秋の涼しい風が気持ちいい。
d0140806_9124425.jpg


 夏の頃は山頂のお花畑を目指す観光客で賑わいますが、秋の伊吹は落ち着いています。
 麓から登ってくる人も多く、軽い登山といった感じ。 9合目まで車で来る私のような人達には、ピクニックといったところでしょうか。

 頂上付近で持ってきた握り飯を食べていたら、隣では若者が豪華な?食事を。
d0140806_9153489.jpg
 焼肉を食べて、次はカレーだそうです。
 「道具を持ってくるのは大変だろう」
 「そうでもないですよ。 今日の目的は頂上で飯を食うことにしていましたから」
 どうも何度も伊吹を歩いているような二人でしたね。

 すぐ近くの別の女性グループ。 こちらはカップヌードル準備中。
d0140806_9201696.jpg
 「コーヒーの次はカップヌードルです」
「食べる順番が逆じゃないの?」 とにかく若者は楽しそう・・・。

 私は若者のような豪華な?食事は出来ません。
 何時も立寄る茶屋でコーヒーとタバコ。
d0140806_9225177.jpg


 伊吹と云えばお花畑ですが、夏とは全然感じが違っていました。
 花の盛りが過ぎたという感じでした。でも面白い花や実が見られました。

 まー、それなりに写真は撮ったので、次回以降で載せていきます。
by takeshi_kanazaw | 2014-09-25 09:30 | Comments(2)
d0140806_113189.jpg
 何処にでもあるような、街角のとある喫茶店。 ゆっくりタバコをふかして、何気なく外を見た時の一枚。

 名古屋地区は喫茶店が多いので有名です。 その多くが家族でこじんまりやっている、昔ながらの喫茶店 ですね。 お店では、時にはコーヒーの味にこだわったり、モーニングサービスに頑張ったり。

 最近の喫茶店は、タバコも吸えず、セルフサービスだったり、椅子やテーブルがやけに機能的だったり・・・。どうも落ち着かない。 私はそんな喫茶店には入らない。

 写真の喫茶店は年に数回訪れる程度なので、行きつけのお店という程でもない。
 「休日はお店はやってるんですか?」
 「休んでますよ。 周囲の会社が休みの時はお客さんは来ないしね・・・」

 お店の中のお客さんは、殆どがサラリーマン風。 どうも簡単な打合せかもしれない。
 そういう私も、サラリーマン時代はもっぱら喫茶店で仕事をしていた?

 「話は喫茶店で聞きますよ。 事務所では落ち着かないからね」
 仕事先との話はもっぱら喫茶店での、ゆっくりと雑談を交えて。

 恐らく現在だと、私のような人間は即クビ? になるかも。
 職場放棄? 企業秘密漏えい? 職務態度不可?・・・・。
 シリアスな話題の時はチャンと会議室でやってましたよ、念のため。

 しかし、喫茶店で話した人達との付き合いの方が、長く・深くなりますね。 なんでも機能的に効率よくやればいいとは限らない。 年寄りの偏見かな?

 喫茶店近くの公園。
d0140806_11254673.jpg
 秋の日差しで、花も草も綺麗・・・・。 こんな場所で話をすれば、万事穏やかに行くかも・・・。
 「何もガツガツと仕事をするばかりが得策じゃないよ。ビジネスライクというのは、逆に味もそっけもないということなんとちゃうのか」

 恐らく私のような人間は、現在のビジネス社会では、はみ出してしまうのでしょうね。
 いやいや、もうその時代でもはみ出していた?
by takeshi_kanazaw | 2014-09-24 11:32 | 街の表情 | Comments(4)
 彼岸花に少々こだわって・・・・。

 「急に彼岸花が咲きだしたね。」
 「何処にでも咲いているわ。 近くの神社や、畑に一杯咲いているわよ」 と妻殿。
 妻殿は 出べそ だから、周囲の状況に詳しい。

 それならばと、自転車に乗って彼女のいう場所に彼岸花を撮りに。

 近くの神社の境内。
d0140806_6341771.jpg
神社と云っても古墳跡の小さなお社だけ。 白い彼岸花が陽の光で綺麗でした。

 そっと咲いていた赤い彼岸花。
d0140806_6362523.jpg


 次はご近所の畑。
 「結構一杯咲いてるじゃん」  ジスイズ 彼岸花 という感じ。
d0140806_6375016.jpg
 
 
 「田舎の彼岸花を撮りに行って見るか・・・・」
 関ヶ原近くの道端に咲いていた何気ない風景。
d0140806_640748.jpg
 田んぼの畦に一杯咲いていますね。

 近くに関ヶ原古戦場が。
d0140806_6431547.jpg


 こちらでは、コスモスの花の傍に。 コスモスの方が主役みたいですが。
d0140806_6433874.jpg


 彼岸花も今が旬?のようですね。

 そうそう、前回載せたテレビ塔下の彼岸花。 
 オレンジ色の彼岸花は珍しいとブロ友さんからコメントが。
 
 もう一度撮った写真を見ていたら、少し拡大した写真がありました。
d0140806_6464034.jpg

 ついでに? 同じ場所のピンクの彼岸花も載せておきましょう。
d0140806_648550.jpg


 どうも彼岸花の名所?なる場所は人が多くて、駐車が大変で行く気が・・・・。
 身近なところで、安上がりに撮った写真ばかりでした。


















 
by takeshi_kanazaw | 2014-09-23 06:52 | 花撮り等 | Comments(4)
 名古屋の中心地の栄。 テレビ塔の下に広い公園があります。

 用事があって久しぶりに都会の雑踏に出かけたのですが、人の多い場所は疲れる。
 プラプラと公園を歩いていましたら、ここでもチャンと彼岸花が咲いていました。
 カバンに入れてあったコンパクトデジカメでパチリ。

d0140806_8231722.jpg
 人が忙しく行き交う場所から少し離れると、意外とこんな場所にも彼岸花も咲いているのですね。

 「特に花壇のようになっているわけでもなし。 自然に咲いているのかな・・・」
 少し公園、と言ってもテレビ塔下の100m道路の真ん中ですが、をウロウロ。

 茂みの中に白い彼岸花が見えました。
d0140806_8284294.jpg
 橙色の花もありますね。結構綺麗な彼岸花でしたね。

 テレビ塔と彼岸花。
d0140806_830597.jpg
 コンパクトデジカメでは、こんな感じにしか撮れませんでした。

 「お彼岸だからな・・・・。 よく見ると、彼岸花が彼方此方に咲いているんだ・・・」
by takeshi_kanazaw | 2014-09-22 08:33 | 街の表情 | Comments(4)
 少し秋めいてきましたね・・・・。

 我が家から車で10分弱の雑木林、この相生山の四季を撮ろうと時々歩いています。
 「7月に行ったときは、やぶ蚊に食われて・・。 秋めいてきたからもう大丈夫かな・・」

 握り飯、お茶、果物、そして本をもって、昼ご飯を兼ねてプラプラと。

 「アー、彼岸花が咲いてるじゃん・・・」
d0140806_8395621.jpg
 今年初めて見る彼岸花。秋が来ましたね・・・・。

 プラプラと竹林の道を。
d0140806_8412592.jpg
 天気はいいし、快適な季節になったかな・・・。 しかし歩くと、まだ少し暑い。

 「ホー、珍しく自転車が停まってるな・・・。」
d0140806_8443184.jpg
 農作業の最中のようですが、頬かむりをして、まだ少し暑そうです。

 小さな池の傍に腰を下ろして、ゆっくり時間を過ごそうと・・・。
 この青い小さな花・・・。 エーと、なんちゅう花やったか・・・。
d0140806_847486.jpg


 お握りを食べ始めたのですが・・・・・。
 「なんだか痒い、あちこちが痒くなってきた・・・」
 周囲に蚊が一杯居るように見えないのですが、それなのに全身痒くなってきた。

 痒いのを写真で表現できませんが、とにかく痒い。
 「相生山はまだ痒いわ。 夏が終わってないんだ・・・・」

 トンボが飛んでいました。 痒いのを我慢して・・・。
d0140806_853994.jpg
 「トンボさん、そんなに彼方此方飛ばないで、落ち着けよ。 俺は痒いんだから・・・」 トンボに罪はないし、蚊にも文句を言えないのですが、少々イライラ。

 持って行った本は数ページしか読めません。 とにかく痒い!

 「もう帰ろう。 こんなに痒いとは思わなかった」
 せっかく来たので、一応周囲は歩いてきましたが・・・
d0140806_858124.jpg


 「何時になったら、痒くない相生山になるのかな・・・・・」






 
by takeshi_kanazaw | 2014-09-21 09:02 | 相生山の四季 | Comments(8)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw