人気ブログランキング |

カテゴリ:相生山の四季( 107 )

 竹林の静寂

d0140806_8544310.jpg


 雑木林の相生山。 周囲は殆ど竹林で覆われている。

 その日はどんよりとした曇り空。 風も殆どなくて笹の擦れる音のみで、竹林は実に静か。

 ここを訪れる人は全くいないし、鳥の声も聞こえない。

 都会の中にあるのに、不思議な静寂が辺りを支配している。
by takeshi_kanazaw | 2019-07-18 08:59 | 相生山の四季 | Comments(4)
 よく散歩している雑木林の相生山。
 「最近躰を動かしてないからな・・・・」  梅雨の合間にプラリと車を飛ばした。

d0140806_14115237.jpg

 鬱蒼と木々も草も夏らしくなって来ていました。 
 なんてことない情景ですが、自然は正確に季節の変化を続けています。

 竹藪の笹が元気なようです。

d0140806_14141933.jpg

 久しぶりに緑を見たような・・・・・。
 都会生活の中では、こんな雑木林をプラプラする機会を持てない人も大勢いらっしゃるかも。

 「痒い! やっぱり 蚊 がやってきた・・・」
 私は春が過ぎるとこの雑木林にはあまり来ない。 とにかく 蚊 がすぐに押し寄せてくる。

 竹藪があったり、草が鬱蒼と生えているのですから、この季節は当然 蚊 さんの天国。
 いやいや、蚊 って凄いですよ。 歩き始めてすぐに私を感知?して押し寄せる。
 私の汗の匂いなのか、体温から発する僅かな熱を察知するのか・・・・・。

 蚊に襲われて、気分としてはもうカメラをパチリなんて余裕?はなくなっていましたが、それでもせっかく来たのだからと、蚊に食われながら、ユックリ・プラプラと。

 「ふーん、こんな場所にもキノコが生えるんだな・・・。」

d0140806_14234489.jpg

 このキノコ、食べられる? いやいや、素人はキノコのことは判らないから・・・・。

 何時も秋から冬に見ているガク紫陽花。

d0140806_1425856.jpg

 もうスッカリ枯れ始めていましたね・・・。 このガク紫陽花の最盛期は一度も見たことがない・・・。

 「それにしても 蚊が凄いな・・・・・」 ポリポリと腕や肩口を掻きながら・・・・・。
 周囲の木々も、なんだか苔むしています。

d0140806_14274038.jpg

 やっぱり梅雨時の雑木林は 蚊 との戦い? (と云っても一方的に食われているだけ)
 防虫スプレー? そんな洒落たことを私がするはずがない・・・・。

 「写真では、この蚊に食われながらのパチリ の雰囲気は出ないだろうな・・・・」
by takeshi_kanazaw | 2019-07-17 14:30 | 相生山の四季 | Comments(0)
d0140806_8164819.jpg

 何時も行く雑木林の相生山。 ツツジが咲いています。

 春になると、1週間で雑木林の雰囲気が変化していく。
 「今年はツツジを見なきゃ・・・」  何時も桜を追っかけているうちに、ツツジの花を見逃す。
 3月の終わりにシダレ桜を見て、4月初めにシャガを探して・・・、毎週のように相生山に。

 ヤマツツジ? ツツジの種類はよく判らない・・・。

d0140806_8215435.jpg

 雄しべが沢山あるから、ミツバツツジじゃないらしい・・・。

 まー、花の種類など、花音痴の私には無理。 ましてやツツジの種類などはとてもじゃないが・・・。

 雑木林の彼方此方に咲いていました。

d0140806_82430100.jpg

 私が撮ったツツジは、何ツツジなんだろう・・・。
 いやいや、雑木林の彼方此方で撮ったから、同じ種類とも限らない・・・。

 春になると、ホントに色んな花が咲き始めますね・・・。
 それも変化するスピードがとても速い。
by takeshi_kanazaw | 2019-04-09 08:26 | 相生山の四季 | Comments(2)

 ホトケノザ? 多分。

d0140806_9352990.jpg


 変な格好の小さな花。

 下の葉っぱが、まるで仏像の座の部分のように見えるから、ホトケノザ という・・・。


 でも、小さい頃 春の七草 を覚えさせられました。

 ~ セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ これぞ七草 ~

 でも、ここでいう ホトケノザ とは違うらしい。

 花音痴の私。 そんな面倒なことを言われると、更に判らなくなるじゃないか・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2019-03-30 09:40 | 相生山の四季 | Comments(4)
d0140806_8321574.jpg


 雑木林の相生山。

 山桜の花の下に、” シャガの花 ” が咲いていました。

 20~30㎝のヒョロヒョロした茎に、5㎝ぐらいの小さな花。

 でも拡大して撮ると、これが豪華な、マッコト素晴らしい花になる。

 ” シャガの花 ” イイですね・・・・。 私は毎年この花を見るとそう思います。
by takeshi_kanazaw | 2019-03-29 08:36 | 相生山の四季 | Comments(6)
 東京では桜が満開になっているというニュースがありました。 
 しかし、名古屋では22日に開花宣言されたのですが、周囲では一向に桜の花が開いてきません。

 昨日(27日)天気も良かったので、プラリと何時もの雑木林の相生山へ、握り飯を持ってノコノコ。
 春の日差しがポカポカで、雑木林の雰囲気が2週間前とは少し変化していました。

d0140806_9514014.jpg

 薄緑の新芽があったり、常緑樹の葉の根元に小さな花のようなものが出てきたり。 雑木林では目立つ花は少ないですが、全体に少しずつ春本番を迎えている感じでした。

 「いい天気や・・・・。 風もないし、ユックリ飯でも食って、本でも読んで・・・・」

d0140806_9553725.jpg

 雑木林を散策する人は殆どいないし、鳥のさえずりが聞こえるぐらいの、ノンビリした時間。
 握り飯を食った後は、デザートのミカンを食べて・・・。 しばし読書。
 暇人ですね・・・・・。

 この雑木林は自然のままの姿が維持されているので、人の手で花が植えられたり、沢山の桜の木があったりするわけではありません。 あくまで自然のままという感じです。 それでもやっぱり春なんですね、僅かに彼方此方で静かに山桜が花を咲かせていました。

d0140806_104218.jpg

 これはいわゆる山桜なんでしょうね。 綺麗な茶色の葉っぱが特徴的ですが、白い花が一杯咲くという感じではありません。 昔から桜と云えばこのタイプの桜が主流だった?

 山桜の花、なかなか綺麗なもんですね・・・。

d0140806_107181.jpg


 例年春にこの雑木林に来るのですが、何時も満開の時期を見逃していた桜があります。
 「この地域では一番早く咲くんだよ、この相生山の桜は・・・」 と教えてくれた人が。

 その桜の木は、ミカン畑と梅畑の傍にある桜。 是非とも見に行かなくちゃ・・・・。
 「わー、もう満開や・・・・・」

d0140806_1012981.jpg

 ソメイヨシノの種類ではないのかもしれませんが、とにかく満開でした。
 
d0140806_10134071.jpg

 枝垂れ桜の一種のような・・・・、植物音痴の私ではよく判りませんが・・・・。
 自宅近くの山崎川の桜はまだ殆ど咲いていませんが、この雑木林の桜は見事に満開。

 マッコト見事に咲いていましたが、この桜を観に来る人は殆どいません。 
 雑木林の中にポツンと数本あるだけの桜。 下はミカン畑や梅畑なので、筵を広げて寝っころがるわけにもいかないのが残念です。

 それでも近所の人でしょうか、数人がやってきて桜を見上げていました。

d0140806_1021087.jpg

 この女性グループ、その後は近くの少し広い場所でシートを広げて昼食。
 まさに花見というノンビリムードでしたね・・・・。

 「そうだな・・・。雑木林で桜見物もいいもんだ・・・・」
by takeshi_kanazaw | 2019-03-28 10:24 | 相生山の四季 | Comments(0)
 変な題名ですが・・・・・。

 雑木林の相生山。 町中にありながら、全く自然のままの姿で残されています。
 周囲には昔の農家のような家が散在、新たな住宅も増えていますが、雑木林はそのままですね。

 そんな雑木林の周辺は竹林が茂っています。
 「コーン、コーン ・・・」 という変な音が竹林から聞こえてくる。 竹の触れ合う音とは少し違う・・・。
 音のする方へ、竹林を歩いて行くと・・・・・。

d0140806_17123350.jpg

 なんとなんと、竹林の中に私設の打ちっぱなし場がありました。 多分近くの住民のオジサン? 恐らくこの竹林の所有者の人なのかもしれません。

 「イイですね・・・・。 ゴルフの打ちっぱなしですか・・・・」
 「誰にも迷惑が掛からないからね・・・・」 とそのオジサン。 そうとう高齢のようですが・・・。
 優雅というか、贅沢というか・・・。 打った球がネットを外しても、竹林の中に打ち込むだけですからね・・・。


 竹林から少し登って雑木林の中に入って行くと、今度は何やら笛を吹くような音が・・・・。

d0140806_17193962.jpg

 よく見えませんが、どうもオカリナの練習をされている感じ。
 楽譜立まで用意して・・・。 恐らくよくここで吹かれているのでしょうかね・・・・。
 雑木林のなかなら、誰にも気兼ねせず、好きなように練習出来ますね。


 その横を黙々と歩いて行く人が通り過ぎて行きました。

d0140806_17264595.jpg

 この雑木林、半径1キロ弱の丘上になっていますが、沢山の小道があって、グルグルと歩けば2~3キロのウオーキングが出来ます。季節ごとに雑木林の表情も変わりますし、テーマパークのような変な人工物も殆どありません。 落葉を踏みながら自然の中を歩くことが出来ます。


 この雑木林でゴルフの打ちっぱなしをする人、笛の練習をする人、自由にウオーキングをする人、温かい所で本を読む人もいますし、犬の散歩をする人も・・・・・。  もちろんお金は掛かりません。 
 「この人たちは、お金を掛けて彼方此方へ行く人達より、ズーと豊かな時間を過ごしているかもしれんな・・・」


 今回は春の日差しが差し込んでいたので、モノクロで光の下の情景イメージを出そうと思ったのですが、むしろカラーで撮った方が春らしくて良かったのかもしれませんでした。
by takeshi_kanazaw | 2019-03-08 08:04 | 相生山の四季 | Comments(4)

 雑木林に春が来た

d0140806_11202477.jpg

 ヒメオドリコソウですね・・・。

 何時も行く雑木林の相生山。
 枯葉に覆われていた地面から、雑草が芽吹いてきます。 いや、雑草という植物はないのですが・・・。

 これは・・・・。 

d0140806_1124488.jpg

 タケツケバナだったですかね・・・・。

 毎年この時期になると、雑木林の相生山に小さな花を探しに来ます。
 2週間前には見つからなかったのですが、急に咲き始めました。
 「春が来たな~・・・・。 雑木林にも本格的に春が来た・・・・」

 それにしてもこんな小さな花の名前を、花音痴の私が知っているのは・・・・。
 実は昨年秋に亡くなったブロともさんが、私のブログを見て教えてくれていたのです。

 そのブロ友さんが 星の瞳 と名付けた オオイヌノフグリ も咲き始めました。

d0140806_11302870.jpg

 毎日のようにブログを更新しておられたブロともさん。 突然の死去でしたね・・・・。

 日陰で遅咲きの梅。 満開になりました。

d0140806_11321212.jpg

 この数日のポカポカ陽気で、一挙に咲き始めたようですね・・・。

 雑木林の相生山、周囲は長閑な農家というか、畑のある家々が並んでいます。
 私などのような狭い空間で生活している者には羨ましい限りです。

 菜の花がさいて、色んな花も咲いて・・・。 野菜の手入れをされている方がチラホラ。

d0140806_1136745.jpg



 雑木林もこれから一挙に春めいてくるでしょ・・・。
by takeshi_kanazaw | 2019-03-07 08:18 | 相生山の四季 | Comments(2)

 雑木林を歩く

d0140806_14574772.jpg


 雑木林の相生山。

 小高い丘上が雑木林と竹林に覆われている。

 周囲はもう住宅街が押し寄せているのだが、この相生山は公園風にはせずに自然のまま。

 時折見かけるのが、この雑木林を歩く人。

 多分付近に住んでいる人。

 グルグルと歩き回っても、一時間弱で廻れる。

 彼女は体調管理のために毎日歩いているのかもしれない。

 ウオーキイングというか、散歩というか・・・・。

 私も少し温かくなったら、歩く頻度を増やしてみようかな・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2019-02-18 08:56 | 相生山の四季 | Comments(2)
 春になると、雑木林には雑草が小さい花を一杯咲かせる。

 しかし今はまだ冬の2月。 探しても、露草もオオイヌノフグリもタンポポも全然見当たらない・・・・。
 畑の畔のような場所にあるのは、枯れ切ったようなガク紫陽花。

d0140806_15244560.jpg

 梅雨の頃に花を咲かせ、真夏を越え、秋を過ぎ、そして真冬。
 僅かに葉脈しか残っていないが、その姿は何処か美しい。

 
 雑木林の周囲には竹林。
 所々に去年に生まれた若竹の姿。

d0140806_15274089.jpg

 色はまだ黄緑を残しているが、もうスッカリ大人と同じ大きさに。
 下にはタケノコだった幼き頃の産着?を残しているのが、可愛い感じがする。

 雑木林に散在する松の木。
 大木は殆どなく、人間の背丈にも達しない小さな木が一杯ある。

d0140806_15325165.jpg

 この茶色い物は何か・・・。 恐らく春以降に大きくなって、また緑の針葉を茂らせるのだろう。

 季節は少しずつ移り変わっていきます。
 雑木林の植物は、人間以上に季節の変化に身丈を合わせているんでしょうか。

 1年の季節の変化、時の流れは、植物には想像できないほど重要なんでしょうね・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2019-02-17 09:16 | 相生山の四季 | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw