八達嶺長城は人の中  万里の長城巡り  その17

 旅の6日目。 北京の北西にある 張家口 から南下して、北京の西にある 「八達嶺長城」 へ向かう。

 「さー、検問が始まったな~・・・・」 北京で5年に一度の共産党大会が行われている。
 河北省の出口付近で、まず最初の検問。 検問所でバスが止められ、公安(警察)がバスへ。

 中国では公安や国家権力に関する場所の写真は撮らない方がよい。
 いや撮ってはダメ。 難癖をつけられて連行されては困るので、公安の写真はない。

 日本では警察官はソフトでにこやか。 でも中国の公安は威圧的そのもの。
 「帽子をとって、いらっしゃいませ、ぐらい言えばいいのに」 と私は思うのだが・・・・。

 僅か10分後ぐらいに、また検問。今度は北京市の入り口の検問ということ。
 「さっきやったばかりやん。 どうなっとる!」  中国では国家権力に逆らうのは得策ではない。
 ガイドのG君も、ドライバーのRさんも、まるで借りてきた猫のようにおとなしい。

 目的地の八達嶺長城は北京西の郊外なので、検問は2回だけで済んだ。北京市街地ではそうはいかない。
 中国の公安というのは、日本の警察とほぼ同じなのですが、とにかく威圧的です。

 さて 「八達嶺長城」ですが・・・。 バスから降りて、何やら町風の道を進む。
 「えー? 八達嶺ってこんな感じやったかな・・。 こんな立派な建物が沢山あったかな・・・・」

d0140806_13384048.jpg

 私は30年前から、10年に一度ぐらいの頻度でこの八達嶺に来ているのですが、来るたびに変化する。
 「まずは昼を食べましょう」 と、何やら大きな建物の中に。

d0140806_13412780.jpg

 中はまさに観光地の簡易食堂。 簡単なバイキング方式のランチ。 
 「情緒が無くなってきたな・・」 昔を懐かしむのは老人の常ですが・・・。

 八達嶺長城の入り口は、長城の谷のような部分になる。 
 北京観光をされた方の多くが、この八達嶺に来ているのではないでしょうか。 
 その入り口の看板を覚えているかも。

d0140806_13453433.jpg

 長城の北側と南側を示すものですが、日本の旅行社は勝手に左を 「男坂」 右を 「女坂」 となずけていますが、そんなことは中国人に言っても判らない。 まさに日本人用語で、北と南というのが普通語です。

 我々は日本人が女坂と呼んでいる、右側の長城に向かいました。
 「うーん・・・。 これまで歩いてきた、他の長城と全然雰囲気が違うわ・・・・」

d0140806_13511654.jpg

 人、人、人。 人だらけなのです。
 「今上天皇が訪中時に、4つ目の砦まで歩かれましたよ」
 ガイドのG君、なんと今上天皇なんて難しい日本語を使うのにビックリ。
 「うーん、天皇が4つ目の砦まで登ったなら、俺もそこまで歩くかな・・・・・」

 目の前の状況はこんな感じでした。

d0140806_13552353.jpg

 この八達嶺長城を歩かれた人は多いと思いますが、こんな感じでしたか?

 「母さん、疲れちゃった・・・・」 という感じで、石段に座り込んでいる子供。

d0140806_13574582.jpg

 そうだよね、この人ごみだからね・・・。

 更に前へ進むと、もう長城の姿は人ごみに隠れてしまう?

d0140806_13585931.jpg

 「昔はもう少し長閑な感じもあったけどな・・・・。」 いやいや、人ごみの中の長城歩きですね。

 目の前をヨチヨチ歩きの子供を連れた夫婦。

d0140806_1404552.jpg

 「ふふふ、近代化が進んでも、中国では子供のズボンは、いまだにお尻の部分が開けてあるんだ」

 砦が近づくと、しばし歩行制限する感じにまで込み合います。

d0140806_143819.jpg

 そして、砦にたどり着いて、更に前へ降りようとする時は、まさに時間待ち?状態。

d0140806_1441748.jpg

 一応、天皇が登ったという4つ目の砦までは歩きましたよ。
 長城は更に続くのですが、キリがないのでこの辺で中断。

 気を取り直して周囲を眺めると、結構綺麗な風景が広がっていました。

d0140806_1463294.jpg

 それにしても、凄い人数の観光客でしたね・・・・・。 9つ目の長城、八達嶺長城はこんな感じで終わり。

 「まー、長城巡りのツアーで、この八達嶺を外すわけにもいかないだろうけど、なんだか長城を歩くというより、賑やかな繁華街を歩いているような気分だったな・・・・」

 この八達嶺長城。北京に一番近いし、改修がよくされた、いい長城であることには違いないのですが・・・。



d0140806_14102868.gif
Commented by mahoroba-shahai at 2017-11-11 13:09
田舎暮らしのまほろばは、繁華街の人混みに、すぐに酔ってしまいます。
明日香のような雰囲気に慣れていますから・・・・・
Commented by odamaki719 at 2017-11-11 17:15
こんにちは♪
 八達嶺長城は確かに今までと違う雰囲気ですね。
観光客が多いというだけではなくて美しいです。
Commented by small-talk at 2017-11-11 17:36
子供のお尻、思わず笑ってしまいましたよ。
面白いですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-12 19:02
mahoroba-shahai さん
私も人手の多いのは苦手ですね。
この長城は有名ですから、仕方ないですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-12 19:03
odamaki719 さん
この長城が一番立派でしたね。
万里の長城の象徴ですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-12 19:05
small-talk さん
そうそう、このスタイルはなかなか廃れませんね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-11-11 08:17 | 万里の長城巡り | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw