三春の春

 三春という地名の由来は、この地域では春になると、「梅」 「桃」 「桜」 の3つの春の花が同時に咲くから、「三春」 という地名になったという。 阿武隈山系にある三春は春の到来が遅く、温かくなると急に春が来るということなんでしょうね・・・。

 さすがに私が訪れた日には梅はもう殆ど残っていませんでした。
 部落の様子はこんな感じ。
d0140806_2204989.jpg

 薄ピンクは桜、少し赤いのは桃ですかね。 黄色い菜の花も一杯咲いてますね・・・。
 どこかノンビリした情景の中に、春爛漫 という感じが一杯ですね。

 この三春の町は、民家の彼方此方に花が一杯です。
 それも横文字の園芸種の花というより、昔からある日本の花ばかりです。
d0140806_225649.jpg

 ピンクは八重桜、黄色はレンギョ、白いのはユキヤナギ。 みんなノビノビと枝を伸ばしています。

 チョットコーヒーを飲みに入ったお店。 まるで桜の園風の感じ?
d0140806_2261342.jpg

 別に高級店でなく、逆に掘立小屋風のお店の庭先でしたが・・・。

 町を歩くと、田圃の中で農作業をしている人が。 周りは花が彼方此方に。
d0140806_2271656.jpg

 花が特別なものでなく、風景の中の一部というイメージです。
 
 この三春には樹齢数百年という桜が一杯あります。
 親戚の人が云うには、昔は道路沿いに一里塚の代わりに桜を植えたのではないか と。
 ですから、大きな桜の木の傍にはお寺とか大きな施設などはない。

 この桜は地蔵桜という名前が付いていますが、近くに小さな地蔵堂があるだけ。
d0140806_2211891.jpg

 「この地蔵桜は滝桜に比べると小さいから、まー関脇格というところかな・・・」
 少し標高が高いので紅の色がまだ鮮やかですね・・・。

 実は親戚が頑張って、三春町の城跡とか、色々の場所の桜を見せてくれたのですが、殆どがベニ枝垂れ桜。 ソメイヨシノが生まれたのは江戸時代中期ですから、三春の大きな桜はそのほとんどがベニ枝垂れですね。

 「桜も良かったけど、花いっぱいの三春の雰囲気が気に入ったね・・。 日本の春 を感じたわ」
Commented by michika-k at 2018-04-16 21:48
春爛漫 山里の春 きれいですね。
のどかで癒される光景ですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-04-17 10:06
michika-k さん
そうなんです、実に長閑なんです。
昔から三春藩は文化面の方に力を入れていたらしい。
その雰囲気が残っているのでしょうね。

Commented by saitamanikki2008 at 2018-04-17 12:05
こんにちは。
これらの写真を拝見して、
数年前に行った三春の滝桜と共に 福島 三春村にある
3~4か所の一本桜を見て周りました。
4枚目 農作業している背景に桜などの咲く風景
長閑でイイですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2018-04-18 10:30
”三春の春”という地名、写真からも長閑な雰囲気が
たっぷりと伝わってきます。 (^_^)
by takeshi_kanazaw | 2018-04-16 10:55 | 桜シリーズ | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw