秋陽のチベット仏教寺院  万里の長城巡り  その11

d0140806_1454119.jpg

  (普陀宗乗之廟の門に陽光が)

 承徳にある清朝の避暑山荘の近くに、乾隆帝は熱心なチベット仏教信者だった母のために作ったという、お寺というか、ミニポタラ宮という感じの廟がある。 普陀宗乗之廟というらしい。

d0140806_1531010.jpg

 清王朝とチベット仏教の取り合わせは一見奇妙に思えるかもしれませんが、かなり濃厚な関係があったようです。 ご存じのようにモンゴル人の多くがチベット仏教を信じており、清王朝の満州族も同じくチベット仏教信者が多く、モンゴルと同盟関係を保ちつつ、チベット仏教の大施主の地位にあったらしい。

 余談ですが、清王朝の版図はかなり大きく、漢や唐の時代を上回る。 東北地方は満州族の故郷であり、モンゴル族やチベット族とは同じチベット仏教を信じる同盟者的性格。更に西のウイグル族は種族的に近い古トルコ族です。 要するに漢民族と敵対していた周囲の民族とは、全て同盟関係が結べる間柄だったようで、清王朝の大きな版図は、満州族が周辺の部族を制圧したわけではなく、基本は同盟関係に近かったと想像できます。

 清王朝の建物に残る碑文は、満州語、モンゴル語、チベット語、ウイグル語、そして漢字の5か国語書かれているケースを見ますから、清王朝は東アジア世界を中心とする世界国家だったともいえます。 まるでモンゴル族が作り上げた元王朝の再来、というイメージもあったようです。

 「また登るのか・・・。 寺院に来てもすぐ上に登りたがるな・・・・」

d0140806_15233646.jpg

 チベットのラサにあるポタラ宮もそうですが、長い階段を登って行くように設計されている。

d0140806_15251486.jpg

 100段近い石段をヤッコラさ。 石段を上がるのは長城だけではないのです。

 上にはチベット仏教らしい、沢山の旗の吹き流し。

d0140806_1527132.jpg

 「30元(約500円)出せば、旗に名前を書いて吹き流しにしてくれますよ。 お金、幸運、健康と3色の旗がありますが、皆さんどうですか?」 ガイドのG君がそういう。
 「そうか、じゃー俺がやってみようか・・・」  私は気が向くと時々変なことをします。

d0140806_15304854.jpg

 左の女性はこの廟のスタッフ。 添乗員のSさんが私のカメラでパチリ。

 自分で縄を引っ張って、旗を柱の上まで上げます。

d0140806_15325936.jpg

 願いことは?  腰が痛かったので、健康を祈願ですね・・・・。

 「えー? まだ上に登って行くの?  俺は祈願したばかりだから、無理はしない・・・」
  一人で待つことにしました。 上に登って腰が痛くなったら30元が無駄になる?

 ポタラ宮のように上からの眺めがいいですね。 秋ですね・・・。

d0140806_15364143.jpg

 霞んで見難いですが、前方の小山の向こうに、清朝の避暑山荘があります。

 皆が帰ってくるのを待って、入口の場所に戻っていきます。 秋の日差しがまばゆい・・・。

d0140806_15391283.jpg

 「30元も出して祈願したから、これからは長城が歩けるようになるね」
 「それとこれとは話が別や。マイペースが第一や」


d0140806_1541128.gif
Commented by saitamanikki2008 at 2017-11-04 09:40
こんにちは。
普陀宗乗之廟の旗の吹き流し、お金、幸運、健康の3色の旗ですか。
全部 !! お願いしたい気分です(笑)
紐でしっかりポールの上部まで上げましたか。
旅先では、どうしても見て周りたい気分が先立ちますが、
特に外国での旅は、マイペースが大切ですよね。
Commented by odamaki719 at 2017-11-04 12:50
こんにちは♪
 万里の長城巡りでチベット仏教寺院に寄るのですね。
凄く華やかな寺院ですね。
色彩豊かで綺麗です。紅葉も見られましたね。
Commented by small-talk at 2017-11-04 18:11
大きな寺院ですね!
お金と幸運、健康ですか。
考えることは、世界共通ですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-05 10:39
saitamanikki2008 さん
まー、チョットしたお遊びでした。
仏教国では時々お賽銭を上げています。
私は無神論者ですが、その場所に馴染むような気分で。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-05 10:42
odamaki719 さん
一口に中国と言っても、様々ですね。
北京の北部には、小さな満州族などの自治区が点在しますね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-11-05 10:44
small-talk さん
そうですね、庶民の願うことは万国共通ですね。
難しい宗教教義の世界はまた別物かも。
きっと政治の世界も同じなのかもしれません。
by takeshi_kanazaw | 2017-11-04 07:52 | 万里の長城巡り | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw