メコン川の滝は世界一!?  ラオスの旅 その20

 ラオスの旅の5日目。 前日のワット・プーの遺跡の更に南、カンボジア国境に近いメコン川へ。
 
 ” メコン川の下流に大きな滝がある ”
 これまで何処かでそんな話を聞いたことがあるような・・・。 皆さんはご存知でしたか?

 メコン川は東南アジア最大の川なんですが、中流から下流域に入るラオスとカンボジアの国境近くで、その姿が変貌します。 標高差が小さくなるためか、川の中に多くの島(中州)が出来て、川幅が10キロを超えるほど広がってしまうのです。
d0140806_15462663.jpg

 中流域のルアンパパーンのメコンとは、その様子もかなり変わってきます。 この多くの島が一種の観光名物にもなっているらしく、その島の間を流れるメコン川が各所で滝を作っているらしい。
 まずは小さな船で島へ向かいます。
d0140806_15583598.jpg

 船からの眺めはこんな感じ。 実に長閑な情景が続きます。
d0140806_1633497.jpg

 
 綺麗な写真はありませんが(何時もの通り)、周囲の情景をドンドンと載せていきましょうか。
 何やら変なものが見えてきました。
d0140806_1635857.jpg

 この島に上陸。 また変なものが・・・。
d0140806_1645160.jpg

 小さな蒸気機関車ですね・・・。
 このブログでラオスがフランスの植民地になった話をしましたが、フランスはラオス北部の木材をメコン川を利用して海洋まで運び出そうと計画。 しかし、滝があるために一部陸送、一部川流しを画策したようです。 結果は失敗。この変なものはその時代の遺物だそうです。

 現在の島の状況は、まさにノンビリしたラオスの田舎です。
d0140806_1610735.jpg

 思いのほか西洋系の観光客が多いですね。ラオスでは2月に太陽が一杯で、西洋の夏みたいですからね。
 島内の移動はもっぱらトラック。 タイではソンテウ、ラオスではどういうのか・・・。
d0140806_16125321.jpg

 フランス時代に作ったとおぼしき橋の傍にやってきました。
d0140806_16134534.jpg

 ここで昼食ですね。
d0140806_16142094.jpg

 何を食べたのか・・・。 忘れました。 その時はパクセーの宿泊ホテルが全館禁煙だったことに腹を立てて、気分がイマイチでしたから・・・。 すぐに外へ出てタバコタイム。
 「いいな~・・・。こんなログハウスに泊まればいいんだよ」
d0140806_16174860.jpg

 おそらく西洋系の観光客はこんな所でノンビリ。 テラスで日光浴やタバコをユックリと吸えて・・・
d0140806_16191594.jpg

 ログハウスの傍にはプールまでありましたね。
d0140806_1620592.jpg

 どうして日本の旅行社は都会の大きなホテルばかり泊まらせるんでしょうか。
 まー、女性客が多いし、豪華な4つ星ホテル なんて聞こえがいいからな・・・。

 島の彼方此方に、海水着で自転車に乗っている人を見ましたね。
d0140806_16231324.jpg

 この写真は最初の帰国報告のブログにも載せましたかね・・・。
 そんな姿を見ながら、最初の滝見物です。 滝がある場所はこんな竹林。牛もユッタリと歩いていました。
d0140806_16251515.jpg

 竹林を抜けると、滝が現れました。
d0140806_16262156.jpg

 「うーん、滝と言えば滝、川瀬と言えばそんな感じも・・・」 落差は数メーターでしょうか。
 川幅(メコンの一部の流れ)一杯に滝ですね。
d0140806_16283583.jpg

 下流の方に目を向けると・・・
d0140806_1629207.jpg

 「確かにこの流れ方だと、とてもじゃないが船でメコンを上下することは無理だわ」

 沢山あるメコン川の中にある島。その島の間を流れる多くのメコン川に、全て滝のような急流が存在するということでしょうね・・・。 おそらくこの一帯には硬い岩盤地層があるためなんでしょうか・・。
 更に滝巡りが続きます。 船に乗って違う島へ行きます。
d0140806_16331566.jpg

 あれあれ、お坊さんに引率されて観光でしょうか・・・。
 この川でも漁師が漁をしてますね。
d0140806_16351039.jpg


 さて、新しい島に到着。 何やら看板が立っています。
d0140806_1636396.jpg

 世界の滝10傑?  フンフン・・・。 何?メコン川の滝が世界一?
 よくよく見ると、滝の幅が10キロ以上で、世界一だ というのです。
 そう言われれば・・・。 川幅が10キロを超える川は殆どないし、そこに滝があるのは・・・。
 でも、メコンは川の中に多くの島があるじゃないか!
 まー、些細なことは言わぬが花。

 滝までの道が公園風になっている場所をノンビリと。 熱帯の花でも眺めながら・・・
 私の好きな白い花。
d0140806_1641638.jpg

 こちらはご存じ プリメイラ。
d0140806_16415086.jpg

 睡蓮は至る所で見ますね・・。
d0140806_16423196.jpg


 また滝にやってきました。 前の滝より少し迫力があります。
d0140806_16432589.jpg

 乾季ですから、木も流れないですが、雨季の時はどうなんでしょう。 ここは落差が少し大きい。
d0140806_16444211.jpg

 一番落差の大きそうな場所をパチリ。
d0140806_16452354.jpg


 「そうか、メコンの滝を目の前にすると、確かにベトナムからラオスまでメコンを遡ることは無理だと判る。 この滝は、水運から見放されたラオスの歴史を左右する、運命の滝 でもあるな・・・・」
 もしこの滝がなければ、東南アジアの歴史も、ラオスの現在の姿も大きく変わっていたでしょうね・・・。


d0140806_1711369.png
Commented by small-talk at 2018-03-18 18:20
スケールが違いますね。
もはや、本流が何所なのか分かりませんが、長さ10kmの滝ですか。。。
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-03-19 15:13
small-talk さん
本流というイメージがないですね。
まー、メコンは大河ですからね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-03-18 08:49 | ラオスの旅 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw