カテゴリ:お絵描き( 132 )

 水彩画作品展のご案内

 通っているお絵描き教室。 恒例の「水彩画作品展」が今週開催されます。

 このお絵描き教室は水彩画入門なので、半数の人は自分の絵を展示するのに慣れていない。
 「絵を描くのじゃなくて、恥をかくのだから、展示会に出してもいいじゃないか」
 私はもう5年目なので、一寸先輩ぶってそういっています。


 「第6回 水彩画作品展」

1.出品者  中日文化センター・水彩画入門(黒瀬教室)の生徒12名
        今回の半数は入門者と一年生、ベテランが数名。(一応私もベテラン組)

2.場所   名古屋市民ギャラリー栄 7階 第5展示室
        名古屋市栄の中区役所の7階です。

3.日時   2016年 11月15日(火)~11月20日(日)
       午前9.30分~午後6.00分 (最終日は5時まで)

 お近くに来られた方、興味のある方、一度のぞいていただけると幸い。

 さて、私の出品作品ですが、最近は殆ど気に入った絵は描いていないので、旧作を出します。
 よく訪ねる 「 白川郷 シリーズ 」 3作にしました。


 「雪の白川郷」

d0140806_21565875.jpg

 この絵は20号の大きさ。2年ほど前に描いた作品。
 雪の降る日に白川郷の城跡の高台から撮った写真をベースに描いたものです。
 感じとしては 墨絵 みたいですが、水彩絵の具で描いています。
 ブログでは額をカットしてますが、ちゃんと額入りで出しますから。

 「月夜の白川郷」

d0140806_221152.jpg

 大きさは10号。 いつも行く喫茶店の落人さん。 そこを旅の写真家が撮った写真をベースにした絵。
 一年前に描いたのを、半年ぐらい前に月を入れたり再度描きなおしたものです。
 これは油絵風ですが、これも水彩絵の具です。

 「夏の白川郷」

d0140806_2263312.jpg

 大きさは6号。同じく喫茶店の落人さんの夏の情景。
 昨年展示会の横で ボールペンを使った水彩画を描いている人が展示されていたので、その方に教わって描いてみたものです。 写真では判りにくいですが、細いボールペンの細かなタッチで輪郭が描かれています。

 お絵かき教室も長くいるとダンダンと、旧作ばかりで手抜き感覚になってきているのかも。
 「まだ3年分ぐらいの絵が残っているから。 そろそろ虫干しでもしなきゃと思ってね・・・」
 そんなことをウソブイテいます。

 今回は白川郷という同じ場所を題材に、違う描き方で描いているのが ミソ というところ。

 なお、私が展示室に詰める当番は、金曜日(18日)と土曜日(19日)の午後です。

 今日は(月曜)は会場への作品搬入日なので、そろそろ出かけなくちゃ。
 展示会の準備。これがまた一苦労なんですよね。
by takeshi_kanazaw | 2016-11-14 10:45 | お絵描き | Comments(6)
 新シルクロードの旅を掲載中ですが、ちょっと一息。 二回目の閑話休題です。
 旅行記を書く方が少々お疲れですから、読む方はもっとお疲れ?
 
 海外旅行に出かけたら、旅行先の絵を描き残すことを習慣にしようと思っているのですが、今回はどうも描く気が起きてこない。 題材は一杯あるのですが、描く意欲が減退しています。 単なる加齢による気力の衰えなんでしょうね・・・・。

 せめてスケッチ程度ならと、前回はウイグルの髭のお爺さんのスケッチを描きました。
 「やっぱり色つきじゃないと気分が出ない・・・」 と、色鉛筆を買ってきて風景画を描くことに。
 画用紙は4号ぐらいのスケッチ用のペラペラ紙。

 一作目です。

d0140806_20113137.jpg


 カシュガルからカラクリ湖を目指して、カラコルム街道を走った時の感じです。
 赤い山肌が印象的だったので、それを強調して・・・・。

 「うーん、まるで紅葉している山みたいに見えるじゃん。 もっとシッカリ描かなくちゃ」
 そう思ったのですが、色鉛筆は小学校時代の クレンヨン みたいな感じで、色を混ぜられない。
 山の感じがイマイチかな~・・・・。 もっと丁寧に描くか逆サラサラと描く方がいいのか・・・。

 二作目。

d0140806_20178100.jpg


 キジル千仏洞の前のオアシスの全景。
 厳しい山を縫って川が流れだして、急にオアシスが出現するイメージです。

 「山の細かいヒダが描かれていないので、厳しい感じがのんびりムードになっている」
 クレヨンというのは、なかなかうまく描けないもんですね・・・。
 今回は作品という感じにもなりませんでした。

 まー、こうして描いているうちに、もうっとしっかりした水彩画でも描く気になるかもしれません。
 私は気分屋ですからね・・・・。

 さて、新シルクロードの旅の連載ですが、敦煌へたどり着きますので、後はもう少し。
 旅の中でガイドさんの説明も聞かず、もっぱら帰ってきてからインターネット検索や、関係本を読みながら書いていますので、どうしても筆が(いやキーボードを押す指が)遅くなりますね・・・・。 

 
d0140806_20285742.gif
by takeshi_kanazaw | 2016-10-17 20:29 | お絵描き | Comments(6)
 ==閑話休題==

 新シルクロードの旅の旅行記の連載中ですが、ちょっと一服。
 
 これまで海外旅行へ行ったとき、その旅行中で気に入った情景を絵に描いてきました。
 今回のシルクロードの旅ではどんな絵を描こうかな~ と思案中ですが、私のことですから思いついた時に、気の向くままに描くことになるだろうと思っています。

 まずはウイグルの白い髭のお爺さんを描きたいと思ったのですが、人物を描くのは大の苦手。 描きたい題材と描ける題材はなかなか一致しません。
 「ま~、スケッチ画ぐらいなら何とかなるやろ・・・・」

 昨日スケッチブックに鉛筆でコチョコチョとやってみました。

d0140806_16533274.jpg


 この旅行記にも登場しましたが、ウイグル人は混血児?と思うぐらい風貌が千差万別。
 この二人のお爺さん。 左の人は西洋風、右の人は東洋風で、その比較が面白いかなと思って。

 「お前の絵ではそんな区別は判らんわ。やっとお爺さんという感じはするけど」
 そんな声が聞こえそうですが、人物というのは私には難しいんです・・・・・。 
 見れば見るほどなんとなく幼稚な絵ですね・・・。  しかし、似顔絵を描く人は凄いですね。

 題材になった写真を載せておきます。
 カシュガルでみた二人のお爺さんです。(再掲)

d0140806_16595939.jpg


 写真では髭は白いのですが、これを水彩画で絵に描くとなると、私にはさらに荷が重そう。
 「うーん、やっぱり白い髭のお爺さんの絵はスケッチ画で止めておこう。 白い髭をバッチリ描くには、周囲をきっちり塗って、髭を白く際立たせる必要がある。 さらに苦労しそうやから止めとこか」

 さて、髭のお爺さんを止めると、やっぱり風景画になるかな・・・・。
 どう描いても50歩百歩でしょうが、まー、やってみるか・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-10-07 07:39 | お絵描き | Comments(6)
 2か月前に行った中国・黄土高原の旅。
 その時の絵を2枚描きましたが、しばらく時間をおいて第三作目です。

 「何か変わった絵でも描くかな・・・」
 そこで黄土高原に鉄分が多くて、不思議な岩が積み重なっている場所を思い出しました。

 丹霞風景地区(黄土高原の旅その8に掲載)という場所でしたが、黄土に鉄分の赤いところや、なぜか青い部分が幾重にも重なっている様が面白かった。ただ、単純に描いても面白くないので、創造的(いや勝手に?)絵を作ってヤロウじゃないかと、変な絵を描きました。

d0140806_123735100.jpg

 赤い風船(アドバルーンに見えるかも)は、何か目立つ赤いものを入れたいという、不純な気持ちから入れたもので、なんの根拠もありません。 赤い蛸でもいいし、蟹でもよかったのですが、風船が描きやすいだろうということで。

 変な絵ですね・・・・。 いや実にヘンテコな絵になりました。

 黄土高原らしくないし、そもそも風景画らしくない。 と言って抽象画でもないし・・・。
 お絵かき教室のK先生がこんな絵を描かれるので、その影響でしょうかね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-08-27 12:42 | お絵描き | Comments(4)
d0140806_23491240.jpg


 黄土高原の旅の記録に絵を描いています。
 「思いつくまま描いてしまえ・・・・」
 と第一作目の ヤオトン部落の絵 を終えて、すぐに第二作目に。

 題材は漢族と北方遊牧民が1700回も争ったという、雁門関(がんもんかん)の絵にしました。2日間で一気に描いてみましたが、少々無理がありましたね。
 
 黄土高原の旅の旅行記で、この場所から 約2000年前に王昭君という漢族の美人が匈奴の王様に嫁ぐ時に、この雁門関を通って行った話を載せました。この砦の通路に轍の跡があったことを取り上げましたが、その轍の跡のイメージが頭に残っていました。

 しかし、イメージだけで絵にする具体的なものが見つからない。あるのは現代のテーマパーク的に作られた建物ばかりで、それを外さなきゃいけない。
 「石畳の写真はあるけど、黒い石畳が写っているだけで、王昭君の轍跡というには全然絵になりそうな写真は一枚もない・・・。 さ~て、どうしたもんだべさ・・・」

 「もうこうなりゃ、勝手に絵を作ろう! 2000年前の話だもんな・・」
 雁門関らしく見せるには、万里の長城がいる。 砦の外に出ると匈奴の地になるという感じがいる。そして、何よりも轍の跡を強調しなきゃいかん。などなど、勝手に考えて・・・・。

 「あれ? 外から光が入ってくるわけだけど、内部の影はどうなるのだろう? 実物がないからサッパリわからん。 まー、適当に作ってみるか・・・」
 「外は匈奴の地ということになるけど、一挙に草原になるはずはない。しばらくは黄土高原の中を道が続くことになる。 そうすると、その道はぺんぺん草が生えていただろうな・・・」

 想像力を逞しくして、さらに如何にもありそうに装って・・・・。
 おそらく黄土高原の旅で一緒になった方がこの絵を見ても、どこの場所の絵か分からないでしょうね。 「ウソ! こんな場所はなかったわよ!」と言われそう。

 どうでしょうかね、第二作の 王昭君の轍 は。
 この絵はお絵かき教室の人には見せない。 説明に時間が掛かって大変ですから。

 第三作目は・・・。
 チョット時間を置きますかね。 想像の絵はどうも迫力が出ません。別な発想で描かないといけません・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-08-04 08:47 | お絵描き | Comments(6)
 梅雨明け以降、変な天気が続いていますね。

 日中は猛暑になって、もう外に出る気が起きません。
 夕方にはゴロゴロと音がして、スコールのような雨が降ってきますので、夜は少しは涼しいが救いといえば救いですね。 

 この天気、まるで亜熱帯地方のスコールのような感じです。
 長期滞在したタイでの雨期の天気予報が、「くもり時々晴れ、所によってはスコール」だったことを思い出しました。そして何処でスコールが起きるのか予想不可能でした。今の日本の天気はまさに同じ状態です。 日本の夏が亜熱帯化しているのかもしれません。

 さて、外にも出る気が起きない私。 手持無沙汰で、部屋にクーラーを掛けて絵を描くことに。
 題材は 先ほど行った 中国の黄土高原の旅 がテーマ。

 海外旅行に行ったらその時の絵を描こうと、これまでもその都度に絵を描いてきました。
 「今回はどうも題材がイマイチや・・・・。 何か描かなきゃいけないけど・・・」

 あまり描く気が起きない中、思いつくままスケッチ風にチョコチョコと描き始めています。
 第一回目は 「ヤオトンの部落」 大きさは6号と小さい。

d0140806_8535576.jpg


 旅行記で載せましたが、 老李(李お爺さん)が恋歌を歌ってくれた場所ですね。
 大黄河が流れ、黄土高原の彼方此方にヤオトンの家と、小さな棚田。 そんな雰囲気を描くつもりでサラサラと始めましたが、スケッチ風もなかなか難しいものですね。

 「まー、雰囲気は出たかな・・・・」
 ところが、お絵描き教室でこの絵を見た、先生や仲間の意見は・・・。
 「これは何なの? ヤオトン? ヤオトンって何? 上の方は川なの湖なの?  そもそも何処の絵なの?」

 きっと同じツアーに乗った仲間か、このブログを読んでいただいた方ぐらいしか、この絵の状況は判らないでしょうね。 風景画は誰もが判る有名な場所や、その雰囲気を描いた物しか認知できないものですね。人の知らない場所の絵は、抽象画のように勝手に自己主張するのと似ていますね。

 「まーいいや。自分の気分で描くだけやから。とにかく旅の記録や・・・」

 もう少し描いてみますかね・・・。 とにかく記録として絵を残しておくのが大事。
by takeshi_kanazaw | 2016-08-03 09:08 | お絵描き | Comments(6)
 今日は絵のお話しです。

 長らく黄土高原の旅行記を載せていましたから(約一か月間になった・・・)、ズーと中国を旅していたように感じられるかもしれませんが、本人はちゃんと名古屋で息をしていました。

 久し振りのお絵かき教室。
 「今日の題材はリンゴにミカン、イチジクか・・・。 夏なのにリンゴやミカンはどうもな・・。描くのはイチジクにしようか。でも茶色い塊がゴロンという感じ」
 「イチジクは中が見えなきゃイチジクらしくないよ。ナイフで切っちゃえよ」

 いつものとおり教室では殆ど描く気のない私。適当にデッサンをしている格好だけ。

 黄土高原の旅行記を書きながら手持無沙汰の日々。暑いので外へ出る気もなく、なんとなく絵でも描く気になって、デッサンだけしていたイチジクの絵を眺めているうちに、少し描く気が出てきて・・・。 描き始めると意外と?頑張ってしまう。部屋で冷房をかけながら黙々と。

d0140806_109546.jpg


 どこかで見たような感じの絵?
 私の部屋に模写したホウズキの絵が飾ってあるので、ついつい似た感じになりました。
 まるで油絵のような絵ですね・・・。
 写真では何時も黄色が強く出てしまう傾向があり、本物はもう少し明るい。

 小さいころは、イチジクなんて畑や山にあるのを、もぎ取ってきて食べていましたね。
 乳液みたいなものが出てベタベタになるし、薄い茶色の皮を剥くのが面倒で・・・。

 でも、甘かったですね、イチジクの実は・・・。
 イチジクはあの赤くて甘かった部分が全てですよね。その部分だけは一生懸命描きますね。

 「もうちょっと瑞々しい感じだけど、汁までは描けないな・・・。どうもスッキリ感がないし、まだイマイチやな・・・・。」 いつも達成感がない私の絵。
 しばらく部屋に飾って置くことにしましょうか・・・。

 「本来なら黄土高原の旅を題材にした絵を描かなきゃいけないけど、今回はどうも描く気が沸いてこないな・・・。 印象的だったのが人物だったけど、人物の絵は苦手だし・・・」
 
 描く気が出てきたら、また黄土高原の絵でも描きますか・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-07-26 10:25 | お絵描き | Comments(8)
 先週、伊勢志摩の旅の帰りに、室生寺に立ち寄りました。

 その時、たまたま室生寺の山門をスケッチしている方に逢いました。 万年筆に墨を注入して、それで輪郭を描き、透明水彩絵の具で着色、なかなかのスケッチ画でした。

 「うんうん、スケッチ画も面白そうや。 墨を使わなくとも、細いボールペンで描けば、似たような絵が描けそうだ。 スケッチ画ならチョコチョコと簡単に出来そうや・・・」

 という浅はかな考えで、同じく室生寺の五重塔を描くことに。 本堂の場所から五重塔を見上げたショットの写真が有ったので(このブログにも掲載しました) それをベースに描いてみました。
 勿論、チャンとボールペンで輪郭を描き、水彩絵の具で着色しましたが・・・。


d0140806_8553931.jpg


 手前には勝手にシャクナゲの花を入れてみたのですが・・・。

 「うーん・・・・。 なんでこうなるの!!」

 スケッチ画というのは、鉛筆やペンで線を描き、薄く水彩絵の具を塗る。 余白を残して、アッサリ仕上げる感じらしいのですが・・・。

 「塗り過ぎや、絵具を塗り過ぎて、線が消えちゃってるわ。 全然ムードがでとらん!」
 自分で描いて、自分で文句を言っていればせわがないないですが・・・。

 前回は墨絵風のアジサイを描いて、似て非なるもの という絵になり、今回も全然スケッチ風の絵にはなりませんでした。 室生寺で絵を描いていた方はプロではないと思いますが、それなりに年季が入っていましたね。 墨絵やスケッチ画は、簡単そうに見えても簡単じゃない ということが良くわかりましたね・・・。

 「俺はセンスがないみたい・・・。 絵心の欠如やな・・・・」

 私のこれまで描いた駄作をシゲシゲと眺め直すと、確かにセンスはないですね・・。 只々、水彩絵の具を塗りたくり、恥の上塗りの上にまた絵具を塗っている感じ。

 「恥の上塗り方式が俺には合ってるかな・・・。 墨絵やスケッチ画を描くような絵のセンスがないから、ドンドンと塗ってしまう方式の方が、少しは迫力が出てるわ・・・」

 まー、素人の趣味の世界ですから、やりたいようにやればいいのですが・・・。

 また時々 駄作を載せますわ・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-06-16 09:12 | お絵描き | Comments(7)
 今日は通っているお絵かき教室の話。

 我々の先生は油絵派のようで、それも近代画と自称して、抽象的な絵を描かれる。
 教室では丁寧に個々の絵を一つ一つ自分の手で筆を入れながら指導するのが得意。
 そんな中で、私は全く流れからはみ出した生徒で、気が向くままに描くので、殆ど教室では絵にはならない代物しかできず、先生も筆の入れようがない。

 「今日の題材はアジサイか・・・・」
 ふと頭に浮かんだのが、ブロ友さんが描いた墨絵のアジサイ。
 「今日は墨絵風に描いてみようか・・・」
 
 「たしか葉っぱは墨でしっかり描かれて、葉脈がくっきりだった。花の部分は薄く色がついていたけど、綺麗だったな・・・」 しかし、手元に墨はないし、和紙など使ったこともない。

 この教室の生徒さんの中には、墨絵風のクラスにも通っている人がいる。
 「使う紙が違うから、画用紙では滲みなどの感じが出ないし・・・、筆も違うし・・・」
 ハッキリとは言われませんが やっても無理だわ というご助言ですね。

 とにかくやってみなきゃ・・・・。 ということで描いた絵ですが・・・。

d0140806_10114914.jpg


 印に見えるのは手描きで印鑑らしく描いたもの。
 ちょっと覗いた先生。 無言で何も言わずに・・・・。
 「うーん・・・。ちょっとね・・・」 と墨絵風の絵を描く教室の仲間の声。

 自宅に帰って、再度ブロ友さんの絵をシゲシゲと見ながら、自分の絵を見る。
 「これはひどいや、まさに 似て非なるもの という感じだな・・」

 油絵は何度も上に絵の具を塗れますが、墨絵はまさに一筆が勝負という感じ。 一本の線の良しあし、滲み具合で全然感じが違ってくるようで、到底私ができる技ではない・・・。
 「そうだよな、そんなにチョコチョコと真似をできるもんじゃないわな・・・」

 下手なくせにいろいろとやってみるのが私の悪い癖。
 「やってみないと、下手なことが実感出来ないじゃん。気が向くままにやってみよう。今度は室生寺で見た、墨でスケッチしていたオジサンの絵を真似てみようか」

 おそらく、また自分の下手なことが実感出来るのでしょうが・・・。

 ということで、ドンドンと下手な絵をこのブログに登場させています。
by takeshi_kanazaw | 2016-06-10 10:25 | お絵描き | Comments(6)
d0140806_20534664.jpg


 また下手なお絵かきの話です。 
 この絵は水彩画(水彩画用の絵具を使ったという意味)大きさは10号。

 白川郷では冬の雪の夜、ライトアップをして観光客を集めています。それはそれで美しいのですが、私はごく普通の夜の情景のほうに惹かれます。
 合掌造りの大きな家屋が黒く覆いかぶさって、ホンノリと家屋から灯が漏れているさまがいい。

 いつも行く白川郷の喫茶店 落人さん。
 そのお店に旅の雑誌が、落人さんの夜の情景を撮った写真があり、以前にその写真をヒントにして絵を描いてみました。(お絵かき36作目

 「もう少しスッキリと見た目を意識して描き直してみよう・・・」
 先月お絵かき教室のS女史のほおずきの絵を模写した影響ですね。

 昨日描き上げた冒頭の写真の絵を眺めていますが・・・。
 「前よりは幾分スッキリしてきたかな・・・・」

 有名な画家さんでも100%満足することはないそうです。
 「うーん、なんだか白川郷のカジノみたいな感じがしないでもない。 でも落人さんは喫茶店だから、普通の民家より光が強いし、その光がないと絵にならないし・・・」

 昨日も少し手を入れましたが、なかなかピッタリときません。
 白川郷らしくて、光が田圃に映るさまが綺麗で、人目を引くような・・・・。
 風景画というのは現実と離れてもいけない、強調する部分も必要だし・・・。

 どうも 下手な考え休むに似たり 状態ですね・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-05-24 08:52 | お絵描き | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw