カテゴリ:花撮り等( 441 )

d0140806_19502723.jpg


 バイガモっていう花をご存じでしょうか?
 水の中でまるで梅の花のような花を咲かせる 藻 です。

 初夏から初秋にかけてウメの花のような白い花を水中につけるのですが、冷水を好むため、上流や湧き水のある地域に分布域が限られるそうです。 池などでは育ちません。

 私が撮った場所は滋賀県米原市の醒井(さめがい)地区にある地蔵川。 この地区は旧中山道の宿場町、鈴鹿山系から湧きだす清水が、中山道の道路脇に滔々と流れています。 その流れの中にバイガモが咲いています。

 冒頭の写真の中に、何やら赤い花びらが一つ。 これはこの流れの脇に咲いていた サルスベリの花 が一輪落ちたものです。 この地蔵川の流れはなかなか風情があります。

d0140806_2001245.jpg

 暑い中でしたが、流れる水は冷たいほど。 
 しばし、プラプラ歩きをしてみました。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-31 08:48 | 花撮り等 | Comments(4)
d0140806_5165881.jpg

 
 愛知県稲武の山荘。 周囲のヒノキの森の草むらに、大きなユリの花。
 緑の中で白いユリの花は凄く目立ちます。

 早朝の5時ごろ、友人たちは山荘で寝たままですが、私は一人でカメラを持って散策。
 「ユリって花はこんなに大きかったかな・・・」

d0140806_5203560.jpg

 20センチぐらいはありそうな、大きなユリの花。
 ユリの種類はよく知らない。 まー、山に咲いてるから やまゆり ということで。

 周囲をよく見ると、彼方此方の草むらの中にポツポツと咲いてました。
 山荘の人が植えたようには見えませんが・・・。
 少し変わったユリもありました。

d0140806_5242788.jpg


 ユリという花は、緑の草むらにあると、まるで女王様のように、豪華に艶やかに見えますね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-29 05:25 | 花撮り等 | Comments(2)

 やっと撮れたハスの花

d0140806_11205590.jpg


 まるでコンピューターグラフィックで描いたハスみたいですが、私が撮った写真です。

 ハスの花は夏を感じる花ですが、私はハスの花=凄く暑い というイメージです。 数年前にハスを撮りに出かけた時、もう汗だくになって、それがトラウマのようになってます。 ハス=酷暑 なんです。

 今回は早朝6時に、名古屋市内の鶴舞公園に出かけました。 そうそう、2~3週間前に一輪のハスを見つけた場所です。 もう池全体はこんな感じでした。

d0140806_11263190.jpg


 この池の周りはなんとロープが張られていて、ハスに近づけません。
 「朝もはよからカメラをさげて・・・・・。 これじゃ上手く撮れんがや」

 暑さを避けて、私には珍しい程朝早く出かけたのに、ハスはロープが邪魔をする・・・・。

 まー、ズームを一杯にしてハスが撮れたから、イイとしようか。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-25 11:32 | 花撮り等 | Comments(8)

 源平サルスベリ?

d0140806_9315442.jpg


 白と赤の交じった、摩訶不思議なサルスベリ。
 白と赤となれば、源平。  「源平サルスベリ」 と名付けたいがどうでしょうか。

 私は白いサルスベリが好みです。

d0140806_9342770.jpg
 
 この白いサルスベリ、時間が経過すると、部分的にピンクになって行くものもある。
 花の色はうつりにけりないたずらに・・・・・。 これは意味が違うか・・・。

 花の事はよく判らない花音痴。
 源平サルスベリは、最初は白だったのか・・・。 いやいや、最初から白赤だったのか・・・。



 
by takeshi_kanazaw | 2018-07-23 09:38 | 花撮り等 | Comments(4)

 華やかさとは程遠い

d0140806_14271347.jpg


 花が綺麗に咲いている時、人はその美しさを愛でる。
 しかし、その後の姿は関心がない。
 確かに華やかさもなく、むしろ醜いのかもしれない。

 でも、白い綿毛は綺麗じゃないですか・・・。

 茶色になった棘も立派なもんだ・・・。

 枯れしものも美しい・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-22 14:31 | 花撮り等 | Comments(2)
d0140806_14594631.jpg


 変な?写真、変な?題名・・・・・・。

 アザミ、川沿いの路肩に咲いていたアザミ。

d0140806_1552199.jpg


 アザミという花は棘に囲まれて、あまり愛されることが少ない。 
 しかし、不思議とこの歌は覚えている。
   ・・・・・・・
  山には山の愁いあり
  海には海のかなしみや
  ましてこころの花園に
  咲きしあざみの花ならば

 戦後間もない昭和25年頃、ラジオから流れていたのがこの歌。
 NHK のど自慢 では必ず誰かがこの歌を歌っていた。

 復員した青年が、信州の山で出会ったアザミの花をみて作った詩だとか。

 ~ 山には山の愁いあり、海には海のかなしみや・・・・~

 当時の私はまだ小学生にもなったかどうかの頃。 しかし、不思議と覚えているのですね、この歌。
 意味もよく判らなかったはずですが、今でもチャンと歌えるのですから、不思議ですね・・・

 そうそう、この歌の題名は 「アザミの歌」
 小さい頃は歌の題名はよく知りませんでした・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-21 15:16 | 花撮り等 | Comments(8)

 ムクゲの花

d0140806_1242232.jpg

 夏の花の代表格の一つ、ムクゲ。
 ご近所にも、街の中にも一杯見かけますね。

 時には八重のような花も見ますが、これもムクゲでしょうかね・・・。

d0140806_1244540.jpg


 このムクゲの花、結構花弁が散っているのを見ますが、また新しい花が咲くようです。

 そうそう、花弁の色も淡いピンクの物もありますね。

d0140806_1245595.jpg


 夏の花と言えば、ハスや睡蓮が浮かぶのですが、どうも遠くには行きたくない。
 ムクゲがその代りの代用品?  いやいや、とにかく暑い!!!
by takeshi_kanazaw | 2018-07-20 12:48 | 花撮り等 | Comments(4)
 いやいや、暑いですね・・・。

 最近は寝苦しい夜が続きます。
 ウトウトとしたらもう朝の太陽が出てきて・・・。

d0140806_13184321.jpg

 自宅の2階からパチリ。 5時ごろには太陽は顔を出すんですね・・・。

 朝の涼しい時にと、自転車でご近所をぐるり。
 サルスベリが咲いてました。

d0140806_13203414.jpg

 もうだいぶ前から咲いていたのでしょうか、あまり外に出ないもんですから。

d0140806_13213856.jpg


 少し離れた川沿いには白いサルスベリもあるはずですが・・・。
 早朝でも暑そうなので、そんな場所まで行きません。

 今日の名古屋は38度!
 絶対外には出ません。 老人、熱中症で倒れる なんて様になりません。

 冷房病になってもイイから、ズーとエアコンの部屋で寝ることにします。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-14 13:24 | 花撮り等 | Comments(4)
 私は小さい頃から花の事は全く無関心でした。 生まれつき無粋な性格だったのですね。

 「花より団子」 というか、戦後の物不足の時代で、花を愛でるという雰囲気もなし。 いまだに我家の狭い庭は雑草が主役になっていますが、モノグサばかりでもなく、どうも情緒に欠けるためなのかも。

 我家の庭。今年はアジサイが不作?なので、我家で唯一咲いている花がゼラニューム。

d0140806_10595386.jpg

 まるで雑草のように、何度も花が出てきます。 我家向きの強い花ですね。

 雨の中、カメラを持ってご近所を廻ると、意外と?花を植えているお宅が多いのですね・・・。 戦後に建てられた家や、最近出来たマンションや戸建てに囲まれていますが、殆ど花が植えてある。
 「豊かというか、余裕があるというか、私の小さい頃とは違っているんだな~・・・」

 この花なんかは、見たこともないような花ですね・・・。

d0140806_1114974.jpg

 後で調べると、ボタンクサギ という名前らしいのですが、こんな花を育ててる方はきっと余裕人?

 そのお隣にはこんな花が。

d0140806_1135616.jpg

 名前は・・・・。調べても判りません。きっと大きくするのに時間と暇が要るのかな・・・。
 恐らく食べるのに苦労するような家ではなさそうです。

 時代錯誤なんでしょうが、花がある生活=贅沢 という感覚が抜けませんね。 家に花があるというのは、その家庭にとって、余裕の1種のバロメーターのような気がして・・・。 さしずめ我家は花もなく、余裕もなしと言ったところでしょうか。

 歴史的にも花が話題となる世界は、精神的に余裕のある時間が流れています。 私の場合は写真を撮る様になってから花に目が向きましたが、歳を取って時間だけは余裕が出来たこともあるのかも。

 何気なく見ていたら、このお宅の南天はイキイキしています。

d0140806_1127404.jpg

 何時もなら見過ごしてしまうのですが・・・。

 付近を見渡すと。 この花、一種の雑草的な感じで、道路脇にも咲いてますが、意外と可愛い?

d0140806_11133914.jpg

 ランタナ、別名七変化でしたかね・・・。 近寄ると痒くなるような気がしますが。

 まー、花の名前は差し置いて、花を見て綺麗だな~とか、面白い色や形に目が向くのは悪いことではないですね。 もっと綺麗に撮れればいいのでしょうが、花を見ている時は余裕の時間と思えばいいのかも。
by takeshi_kanazaw | 2018-06-23 09:38 | 花撮り等 | Comments(0)

 雨が降ったらアジサイ

 名古屋も梅雨らしくなって来ました。
 降ったり、やんだりの繰り返しの日々が続く様になって来ましたが、一昨日、結構雨が降りました。
 雨が降れば、やっぱりアジサイの花を撮らなくちゃ・・・・。 一種の条件反射みたいな感じ。

 今年の我家の紫陽花は・・・。 殆ど花が咲かないんですね・・・・。
 3個だけ花が付いている。 その一つですが、葉っぱの奥に隠れるように咲いています。

d0140806_17375266.jpg

 「これじゃ・・・・。 何とも淋しいことだな・・・」 ということで、傘をさしてご近所を探訪。

 アジサイの花というのは何処にでもあるもんですね・・・・。
 前の大きなマンション群には、ちゃんと花壇風にアジサイが植えてありました。

d0140806_17401942.jpg

 雨に濡れている感じが出てますかね・・・。 花は少し盛りを過ぎている感じですが・・・。

d0140806_17412431.jpg

 しかし、傘をさして写真を撮るというのは、なかなか厄介なものです。

 周囲は新しいマンションや古い民家、新しい戸建てなどが混在しています。
 古いお家はあまり花などは手入れされない家も。 

d0140806_17434511.jpg

 大きなアジサイの花がアスファルトの駐車場に垂れ下がっています。

 そうそう、近くにガク紫陽花がありました。 雨に濡れたガク紫陽花もイイかと・・・

d0140806_17452093.jpg

 「こりゃマクロレンズで撮った方がいいんだけどな・・・・」
 急に土砂降りの雨が降ってきました。 とてもマクロレンズで撮る雰囲気ではありません・・・。

 新しく、と言っても10~15年前に建った戸建ての家々。
 狭い庭先にチャンと花を植えておられます。 このアジサイなんかは面白い。

d0140806_17484367.jpg

 名前を調べてみると ポップコーン というのだそうです。 キット新しい園芸種なんですかね・・・。

 「う~ん・・・。 雨に濡れたアジサイを撮るには、雨上がりがいいのかもしれん。 土砂降りの中ではダメだ」
 たかが濡れたアジサイ、されど、綺麗に撮ろうとすると結構難しい・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-06-22 09:33 | 花撮り等 | Comments(10)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw