カテゴリ:我家探訪( 214 )

 男性の料理というほどではないですが、時々は私も食べ物を作ります。
 少し前に お好み焼き を焼いた話を載せましたが、真夏にお好み焼きはどうもイケマセンね・・・。

 ところで、私は生まれつきの怠け者で、時間に縛られるのが苦手。 仕事から解放されて、本領発揮とばかり深夜まで本を読んだり、昼寝をしたりして実に不規則な生活をしています。 ですから、我家の同居人の妻殿は付き合いきれないと、それぞれマイペースといことになるのは致しかたなし。

 殆ど朝寝を続けている私が起きる頃は、もう妻殿は活動中で家にいないことも多い。
 「腹が減ったけれど、どうするかな・・・。 まだ食堂は開いてないし・・・」
 食べないで過ごすことも多いですが、気が向けば自分で朝飯を作ります。

 最近よくあるパターンは、和食の朝飯。 と云っても食べている時刻は昼ごろ。

d0140806_6284841.jpg

 前にも似たような朝飯の写真を載せたかもしれませんが、納豆、梅干し、味噌汁が基本。 それに時々は焼きシャケやお漬物。 まー、男性の多くが、こんな朝飯が食べたいのかもしれません。 この朝飯というか、昼飯というか・・・、自分で作るのですから、自分好みにやるから問題なしなんですが・・・。

 昼過ぎに帰宅した妻殿は、どうもご機嫌が良くない。 だんだんと判ってきましたが、私が食事を作った後片付けが面倒なようです。 焼き魚はグリルの掃除が面倒だし、納豆は洗うのがヌルヌルする。 おまけに漬物は私が信州・開田へ行った時に買って来たものですが、なにせ量が多すぎる。

 たまには洋風もやります。 まるでサラダが主食のような朝飯。 とにかく材料が多種多量。
 レタス、玉ねぎ、バナナ、キューイ、リンゴ、トマト、ハム・・・。

d0140806_6401468.jpg

 材料は全て私が調達してきますが、買ってきてもすぐに食べるわけではない。 なにせ生活が不規則ですから、気が向かないと食べようとしないので、この材料がほったらかしになる。 冷蔵庫に何時までもある材料に気付いた妻殿。 早く始末してよ というお声が出て、やおら私が作り出す。

d0140806_645916.jpg

 材料をすべて使うので、中華丼が一杯になってしまうほど多量なサラダが出来上がる。
 「まるで 馬か牛の餌みたいだわね・・・・」
 どうも彼女の思考では、サラダはチョッピリと添えて出すパターンだと思ってるようで、腹いっぱいサラダを食べようとする気がないようです。 見解の相違ですな・・・。

 私が作る、朝食兼昼飯。 どうも妻殿の食事準備システムを乱しているようで、あまり好評ではない。
 
 サラダの後は、私はちゃんとデザートまで作るのだ。

d0140806_6541851.jpg

 キューイにヨーグルトを載せ、ブルーベリーのジャムを加える。
 「うんうん、このブルーベリーのジャムは甘くておいしいわ・・・」 と妻殿。
 このブルーベリーのジャムは、ブロともさんからの送られてきた優れもの。我家では高価なブルーベリーのジャムは自分ではなかなか買えない・・・。

 そして、最後はコーヒー・・・・。 これもチャンと私が入れる。

d0140806_715615.jpg


 こういう記事を載せると、意外と?こまめに自分で食事を作っているように誤解されるかもしれませんが、気が向けば作るというパターンです。 同居者の妻殿には メンドクサイことをしてくれるわ と思われているのかもしれませんが、まー、これからも好きに作っていきますかね。
by takeshi_kanazaw | 2018-09-11 06:14 | 我家探訪 | Comments(2)

 台風が通過した・・・

 台風21号、名古屋でも結構強風が吹きましたね・・・。

 朝の内は太陽も顔を出す様な天気。

d0140806_20271919.jpg

 8月になって種を貰って妻殿が植えた朝顔。 つい1週間前ごろから花が咲き始めて・・・。
 「朝顔が綺麗やな・・・・・」
 そんなノンビリムードだったのですが。

 12時ごろを越えた頃から急に風が強くなってきて・・・・。
 「おいおい、我家の二階がグラグラと揺れてるような感じだぞ!」
 後でテレビ報道だと、名古屋でも風速35Km ぐらいの強風が吹いたとか。
 フト外を見ると、朝顔の花は風でふっとんで、何処にも姿がない。

d0140806_20322177.jpg

 午後の2時ごろから4時ごろまで、風がビュービューと音を立ててました。
 久しぶりの? 本格的な台風が来た という感じ。
 不要不急の外出は避けて・・・、風が強くて外へ出る気は全くしませんでしたね・・・。

 「夕飯は・・・・・・」 スーパーが開いているハズはない。
 「えーと・・・。 冷蔵庫の残り物は・・・・・」

 結局、カップヌードルと、残り飯の焼き飯ということに。

d0140806_20353587.jpg


 まー、結構きつい台風でしたが、何とか古家も壊れず、被害はアサガオぐらいでした。
 テレビ報道では、関西の方がひどかったようですね・・・。

 皆さんに被害がなかったことを祈ってますが・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-09-04 20:37 | 我家探訪 | Comments(4)
 亡き母曰く、” 男は台所に入るもんじゃない! ” と育てられました。

 昔は、一般に男性は食事の支度をしないものと決まってましたから、結婚後ももっぱら妻殿に任せる?のが当然の事だと。 しかし、彼女が不在の時は・・・・・。

 「俺だって、やろうと思えばやれるさ!」
 我家では、「お好み焼き」 だけは、私しか作れない、私の専売特許?の食べ物。 ということで、先日妻殿不在の時に、この酷暑の中で 一人で、 お好み焼き を焼くことに。

d0140806_953337.jpg

 私流のお好み焼きは、度々このブログに登場してますが、関西風とだいぶ違います。 材料の用意は手慣れたもので、10分程度で軽々と準備完了。 焼き始めたのですが・・・。

 「暑い! これは予想外に暑いわ・・・・」
 当然ですが、部屋のエアコン・扇風機を一杯に使って、涼しくしてあるのですが・・・。 お好み焼きを焼いている熱い鉄板の上を通る風が、ムーとした熱気となって押し寄せてくる・・・。

 しかし、お好み焼き というものは、焼きながら鉄板の上で食べるのが本筋です。

d0140806_9103618.jpg

 最初は少しガマンをしていましたが、そのうちシャツを脱ぎ、ズボンを脱ぎ・・・・。 下着姿で、フーフー言いながら、暑い鉄板と格闘しながら お好み焼きを食べ続ける・・・。

 「冷房をした涼しい部屋が、これほど暑くなるとは思わなかった・・・・」
 ” 当ったり前でしょう!! 暑い夏にお好み焼きを作る方が間違っとる! ”

 ガマンして、それでも2~3枚焼いて、汗を拭き拭き食しましたが・・・・。
 「フー・・・・。 でも、 まだ、材料が一杯残ってる・・・・」
 材料を用意する時、一人分なんてイメージがないから、適当にやる。 後で考えると、どうも4~5人分の相当する量だった。

 「全部使っちゃうぞ。 材料を残すと、また妻殿が煩い・・・・」 下着姿でお好み焼きを焼き続ける。

d0140806_9232392.jpg

 自分が食べた量の3倍近くのお好み焼きが出来てしまった・・・・。


 妻殿のご帰還後、 すぐに多量のお好み焼きが目に入る。
 「うーん・・・。 また焼いたのね・・・・。 今日は、まづこのお好み焼きを食べ切ることが優先だわね」
 ということで、次の日の朝から、昼、夜まで、ズーとお好み焼きばかりの食事が続きました。

d0140806_9391913.jpg

 電子レンジで温め、再度フライパンでジックリと焼いて・・・。 これにもコツが必要ですが・・・。

 どうも男が料理をやると、作ることはいいのですが、何処かトンチンカンな感じ。
 作る時期とか、分量とか、後始末とか、 総合的な思考に欠けるようです。

 料理人と言われる人種の多くは 男性。 男だって訓練次第で料理は出来るはずですが、経験不足の我々が料理に手を出すと、何かと面倒なことが発生するようです。
by takeshi_kanazaw | 2018-08-29 09:31 | 我家探訪 | Comments(11)
 名古屋で行われた ど祭り (日本ど真ん中祭り) の話。

 今年も名古屋の夏は暑い。 その日(8月25日)も35度の酷暑。 そんな中、日本中の踊り好きの人達がワンサと名古屋にやってくる。 私が遭遇したのは、そのど祭りのメイン会場の 久屋大通公園付近(名古屋の中心街、テレビ塔の南1キロ付近)だった。

 「ふーん・・・。 ドンドンと変な集団が集まってくるな・・・・」

d0140806_1036543.jpg

 若者が奇抜な格好をして、バスに乗ったり、地下鉄に乗って この場所にやってくる。 踊る場所は定められていて、その出場時間も決められているそうである。 
 「それにしても半端な人数じゃないな・・・・」

d0140806_1039559.jpg

 名古屋は100m道路が中心街にあって、その真ん中は公園や広場になっている。 集まってきた若者たちは意外と整然と?順番待ちの場所に待機。 上には高速道路があり、日陰で待機というわけだ。 しかしその場所だけで千人近い人たちがいる。

 そんなグループだけではなく、ビルの日陰で待っているグループも一杯。

d0140806_10434920.jpg

 どうも踊る場所が複数あって、一番人数が多く待機しているのは、メインステージで踊る集団のようで、その他の人は、街の彼方此方に待機している感じ。 そのため、この付近は出場者でごった返している。

d0140806_10464018.jpg


 この ど祭り。 地元のテレビ局でも放映しないし、ニュースでも取り上げることは殆どない。 観客も道行く人が集まるという感じで、街を挙げて踊りを見続けるという感じでもなく、名古屋の街は 踊りの場を提供する という感じなのである。(主催者は集客を狙っている? しかし見る客より、踊る人の方が多い?)

 メイン会場のステージに登るグループは、半数が全国からの大学生のグループや、地域・職場のチームのようですね。 出場前の記念写真でしょうか。 入れ替わり立ち代わり、記念写真。

d0140806_10532975.jpg

 記念写真が終わると、出場までステージの裏側で、また待機。 ステージに登るまでに凄く時間が掛かるのである。 文句言わず、35度の炎天下、ジーと待つ・・・・。

d0140806_1058186.jpg


 ステージの上に上がると、それまで待たされた?ためか、この場でエネルギーが爆発する。

d0140806_10572432.jpg

 服装もいでたちもなかなか凝っている。 履いているのは必ず 地下足袋。 踊りは激しくて、地下足袋でないと動けないほど動作が早い。 このステージで踊る集団は、どいうもAクラスのグループのようだ。 半分は全国の大学チーム。 恐らく秋の学園祭でも踊るのだろう・・・。

 「なかなか様になってるじゃん・・・・・」
 ステージから少し離れているので、躍動感がイマイチ撮れないのだが、良い表情をしている。

d0140806_1131544.jpg
 
 「これは相当練習したんだな・・・・。 ビシッと決まってるじゃん。 力一杯踊ってる感じや・・・」

 このステージでは、数分ごとに出場者が替わっていく。 それはそうだ、あれだけ多くのグループが待機しているのだから、プロのように長々と独演会はやれない。 次のグループが登場。

d0140806_1173935.jpg

 「今度は赤と黒の衣装か・・・・。 前より更に激しい踊りやな・・・・」

d0140806_118519.jpg

 腕を突き上げて、何かを叫んでいる。 しかし凄いエレルギーの発散。 その後ステージの上でゴソゴソしたかと思うと、なんと赤い衣装を脱ぎ捨てて、下から青と白の衣装姿になった。 歌舞伎の早変わりと同じか。

d0140806_11115040.jpg

 多分、衣装も振り付けも、自分たちで考えたんでしょうね・・・。 
 若者達のエネルギーの爆発 という感じのステージが続いていました。

 この素人集団のエレルギー一杯の踊り。 イイですね・・・・。
 35度の炎天下ですよ、冷暖房完備のステージじゃないのです。
 まさに汗だくの熱演ですね。

 世の中、〇〇48 とか、×× 46とか、テレビ局や演出企画者の商魂に踊らされて、素人芸を売り物にしているグループが多いですが、そんな商品になった若者達より、 このど祭りで踊っている若者の方がズーと迫力があるし、イイですね・・・。 お金も名誉も求めず、踊りたいから踊る。 それでいいんじゃないですかね・・・。

 
by takeshi_kanazaw | 2018-08-27 11:18 | 我家探訪 | Comments(3)

 男の朝飯はこれだ?!

d0140806_13585164.jpg

 デベソの妻殿は知り合いと写真旅行。 こんなに暑い中、ご苦労なことだな・・・・。
 さてさて、何時もは黙っていても出てくる飯がない・・・・。 さすがに朝飯は外食というわけにもいかない・・。
 冷蔵庫をごそごそして、味噌汁を作って・・・。 納豆と梅干のみ・・・。

 「パンや変な?朝飯より、この方がズーといいや・・・。 本来の朝飯はこうあるべきや」
 しかし、チョット貧弱? 。 少しスーパーで買い出し。
 翌朝は少し改善?して、一応イワシの丸干しの一品が増えて・・・。

d0140806_1474475.jpg

 「うんうん、ハムや肉類より、日本人は魚や。 イワシなんてのは栄養価も充分や」
 どうも我家には焼いた魚が出てこない。 恐らく、後片づけが面倒だから避けているのかも。

 次の朝。 少し考えて・・・。

d0140806_14115529.jpg


 一人でいると、何時もとは違う朝飯となる。
 「世の中の男族、パンや野菜サラダなんて西洋風?の朝食を望んでいるのかな・・・。 味噌汁に焼き魚ベースの朝飯の方が好みじゃないのかな・・・・」

 「それなら自分で作ってよ!」
 そうなんですよね、食べたければ自分で作る・・・。 
 それでいいのだ・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-08-14 14:16 | 我家探訪 | Comments(4)
d0140806_93953100.jpg


 お盆ですね・・・・・。
 帰省されている方、帰省した家族と過ごされている方・・・・・。
 まー、イイことですね・・・・。 先祖を想い、家族を再意識するいい機会です。

 私はもう長い間生家に帰っていない。 両親もなくなり、帰省するのが億劫になっています。
 逆に、娘や孫が帰ってくるケースが多いのですが、孫も大きくなると用事が増えてくる。
 長女の上の子はもう来年が高校受験らしい・・・。

 今年は近くにいる長男の嫁が、プラリと赤ん坊を連れて・・・。
 酷暑の中、大変なのに・・・。 まー、お祖母ちゃんとお祖父ちゃんへのサービス精神発揮?

 いやいや、赤ん坊というのは凄い勢いで変化していくものですね。 つい2か月ばかり前に見た時とは随分違っていて、部屋中を歩き回るように。 そりゃ1歳と3ヶ月近くになれば当然ですが・・・。

 我妻殿(お祖母チャン)が用意した、行水? いや 小さいプール?
 お気に入りのようで、元気に遊んでいます。

 「〇〇〇!  ×××!!」 
 何を喋っているのか、さっぱりわかりませんが、どうも言葉を喋っている感じ。
 「動物が鳴き声で意志交換しているのと同じ感じやな・・・・」

 自分がしたいことをドンドンやり、母親が制止すると怒る。 意志をハッキリ表現し始めました。
 濡れたままで勝手に部屋中を歩き回り、後を二人のお女中?が右往左往。

 「うんうん、この子は元気なようだな・・・。 喋る様や、行動はちょうどお猿並みになった感じや・・・」
 まだお猿さんのような俊敏な行動は出来ませんが・・・・。

 子供はドンドンと変化していきますね・・・・・。
 そのうち、母親の手のおえないほど、元気に大きくなっていく気がしますね・・・。

 こうして世代交代が進んでいくのですね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-08-13 09:56 | 我家探訪 | Comments(4)
 全国で一番暑いのは、岐阜県揖斐川町(いびがわちょう)という日々が続いています。

 揖斐川町は伊吹山の東、西からの熱気が伊吹山を越えて濃尾平野に吹き込む、一種のフェーン現象です。
 だから名古屋も暑いんです! 本日は39度!!  あんまり暑さで競っても仕方ないですね・・・。

 朝の7時ころからズーと暑い、クーラーを入れっぱなしです。
 そのうち、蝉の声が聞こえなくなります。 もう9時過ぎには全然鳴きませんね・・・。
 蝉も鳴かない酷暑なんです。

 「今日の昼はそうめんや、そうめんにしよう・・・・」

d0140806_1344843.jpg


 そうめんは我故郷の 「揖保の糸」 極細のそうめん。 
 45秒プラマイ5秒ぐらいで、サッとゆで、すぐに水洗い。 最近妻殿もやっと茹で方が上手くなった。

 昼は絶対外に出ない。 
 昨日は名古屋の東の豊田市で、小学生が熱中症で死亡したニュースが流れているぐらいだから。

 クーラーをかけて、絵でも描くかな・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-07-18 13:49 | 我家探訪 | Comments(8)
d0140806_9373632.jpg


 今年もこの季節がやってきました。 一昨年、昨年、今年の三世代の紫陽花の共演です。

 写真中央は今年咲いている紫陽花。
 奥の少しチリチリになったのは、昨年の咲いた状況で切った紫陽花。中央の花が一年経つとこうなります。
 右側は、一昨年に紫陽花が緑化してから切った紫陽花。

 同じ株から咲いていた、まさに「三世代続いた紫陽花の花の揃い踏み?」です。


 我家の庭に咲いている紫陽花。 毎年紫陽花の花をそのまま枯らしてドライフラワー化しています。
 これがなかなか難しくて、どうも思うような保存物が出来ない・・・。

 紫陽花の花に色がついている時に切ったものは、昨年のようにチリチリになるようです。
 紫陽花の花は実はガクなので、放置すると緑になって行きます。 その時に切ったものは一昨年のように形が崩れない。
 この写真には登場してませんが、ズーと切らずに花をそのまま放置しておくと、汚い茶色になります。

 「なんてことを。 たかが紫陽花やのに、暇人やな・・・」  確かにそうなんですが・・・・。

 今年の我家の紫陽花は不作なので、後は2輪しか花が付いていません。
 緑になるまで放置しておく予定ですが、上手く緑化するかどうか・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-06-26 09:57 | 我家探訪 | Comments(4)
d0140806_14102267.jpg


 毎日が日曜日。
 怠け者の私にはピッタリの時間が流れています。

 海外旅行へ行くのも少々シンドイ。
 車で何処かへ行くのも億劫だ・・・・。

 読みかけの小説を取り出して・・・。
 何気なく窓を見ると、また妻殿が貰って来た花が。

 よく見る花だけど、名前が・・・・。 (後で調べると、アガパンサスらしい)
 まー、チョックラ写真でも撮ろうかと、棚の上のカメラを。


 昔から 「小人閑居して不善をなす」 とか。

 年寄りが外へ出て、世の中に迷惑を掛けるよりはいいかもしれない・・・。
 「老人閑居すれば社会貢献なり」 と言ったところか。
by takeshi_kanazaw | 2018-06-20 14:20 | 我家探訪 | Comments(4)
d0140806_10145558.jpg


 突然ですが、上の写真はつい2~3日前の我家の夕食風景です。
 中央の赤いご飯は、私がラオスで買ったお米と日本のコメを混ぜて炊いたもの。

 その日は恐らく昼に外食をして、夕食は簡単にしておこうと、冷蔵庫のあった残り物をかき集めて。
 ナスの浅漬け、沢庵、山芋、エビの惣菜、という、まことに貧しい? 夕食。

 なぜこんな話題になったかというと、タイで暮らしている方の記事で、日本の漬物を作る苦労話を読んで。
 タイでは大根やナスなどの食材はあるのですが、漬物がない・・・。
 
 私もタイに長期滞在していた時、突然、お漬物、味噌汁、納豆、ざるそば・・・、食べたくなるんですね。
 日頃何気なく食べている日本の食べ物、貧しそうに見えますが、場合によっては高級食?になる。

 余談ですが、このラオスのお米。 今年の2月のラオス旅行で1キロばかり買い求めた 赤米でラオスの常食ですが、値段は忘れましたがとにかく安かった。  私は蒸かした米が好きなので(タイやラオスでよく食べた)我家でもと思ったのですが・・・。

 どうも我家では蒸気で蒸すという料理法を忘れた?みたいで、我妻殿は時々ラオスのコメを1~2割入れて炊飯器で炊いています。 もう10回近くやりましたが、まだラオスのコメが残っている。
 「今日はラオスの米やな・・・。 俺はこれが大好きやから・・・・」 とパクパク。
 
 ラオスの米が出て来る日は、殆どおかずはお漬物。 結構これがいいんですね・・・。

 ちなみにラオスの首都ビエンチャンのレストランで食べたラオス料理。 小泉首相も訪れた日本大使館ご用達?のレストランですが、そのスタンダードメニューはこんな感じでした。

d0140806_10384164.jpg

 ラオス風で美味しかったですね。 
 でも、日本のお漬物や山菜などの貧しい?食事も、日本風で結構美食ではないでしょうか・・・。

 (ラオスに興味のある方、 このブログのカテゴリー 「ラオスの旅」 をどうぞご覧ください)
by takeshi_kanazaw | 2018-06-11 10:43 | 我家探訪 | Comments(8)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw