その後のアジサイ

 我家の庭にあるアジサイ。 梅雨時に咲いた花をそのまま放置しています。

 「何とか綺麗な 茶色のドライフラワーにならないかな~・・・・」
 そんな気持ちで、庭師さんに花を切らずに数本残してもらったのですが・・・。

 1か月ぐらいはピンクの色が落ちて緑色になっていた。
 「緑から綺麗な茶色になるのじゃないかな・・・・」 とズーと見ていたのですが・・・。

 秋になって茶色になってきたのですが、現在はこんな状態です。

d0140806_9124091.jpg

 「こりゃアカン! 失敗や。 ズーと切らずに置いておく方法はダメかもしれん・・・」
 色が変な汚い茶色だし、花弁(ガク)が穴あきになっています。

 「ドライフラワーを作るには、どうも花を切るタイミングが重要なのかもしれん・・・」
 恐らく、スッカリ緑になった頃が一番いいのかもしれません。 まだ判りませんが・・・。

 なぜそんなに拘っているのか?
 そうですね・・・・。 単なる気まぐれ ですかね・・・。

 アジサイが満開の頃に、このブログにアップした写真。

d0140806_9184485.jpg

 2年越しのドライフラワー化した花や、緑になった花 など、アジサイの勢揃いが面白かった。
 もう少し綺麗な茶色のドライフラワー化したアジサイを多く作りたいのですが・・・・。

 この写真に撮ったアジサイ達もそのままに放置していますが、当時緑だったアジサイが少しずつ白っぽい茶色に変化しています。 切ったあとの変化も合わせて、観察中です。

 しかし、今年はどうも失敗ですね・・・・。
Commented by odamaki719 at 2017-09-20 15:37
こんにちは♪
 今年は長く剪定をしないでそのままだったのですね。
ドライフラワーはそれぞれに色彩が変化して綺麗ですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-21 08:23
odamaki719 さん
意外と私はこだわり派なのかも。
ドライフラワーそのものにはそんなに興味はないのですが・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-20 09:21 | 我家探訪 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw