止せばいいのに拘って・・

 雨の雫と蜘蛛の糸。
 蜘蛛の糸の上に雨の雫があるという情景。 これを撮ることが出来る瞬間というのは、意外と少ない。

 「蜘蛛の糸、蜘蛛の糸・・・。何処にあるのか蜘蛛の糸・・・」
 雑木林を歩きながら、蜘蛛の糸ばかり探して・・・。

 蜘蛛の糸を発見すると、すぐにグルグルと周囲を廻って・・

d0140806_1011369.jpg

 恐らく他の人から見ると、変な奴やな~ と思われるでしょうね・・・。
 ポツリポツリと雨粒も落ちてくるのに、何もない雑木林で変な写真を撮っているのですから。

 「光が問題やな・・・。光の当り具合で・・・・・」

d0140806_10145048.jpg

 止せばいいのに、私は結構 こだわり派 ですね・・・・。

 「ピントを何処に持っていくかも難しいな・・・・」

d0140806_10224083.jpg


 「蜘蛛の糸という感じをもっと出さなきゃ・・・」

d0140806_2285396.jpg


 いやいや、蜘蛛の糸を撮るのはなかなか難しい・・・。
 あまり近寄ると、自分で蜘蛛の糸を切ってしまうことになる。 被写体の蜘蛛の糸が崩壊。
 
 「もう一度あの蜘蛛の糸を撮りたい」 と思って引き返しても、その場所が判らなくなるほど、蜘蛛の糸を見つけ出すのが難しい・・。 
 止せばいいのにね・・・・・。拘るんですよね・・・。

 本人が拘れば拘るほど、周囲はウンザリするものです。
 ブログに載せる写真も、” 一番いい写真を一枚だけ ” の方がいいのでしょうがね・・・。







 
Commented by rui-asami at 2017-09-08 17:24
こんにちは~
お久しぶりです。
イベントが終わってクターッとしてました。

蜘蛛の糸は美しい!
良い写真ができましたね。
takeshi様の拘りにお付き合いしたいです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-09-09 11:12
rui-asami さん
貴女ほどの立派なことに拘っているわけではないのですが・・・。
イベントご苦労様でした。 主催者は大変ですね。
まー、低血圧にもめげず、疲れた胃も健康だったようですから、元気いっぱいなのですよ、きっと。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-08 08:03 | 相生山の四季 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw