「四十に足らぬほどにて死なんこそ」 敬老の日に

 今日は「敬老に日」だそうですね。 確か敬老に日は9月15日? 何時から月曜日に移動したのか・・・。

 この私も老人の仲間入りをしているようです。 何歳から老人? よく判りませんが、最近は腰も痛いし、記憶力も大分衰えてきました・・・。 まごうことなく 老人 になってきました。

 人間の老いについて、なぜか不思議と吉田兼好の徒然草の一節が頭に残っています。
 「命長ければ辱多し。長くとも、四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。」

 兼好の時代の40歳は現代に置き換えれば60歳? イヤイヤ、70歳?
 要するに、老醜を曝す自分の姿を考えるだけでも 嫌になるということでしょうか。
 確かに、世に言う 老害 と思える方々がチラホラ。 本人は気づいていないのかも・・・。

 生き物の世界は何処でも、老い ということはありますが、割合ドライになっているような気がします。

d0140806_15352095.jpg

 上の緑の部分は現役? 下の茶色の部分は 老いて枯れていく部分。 根から吸い上げた水は主に現役の部分に注入され、茶色の部分はやせ細って、やがてカラカラになり下に落ちる。 そうしないとこの植物は生き残っていけないわけですから、当然と言えば当然。 ” 自然の摂理 ” ですね。

 時々見かけるのですが、下部の枯れ始めた部分を切ってしまっているケースもあります。 人間でいえば 姨捨(おばすて)のようなものでしょうか、次世代優先のために老いた部分を捨てるわけですね。

 人間社会では昔から 敬老精神とか長寿を祝う習慣があります。
 一種の美徳とされていますが、それは若い世代の負担の上に成り立っているのかも。
 敬老精神は老人にとってはまっこと有難いことですが、これは 自然の摂理 に反してる???

 老いた私が云うのも変ですが、老人大国日本 は、喜ぶべきことか、危機感を持つべきことか・・・。
 なんと70歳以上の人口が、総人口の20%を超えたそうです。
 そろそろ若い世代の負担も大変になっているのではと感じたり・・。
 「老人にも生きる権利はあるぞ!」 

 どうしますかね・・・。 
 吉田兼好は 四十にして・・・ と言いながら、67歳まで生きたそうです。
 
 「まー、秋の紅葉は枯れいく葉が色づいて、見事な情景を作ってる。 そんなこともあるんだから、俺も死ぬまで生きていくか・・・。紅葉のようにいかないかもしれんが・・・」
Commented by saitamanikki2008 at 2018-09-17 10:52
こんにちは。
今日は、敬老の日ですね。
私も足腰が弱くなっているのを実感する毎日です。
男性の4人に一人は高齢者、女性は、約3,5人に一人は高齢者。
この数字を見ると、日本の生産性が年々低下しているのを実感します。
↓「子育てに専念している女性も凄いじゃないか」
確かに一人前に子供を育てるのは凄い事 同感です。
金メダルですよネ。
Commented by bajiao1313 at 2018-09-17 12:22
死ぬのは一回こっきりのことですから、
できればうまいことやりたいと思います。
長旅の疲労感は、年々大きくなり、
おとといまで、肩、首の痛み、倦怠感がありました。
やっと日常に戻ってきましたが、
夢の中でも、イタリア見物をしているので、
寝ていても疲れます。
Commented by small-talk at 2018-09-17 16:23
要は、健康年齢が上がれば、高齢化社会も悪くない、のでしょう。
日本も高齢化社会が進んでいますが、中国も30年ほど遅れて高齢化社会になるのですよね。
人口の桁が違うから、どうなるのでしょうね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-09-17 20:59
saitamanikki2008 さん
老人は街中を歩くスピードも遅いし、全体のリズムを狂わせているかも。
至る所でスピード感がないことは避けられないですね。
まー、他の方法で生産性をあげる手法を目指しましょう。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-09-17 21:01
bajiao1313 さん
そうですか、貴兄でも海外旅行は疲れますか。
でも無理をしても行かれることを勧めます。
私は・・・、どうしようかな・・・・。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-09-17 21:09
small-talk さん
そうですよね、高齢化社会にマッチした社会構造にすればいい。
定年制や、職業選択方法や、社会保障制度などなど。
老人だけへの対策でなく、若者も含めた社会全体の見直しが必要になってくるような気がします。
日本の高齢化に伴う社会変化とその対応は、世界も注目するでしょうね。
中国は永らく一人っ子政策だったから、もっと厳しいかも。
by takeshi_kanazaw | 2018-09-17 08:12 | 時事放談 | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw