秋の木曽路  馬篭峠へ

 馬篭宿から馬篭峠へ旧中山道の道をプラプラ歩く。 

d0140806_10353618.jpg

 ほぼ2.5キロ、標高差300mぐらいの、優しい登り道ですね。
 この辺りは恵那山の裾野が広がっている場所。 所々に畑があったり、時には小さな川の流れる谷があったりという感じです。

 山の中にもモミジですね。

d0140806_10392639.jpg

 旧中山道の木曽路では、クマよけの鐘が沢山おかれています。 チンチンという鐘の音を聞きながら。
 部落の人に聞くと、クマは年に1~2度、山から下りてくるそうです。 すぐ山に帰っていくとか。

 いい天気でした。 秋の陽を浴びて、何やら白い花が光っていました。

d0140806_10421052.jpg

 近くに居た軽トラのオジサンに花の名前を聞くと、「さー、何やろね・・」

 ドンドンと、いやプラプラと、上り坂を歩いて行くと、また赤いモミジが。

d0140806_10443744.jpg

 日本の紅葉の綺麗なのは、このモミジの赤と、常緑樹の緑があるからですね。 
 いやいや、日本の秋は好いですね・・・・。

 「おや? 今日は自称芸術家のオジサンはいないようだな・・・・」
 道端にある家と小屋。 昨年に木工芸術品?作成中のオジサンと話した場所。
 オジサン推奨のモミジが窓に写って綺麗・・・。

d0140806_1057275.jpg


 少し歩くと、今度は干し芋が一杯の庭が現れた。

d0140806_10585362.jpg

 去年は確かお婆さんが庭先で芋を蒸していたが、今日は出てきてない。 庭先に置いてあった箱に100円玉を入れて、干し芋の袋を一つ。
 「干し芋なんて食べたことあるか?」 と近くを歩いていた若い女性に。 袋を開けてそれぞれに干し芋を配って食させる。 干し芋を食べながら、何ともノンビリムードの歩行が続いていました。

 「ほー、こんなに大勢の外国人グループは珍しい・・・」 

d0140806_1181335.jpg

 十辺舎一九の碑のある場所。 付添いのガイドが句の説明をしているようだ。
 ちなみに、ここの句は確か  「渋皮の むけた女はおらねども、ここの名物 栗のこわめし 」
 「江戸からきて、木曽路を見下した下手な句だ。」 と私は言うのだが・・・。

 所々にある農家の庭。 この南天の輝きは素晴らしい。

d0140806_1114591.jpg

 我家の南天と比べると、ノビノビと育っている感じ。

 フラフラと歩いて行く。 その日は結構日本人の歩く人が多かった。 どうも、バス会社のウオーキング大会が行われているようだった。 賑やかさに、家の中からお婆ちゃんが顔を出す。

d0140806_1118124.jpg

 このお婆ちゃん、よく喋る人で、私の顔を見て 「そこに竹の棒があるやろ。 杖代わりに持っていきな・・・」
 よほど私が年寄りに見えたのか。 

 言われるままに、竹の杖を片手に、歩行を続行。

d0140806_112109.jpg

 前に写っているのは菊の花ですかね・・。 こんな感じの道が多いのです。

 来た道を振り返ると、モミジが逆光気味に光って綺麗。

d0140806_11224627.jpg

 紅葉の様は光の具合で印象がドンドンと変わりますね・・・。

 本当にプラプラと歩いて、1時間以上かかったでしょうか、やっと 馬篭峠に到着。

d0140806_11243889.jpg

 下の赤いものは、バス会社のウオーキングの道しるべでしょうか。
 「ウヌ? 珍しく 峠の茶屋 が店を開けてるじゃん」

d0140806_11267100.jpg

 何時来ても閉まっていた店。 代替わりでもしたのかな・・・。 
 長らく店を閉めていた関係か、お客は誰も入っていない・・・。

 「そうだな・・・。 此処で食ってもしょうがない。やっぱり下の関所跡で持ってきた握り飯を食べよう」
Commented by aomeumi at 2017-11-18 13:21
青目
はい・・・ご一緒させていただきました。いいコースですね。時々、民家があって、おばあさんなどもいて、好みです。こういうところなら歩いてみたいです。自由に休めそうだし・・・あじさいがまだ咲いているのには驚きました。その下はマユミですね。これは我が家ではまだ咲いていません。鯵・・・身近にあるものを描くのはいいものですよね。私は描けませんが、水墨画を教えたフランス人女性は、やすやすと魚を描いていました。柿の紅葉の下の花は、山茶花です。そして・・・気がついたことは・・・伊豆の山は紅葉がありません。二本ある紅葉も、枯れ果てて散るだけ・・・そんな関係で、紫陽花も切らずに置いてもこんなふうにはなりません。いろんな条件で花も木も生きているのですね。私も紅葉せずに枯れ果てつつあります。
北京では、まだダリアが・・・暖かなのですね。
Commented by saitamanikki2008 at 2017-11-18 15:34
こんにちは。
中国 万里の長城を歩いた後に、馬篭宿出発ー馬篭峠ー妻籠宿ですか。
足腰丈夫ですね。
馬篭宿は、昔の雰囲気があるようでイイ感じです。
時間があれは、あちこち飲み、食べ歩きしながら歩きたいような気になりました。
へ~外国人も多かったですか。
外国人の一部リピーターは、都会の興味から日本的な宿場、田舎に少しづつ変わりつつあるそうですね。
干し芋 懐かしくて、食べてみたいです。
Commented by odamaki719 at 2017-11-18 16:43
こんにちは♪
 旧中山道の道をプラプラ歩くと綺麗な紅葉や窓に映り込んだ
紅葉にも出会い楽しいですね。
ナンテンの実が鈴なりで驚きです。
Commented by michika-k at 2017-11-18 20:16
こんばんは~♪
紅葉 美しいですね。
南天の実の美しいこと。青空の下 最高に輝いていますね。
おいもが干してある光景 なんかいいですね。
太陽という自然の恵みをうけ、美味しく美味しくなるのですね。
あとシイタケやトウガラシも干していますね。
懐かしくなるような光景です。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-18 23:25
aomeumi さん
そうですね、木曽路はノンビリしてますね。
この辺は別荘開発もなく、昔のムードが残っています。
山里や深い森の中をプラプラ。
偶にはいいですよ。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-18 23:28
saitamanikki2008さん
足腰は全く弱くなって来ました。
お婆さんに竹の杖を持って行けと言われたぐらいですから。
この木曽路の山道には、日本人以上に外国人が多いですよ。
この傾向はズーと前からですね。
もっぱら外国人の間の口コミ情報がその原動力らしい。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-18 23:30
odamaki719 さん
南天の実、実に綺麗でしたよ。
都会とは一味違う花や実が見られましたね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-18 23:33
michika-k さん
馬篭宿や妻籠宿は観光客で一杯ですが、山の中は全然。
殆どの観光客は山道など歩きません。
旧中山道の山道をプラプラ歩くのもいいものです。
by takeshi_kanazaw | 2017-11-18 11:28 | ウオーキング | Comments(8)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw