敦煌・鳴沙山の絵  お絵かき70作目

d0140806_119953.jpg


 中国、シルクロードの旅の絵を描き続けています。
 今回は 「敦煌・鳴沙山」 の絵です。 大きさは6号、水彩画としては普通サイズ。

 昨年出かけたシルクロードの旅。 もう4度目の中国・シルクロードの旅でしたが、今回は写真や絵を沢山残そうと考えて、気が向いたら絵筆を取っています。 絵筆を取るなんてカッコイイ表現ですが、出来上がる絵はなかなか上手くいかないものが殆ど。 でも、また描くんですね、これが。

 さて今回の敦煌・鳴沙山。 
 シルクロードだから、砂漠の絵を描こうと思ったのですが、どうも絵になる情景が選べない。

 一番撮った写真の中で印象的だったのが、敦煌の町のすぐ近くに広がる砂漠。
 風が吹くと鳴くような音がするという鳴沙山。 敦煌の町に近く、あまりに観光地化しすぎて、シルクロードの砂漠のイメージがしないのですが、砂漠の形が一番綺麗でした。
d0140806_11215085.jpg

 しかし、これでは人が多くて絵にならない・・・・。

 この鳴沙山には月牙泉という、小さな泉があり、傍に楼閣があります。
 砂漠の真ん中にズーと枯れることなく水をたたえる小さな泉。
d0140806_11245637.jpg


 写真に撮ると観光客が一杯で、全く情緒がありませんから、観光客の姿をすべてネグレクトして絵に描いてみたのが冒頭の絵になります。 実はこの鳴沙山は25年ぐらい前にも訪れていますが、その時は全く描いた絵のように観光客の姿はありませんでした。 泉の周囲も散策でき、この泉に小さな魚がいましたよ。 今は柵が出来てしまって、草も生い茂って・・・。

 昔を懐かしみながら、二つの写真を頭に入れて、 適当にイメージを膨らませて・・・。
 絵は勝手に情景を作れますからね・・・。
 わずか数時間で絵は完成。

 「今回は速く描いてしまったな・・・。 絵筆を取っている時間より、画用紙が乾くのを待っている時間の方が長いぐらいだった」  砂漠なんてのは10分足らずで、楼閣は少し時間が掛かった程度。

 「あまりにもサラサラと描いちゃったから、迫力は全然。 まー、スケッチ風ということでいいか」
 私はその時の気分次第で描きますので、絵の方も気分しだいですね・・・・。
 出来不出来はその時の気分しだい? しかし、見直すと安物の絵葉書みたいとも見えるな・・・。

 さて、ポプラ並木にロバ車、ウイグルの老人、カラコルムへの道、長安の宴 と描いてきましたが、結構続いていますね・・・。 後は何を描いてみるかな・・・・。
 (過去の絵をご覧になる気が起きたら、カテゴリ(お絵かき)をクリックしてください)
Commented by small-talk at 2017-02-24 12:45
砂の造形美ですね!
でも、住みたくないな。
風が吹いたら、砂まみれになりそうですね。
Commented by odamaki719 at 2017-02-24 15:39
こんにちは♪
 シルクロードの「敦煌・鳴沙山」を描かれたのですね。
随分明るい色彩になっていますね。
バックの砂丘が美しく綺麗な形ですね。
前の塔は赤くしない方がよかったような気がします。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-02-25 09:18
small-talk さん
砂漠は住むところじゃないですね。
夏は暑いし、冬は寒い。
日本がいいですね・・・。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-02-25 09:23
odamaki719 さん
そうですか、楼閣の赤はミスマッチ?
写真は逆光で判りにくいですが、楼閣は実際の色はこんな感じでした。
色を抑えて目立たなくするか、逆に赤く強調するか・・。
気分しだいで描いてますからね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-02-24 09:07 | お絵描き | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw