廃屋に咲く 白い花

d0140806_95643100.jpg


 常滑の焼き物散歩道には、彼方此方に使われなくなった窯業工場が残っている。
 そうした工場は決まって、黒い板塀に囲まれている。
 恐らく、煙突から焼き物を焼く煤が出るので、白い壁は止めて、汚れの目立たいない黒い板塀にしたのだろう。

 そんな黒い板塀の周囲は雑草が生い茂っているのだが、黒い板塀をバックに 白い花 が咲いていた。
 花の名前は知らない。
 恐らく工場がまだ使われていた当時のものか、あるいは、何処からか種子でも飛んできたのか・・・。

 初秋とはいえ、晩夏のように暑い。
 降り注ぐ太陽の光の中、まるで輝いているように見えた。
Commented by small-talk at 2017-09-19 12:31
まとめて拝読させて頂きました。
焼き物散歩道、良いですね。
知りませんでした。
僕も寄れば良かったかも。
半田のミツカンなども、面白そうですね。
知多半島、奥が深いです。
Commented by odamaki719 at 2017-09-19 15:11
こんにちは♪
 先日雑木林に抱いていた白い花の名前を書いたと思いますが
センニンソウだと思います。花のあとから白い綿毛がでるので
この名前がついたそうです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-19 23:23
small-talk さん
ミツカンには古い工場跡があります。
やきもの散歩道にも窯業工場跡があり、被写体としては面白い。
私も挑戦しましたが、いいのが撮れませんでした。
貴方ならきっと面白い写真が撮れますね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-19 23:24
odamaki719 さん
見直して見ると、雑木林で見た花と同じですね。
言われるまで全然気づきませんでした。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-19 10:06 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw