絵の展示会準備の巻

 昨日(12月11日)に、通っているお絵かき教室の作品展の準備をしたのですが・・・。

 恒例になっている年一度の作品展。 もう7回目になりましたから慣れてはきたのですが、その準備が大変で、作品を描くことよりシンドイ? 疲れて今日は昼まで寝てました。  まー、その苦労の一端を少し書いてみます。


 まずは作品の用意。 写真もそうでしょうが、水彩画も展示会に出すには額に入れなきゃいけない。 まずは額の調達から始まる。 私はもう6年以上やっているから、持っている額に合わせて絵を描くので、この頃は楽になりました。 最初はとにかく絵を描くことより、額を調達するのが大変でした。

 作品展が近づくと、選んだ作品を額に入れる作業から始まる。
 「あれ? あの絵は何処に仕舞ったのかな・・・・・」  私などは絵を探すこともしばしば。
 今回は5作品出すので、絵を額に入れる作業で半日かかってしまった。

 面倒なのは、額に入った作品を展示場まで運ぶ作業。
 大きな40号の作品は、額に入れると、130㎝×110㎝、重さ5キロ程度となる。
 たまたま同じ教室の仲間が外国旅行なので、彼の分も入れて9作品。

d0140806_14191638.jpg

 これらの作品を、自分の車に詰め込む。
 私たち素人集団ですからまだ作品が小さい。 日展や有名な展示会作家などは100号以上200号など、畳2~3畳分ぐらいの大きさですから、とても専門家に頼まないと搬入は無理です。 私がそんな大きな絵を描いたら、家の壁を壊さないと絵が外に出せないことになります。

 エンコラと我家から、展示場のある名古屋の中心街の栄まで運転していきました。

d0140806_14244388.jpg

 もうイチョウがスッカリ葉を落として、冬の感じになってましたね・・・。 
 しかし、栄近辺は渋滞するんですよね・・・・・。

 展示場の地下に車を入れて、台車を探して、エレベーターに載せて、会場でそれぞれ開封して・・・。
 もうスッカリ疲れましたね・・・・。
 そこから、それぞれの絵の展示の準備が始まることに・・・・。

 「もう少し左かな・・・・・。 高さが不ぞろいだな・・・・」

d0140806_14293222.jpg

 全体のバランス、一個一個の作品の位置を上下・左右を少しずつ調整して・・・・・。
 有難いことに我が教室にはベテランの先達がおられて、率先してやってくれます。 この方はなんと85歳!
 私なんかはまだひよこで、ベテランの指示通り作業をするだけですが・・・。 この間1時間以上掛かりました。

 「こんなもんかな・・・・。 照明が少しおかしいか・・・・」 入念なチェックもしてくれます。

d0140806_1435563.jpg

 私などは照明が暗くとも、明るくとも、そんなのお構いなしですが、このベテランさん達は芸が細かい。

 「さー、それじゃ各自名前と題目の入った札をつけてちょう」  最後の作業ですね・・・。
 「題名をどうしようかな・・・・」 その場になって絵の題名を考える人も・・・・。
 素人集団らしくて微笑ましい・・・・。

 私の5作品は、こんな感じで・・・。

d0140806_14394047.jpg


 「ふー、やっと終わったな・・・。 疲れたな・・・・」
 我らの教室の生徒の年齢は、60~85歳。 平均は優に70歳を超えている。 まさに老人クラブの絵教室なので、こういう体を使う作業は大変なのです。 一番元気なのは最高齢の85歳の先輩でしたが・・・。

 「もっと若い人が教室に入ってくれないとアカンはな・・・・」
 「そりゃ無理や。 若い人が平日の教室に絵を描きに来るかかいな・・・。 それでも60代がもうちょっと居てくれるといいけどな・・・。 」

 今日から展示会が始まっているのですが、順番に展示会場に詰めなきゃいけないし、作品展をやるということは結構忙しいのです。 まー、それも年寄りの刺激になっていいのかもしれませんが・・・。
Commented by odamaki719 at 2017-12-12 16:59
こんにちは♪
 絵画の展示会は準備が大変ですね。
額も自分で準備するのは大変ですよね。
私の油絵教室ではグループを作り積み立てをしてある程度
金額が出来た時に銀座の画廊ですから狭くて一人2点ぐらいでした。
額縁は画廊の近くに貸してくれるお店があって自分で選んで
おくとお店が画廊まで届けてくれるので楽でしたよ。
でも自分の絵を何処に展示するかもめるといけないので
先生が決めてくれました。自分のをいい場所に展示したい
人がいて困ったのです。その結果途中で止めてしまったの
ですよ。もめ事がイヤになったのです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-12-13 09:18
odamaki719 さん
我々は全くの素人集団ですから、すべて手作り。
教室の先生は全く指示もせず、展示会にさえ来ないというありさま。教室の講師の名前が欲しいだけのようです。
私は自宅制作なので、彼は私の絵は殆ど見たことがないはず。
まー、それでいいのですが・・・。

飾る場所は皆で適当に決めますね。
年寄りばかりで、「えーころかげん(適当)」ですからね。
この えーころかげん というのがまたいいのかも。
1~2名は市長賞などを狙って頑張ってますが、他の人(私も含めて)は暇に任せて楽しみで描いている状態ですから。
Commented by small-talk at 2017-12-13 18:56
絵は、結構、嵩張りますものね。
写真もプリントすると、嵩張りますが。
高校時代の先生が、彫刻家なのですが、地方にアトリエと倉庫を借りているそうです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-12-14 09:47
small-talk さん
素人はまだいいですが、本格派は大変だろうと。
アトリエなど借りて結構お金がかかるでしょうね。
まー、お金の高は意欲の証?みたいな感じかな・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-12-12 14:47 | お絵描き | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw