タイ追憶⑥ タイで何を食べてた?

 一昨日だったか、何の気なしに NHKの旅番組 タイ2度目 というタイトルが付いた番組を見た。 若い旅行者が観光地以外の場所を探訪して、限られた予算内でいろんな食べ物を食べたり、買ったり。
 「なんだか変やな・・・。 こんな食べ物が800バーツ(2500円)? 俺が知ってる値段の10倍、タイ人が食べてるものと違い過ぎる。 まー、観光客値段やからしょうがないか・・・」

 そんなもんでしょうね。 日本へ来た外国人も、スキヤキ、てんぷら、すし、懐石料理・・・・。 芋の煮っ転がしや、サンマの塩焼きは食べないでしょうからね・・・。

 そんなことを考えていたら、タイ滞在中に食べたものを思い出して、タイ追憶の話を続けることに。
 ということで、今回のタイ追憶第6回目は、滞在中に食べていた食べ物の話。

 最初に登場するのは、ナマズの素焼き。

d0140806_10454181.jpg

 まさにナマズをそのまま焼いただけのもの。 これは結構美味くて、よく食べました。一匹20バーツ(65円)日本ではナマズのかば焼きは2000円ぐらいしますね・・・。 
 これがタイ料理? いやいや題名通り、タイで食べていたもの ということなんです。 タイではもう少し手を込んだ味付けをして、野菜などと混ぜたりして食べるのかもしれませんが・・・。

 前のタイ追憶の記事で書きましたように、アパート住まいだった単身赴任の私。 屋台ばかりにも行けないし、周囲に日本食レストランもなし。 食べられるものを探すのも重要な仕事でしたね。 よく通った近くの市場。

d0140806_10523170.jpg

 日本人はおろか、外国人の姿は皆無。 言葉? いやいや買い物は指さしとお金さえあれば大丈夫。 ナマズの素焼きもこの市場で調達。

 しかし、重要なのはご飯をどうするか・・・。 タイのご飯は1パック5バーツ(16~17円)で売ってますが・・・。
「自動炊飯器を買おう! 飯だけは作らなきゃダメだ」 ということで、東芝製(タイで生産)の炊飯器を買ってきた。値段は確か1500バーツ(4700円ぐらい)だったと思う。 日本の半値以下だけれど、性能は全く同じ。

 それから食材の調達。 有難いことにバンコクでは日本人滞在者向けのスーパーがある。その名もフジスーパー。 味噌・醤油はおろか、日本の調味料が揃う。 豆腐・あげなどなど、日本のスーパー並み。 バンコクに長期滞在した日本人にはお馴染みの店ですね。

d0140806_1181725.jpg

 東芝製の炊飯器でご飯を炊いて、味噌汁を作って・・・。 私のバンコクの朝ごはんです。

d0140806_119057.jpg

 米は秋田こまち(タイで生産)、竹輪は紀文(紀文タイの工場製)・・・・。全てフジスーパーで調達。
 この写真を見た知人が、「貧弱な食事やな・・・。お前大丈夫か?」 と心配してくれたことが。 いやいや、外国で日本風の朝飯を食べられるということは、実に貴重なのです?・・・。

 何回か カレー を作りました。 といってもルーはフジスーパーで買った日本の固形カレールーですが。
 ニンジン・玉ねぎ、インゲンなどと豚肉。 煮てルーを入れるだけ。ところが量を作りすぎるんですね・・・。
 対策を講じて、まずは同じ材料を煮て、半分はシチューにし、残りはカレーに。なんと一度材料を煮ると、全部食べるのに一週間かかりました。 笑い話ですが、これが現実でした。

 週に一度ぐらい行ったのが、アパート近くの イーサン料理 の屋台風レストラン。 イーサンというのはタイの東北部の田舎を差し、日本でいえば東北の田舎料理という感じですかね・・・。

d0140806_11332152.jpg

 主に鶏肉を焼くのと、ソムタム(パパイヤのサラダ)。 ソムタムというのはパパイヤを細かく千切りにして、インゲンやピーナツ、トマトなど、石の臼のような器に入れて棍棒みたいなものでトントンとつぶす。 調味料は多分魚から取ったナンプラー。 時には生のカニを入れて、甲羅ごとぶっ潰す?

d0140806_11391710.jpg

 このソムタムと焼き鳥(ガイだったか?) それにカオニャ(蒸かしたもち米)、水(有料)が私の定番で、合計65バーツ(約200円)。 週に一回の贅沢?でした。

 仕事場の日本人スタッフが時々食事に誘ってくれました。 バンコクでは中華料理が多いですが、これが意外と美味い。中華街の中華料理は本場より美味いぐらいです。 それに、イタリアン がなかなか。 中にはイタリア人のコックが居る店もあって、日本のイタリア料理よりズーと美味しい店もありました。(写真はなし) それから、意外とバンコクで流行っていたのがベトナム料理や日本料理。 タイ風のカツ丼も食べましたし、握りも食べましたが、日本料理はあまり美味くないですね・・・。

 「それはそうと、トムヤンクンやタイスキが全然出てこないじゃないの? 食べてたんでしょう?」
 それがですね・・・、長期滞在中に食べたのは一度きりで、あまりに高いので・・・・。 おかしなもので、日本人向けのお店になると、変に恰好をつけて値段が10倍に跳ね上がるんですね・・・。 バンコクにも日本人社会みたいな世界が出来てまして、そんな人たちとの飲み会などは1500~2000バーツ(5000円前後)。 別のそれほど金に困っていたわけじゃないのですが、なんだか日常とかけ離れて・・・。

 毎日のお昼は、殆ど20~25バーツの普通の?食事をしていました。 ご飯と野菜の炒めもの。
 少し高いお店の食事の写真が残っていました。

d0140806_12184557.jpg

 こんなパターンが一般的な食事ですね。 ホークとスプーンで食べます。麺類は箸を使いますが。

 一般家庭ではもう少しシッカリした食事だと思いますが・・・。 
 写真を探すと、よく利用していた旅行社の女社長の家で行われたパーティの食事の写真がありました。

d0140806_1232432.jpg

 どうも水草や自然の植物を煮込む料理が多いですね。 中央は豆やキュウリの生ですが、昔はタイ人は野菜より野山の植物の葉っぱを主に食べていたそうです。葉っぱの種類や効用の知識が豊富なんだそうです。

 余談ですが、野菜というのは中国系の住民が来てから食べるようになったらしい。よくタイ料理の名前が付いた食べ物が紹介されますが、半分以上が中華料理系ですね。 タイはあまり油で炒めるという料理法は使わないのだそうで、現在のタイ料理は昔からのタイ料理とは幾分違うようです。

 一度だけ、タイの昔の王宮料理というのを食べたことがあります。その時の写真がいくら探しても出てきません。 その王宮料理たるものは、葉っぱの上にもち米や豆類などで作られた料理がチョコチョコと10種類以上別々に載せてあって、日本の薬膳料理のようでした。

 少し感じが似ている写真が、タイ王国発祥の地であるスコタイで ロイカトン(タイの雨期明けの盛大なお祭り) 見物の時の食事の写真がありました。 食べた王宮料理のイメージとしてはもう少し素朴ですが。

d0140806_14475824.jpg

 左の駕籠はカオニャ(もち米を蒸したもの) 手前は甘いもち米のチマキですね。


 いろいろ載せてきましたが、結局タイ料理らしい?ものは出てきませんでしたね・・・。 長期滞在者と言っても、私はやっぱり外国人ですからね・・・・。 

 今回の話題はまさに 私個人の追憶 という感じでしたね。
 やはり、タイ国内の彼方此方へ旅に出た話の方が面白いかもしれませんね・・・。
Commented by saitamanikki2008 at 2018-10-20 09:42
こんにちは。
やはり外国は、現地に滞在してみないと、地元の食材・食事の美味しさは分らないのでしょうね。
人によっては好き嫌いがありますが、私は好き嫌いがないので外国でも殆ど食べられると思います。
kanazawさんが、アジア地域へ度々旅行されているのもタイ国などに長期滞在した経験があるからでしょうね。



Commented by takeshi_kanazaw at 2018-10-20 16:48
saitamanikki2008 さん
今回の話題は変な?話でしたかね。
食べものは食べてみないと判らないしね・・・。
バンコクには日本人も多く、時々は日本食も食べてましたよ。
日本食のポイントは、どうも醤油味のような気がしましたね。
Commented by small-talk at 2018-10-20 17:24
食べ物って、毎日のことだから、大切ですよね。
タイ料理は好きですが、毎日だと、ちょっと大変かも。。。
気候(気温)がさほど変わらない、イタリアやフランス、場所にもよりますが中国なら、割といけるかも。。。
Commented by naozoom at 2018-10-20 17:26
800バーツですか・・・。それだけあればうちは家族で
贅沢な外食ができます。(笑)
ナマズ(プラードゥック)の炭火焼は美味しいですよね。
醤油をかけて食べるのが好みです。
フジスーパーが改装されたのはご存知でしょうか?
改装前、もう何年も前になりますが、月に一度食材の買出しに
行っていましたが、往復4時間かけて行くのが面倒なのと駐妻と
称される日本人の奥様たちが苦手で足が遠のきました。
今は30分以内の距離にあるマックスバリューやビラマーケット
ばかり利用しています。

続きも楽しみに訪問させていただきます♪
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-10-20 18:04
> naozoomさん
800バーツ。そうですよね、とにかく変ですよね。
ナマズは私も醤油をかけて食べてました。白身で癖がなくて美味かった。
フジスーパー、在妻と云うんですか、まさに井戸端会議みたいに長時間喋っていましたね。
私は月2回ぐらいこのスーパーへ行ってました。あの辺に行く用事もありましたから。
しかし、この食事の話。貴兄以外の日本在住者にはピント来ないかも知れません。
テレビ報道の方が支配的だからね・・・。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-10-20 18:08
> small-talkさん
タイも11月~12月は、20度~28度ぐらいでそんなに暑くない。
ノンビリムード、アジアンムードが良いですよ。
山があるのは・・・・。 カオヤイの自然林か、北のチェンマイ付近かな・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-10-20 08:28 | タイ追憶 | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw