開田高原の食べ物

 開田高原には、蕎麦打ち道場とか、蕎麦の店が一杯あります。 開田と言えば蕎麦という感じですね。

 私は何時もは カラマツ林の中にある 「岩魚や五平」 さんで、岩魚の炭焼きと五平餅のランチと決めているのですが、その日は店がお休み。
 「そうだな~、夏休みが終わったので、しばし休憩中か・・・・。」
 (この岩魚や五平さんの、私の恒例のランチは こんな感じです。)

 こんな時は、これも恒例の 中西屋さんの蕎麦 を食べに。
 この中西屋さん、その日に用意した蕎麦が無くなると、閉店する。 11時半ごろ店を開け、昼の1時過ぎにはもう閉めてしまうという感じの店ですが、手打ちそばのお店ではこんな感じの店が多い。

 蕎麦はザルに限る。 私は掛けそばは食さない。 蕎麦はザルそばに決めています。

 注文するのは 何時も ザルトロ2枚。

d0140806_1015151.jpg

 私はいわゆる そば通 ではありませんが、チョットは拘りが・・・・。

 ザル蕎麦は、冷たい水で洗った後、すぐにつるつると食べるべし。 10分もしない内に蕎麦が水分を吸って、ぼやけた感じになってしまって美味くない。

 ワサビはそばつゆの中に入れない。 ソバの上にワサビを塗りつけながら、そばつゆをつけて食す。
 一箸ごとに、新鮮なワサビの味とソバの味が楽しめる。

 と言いながら、トロロ芋のすりおろし が付いているのだから、決して通の食べ方とは言えませんが・・・。

d0140806_10252260.jpg



 開田高原の名物は、蕎麦の他には新鮮な野菜。 部落の彼方此方に無人の販売所があります。
 「あー、今日もトウモロコシは売り切れか・・・・・」
 数か所の販売所を見たのですが、トウモロコシのシーズンなのに、すぐ売り切れになってしまう。

d0140806_10291989.jpg

 どれも100円。 きゅうりとナスが残ってましたので、ナスを一袋購入。 箱に100円玉を入れて・・・。

 帰宅後、そのナスを我妻殿に頼んで食しましたが、ミンチ肉と絡めた ナスの炒めもの です。

d0140806_1033487.jpg

 「うーん、中国・河西回路の旅で食べた美味かったナスに、味が少し近づいてきたな・・・。」
 来年はトウモロコシを買ってこなきゃ・・・。 探せば何処かにあるし、畑で直接買ってもいいし・・・。

 少し変わったところでは、ブルーベリー。
 木曽駒牧場の傍に、ブルーベリーを栽培している農場があります。 蕎麦畑をパチリ・パチリとやっていた時、店を出していた人がいました。 その女性が愛煙家だったので、しばし一緒に喫煙タイム。

d0140806_1040216.jpg

 「昭和38年から、親戚がここでブルーベリーの農場を作ったのですよ。ブルーベリーのジュースなど如何ですか・・・。 ジャムもありますよ」
 タバコ仲間になったら、少しは売り上げに貢献しなきゃ・・・・。
 ジュースを飲んで、アイスクリームに合うはちみつ入りのジャムを購入。

 帰宅後、さっそくアイスクリームの上に、ひと匙のブルーベリー。

d0140806_1045539.jpg

 「1000ml 400円のアイスクリームが、ひと匙のブルーベリージャムで高級品になったな・・・・」

 高原の開田高原散策は、食べ物探しのプラリ旅でもありました。
Commented at 2017-09-14 14:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by odamaki719 at 2017-09-14 16:04
こんにちは♪
 「岩魚や五平」さんはお休みだったのですね。
でもザルトロも美味しそうです。
新鮮なナスを買って奥さんの手料理で美味しくていいですね。
アイスクリームのブルーベリージャムをかけると美味しい
でしょうね。いい旅でしたね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-15 07:09
<非公開コメント>さん。
ご厚意感謝します。 詳しくは貴ブログコメントで。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-15 07:11
odamaki719 さん
何時も同じ場所へ出かけるのは、歳のせいでしょうかね。
なんとなくその時期にになると、車を走らせます。
まー、従来と同じことが出来るのも良しということで。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-14 10:47 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw