大妻籠から妻籠宿へ   4.26

 馬篭から歩き始めて、そろそろ4時間近く。(通常の人の2倍ぐらいの時間) 

 ヒノキの森を下ってくると、パラパラと畑が現れ始めました。
d0140806_629302.jpg

 山ツツジとは種類も違うようですが、なかなか綺麗です。

 ヒノキの森が途切れて、展望が開けてきます。何時もこの場所で休憩。
 持ってきた夏みかんをゆっくりと食しました。これも何時ものパターン。
 歩いてきた道がなんとなくいい雰囲気。
d0140806_6341592.jpg

 「前にもこの風景の写真を見たぞ!」 という声があがりそう。
 そうなんです、何時もこの場所でミカンやバナナを食べながらパチリなんです。

 ここのヒノキの木立も好きなのです。
d0140806_637382.jpg


 人家が現れ始めました。
d0140806_638409.jpg

 大妻籠の入口(逆からいえば出口)ですね。
 大妻籠は間宿(間の宿場)で、数件の民宿が残っています。
d0140806_6404551.jpg

 この民宿に何やら垂れ幕が・・・。 「御嶽海後援会? そんな力士はいたかな・・・」

 小さな川が流れ、彼方此方に花が咲いていました。
d0140806_643369.jpg

 まさに 山里の春 と云った風情ですね。 この場所は、秋にも紅葉が綺麗に見える場所です。

 (追加 ブロ友さんがボケの花を載せられたので、私も)
 部落の家の前に咲いていたボケの花が綺麗・・・。
d0140806_12495986.jpg


 リックに入れておいた食べ物も全て食べつくし、足の方は少々疲れてきました。
 「妻籠宿の花桃はどうかな・・・・・」 多分満開じゃないかと・・・・。

 妻籠宿の町外れに到着。 すぐに川沿いの道へ足を延ばします。
 「やっぱり山桃が満開や!」
d0140806_6493661.jpg

 綺麗でしたね・・・。川向こうの山腹の白い花も恐らく山桃ですね・・・。

 妻籠宿に入って行きましたが、もう3時半過ぎで人影はまばら。
d0140806_651489.jpg


 「バスの時間はどうかな・・・」 疲れたので、南木曽までは歩きたくない。
 バス停へ行くと、なんと30分以上バスがない。

 同じバス停で外人のカップルもバスを待っていました。
 滝で逢ったカップルのような気がして声を掛けると、しっかりした英語が返ってきました。
 
 中国系の女性とインド系の男性で、シンガポール在住らしい。
 「日本の春もいいけど、秋が好きだわ。 いろんな色に染まった感じが素晴らしいわ」
 シンガポールには紅葉はないでしょうね・・・。そりゃ日本の秋がいいわな・・・。

 暫く彼らとタドタドシイ英語(私の方)で話していましたが、東南アジアの人達にとって、日本の自然は本当に素晴らしいと感じていることが判りましたね。 確かに、私も日本の紅葉と桜は世界にはない、凄いものだと思いますね。
 このシンガポールのカップルは、馬篭宿にバックして民宿に泊まるという。

 バスを待つ時間を利用して、少し妻籠宿をプラプラ。
d0140806_753148.jpg

 なんの花でしょうか・・・。 山吹かな・・・。

 道端にも色んな花が咲いていましたね。
d0140806_764486.jpg


 「そうだ、家の前の花籠を見なくちゃ」 昨年の暮れにもこの妻籠宿に来ましたね。
d0140806_782119.jpg

 「一杯花が挿しこんであって、春らしいけど豪華すぎるわ」

 妻籠宿からバスで南木曽駅へ。 南木曽駅で思わぬことに。
 「ハ~イ・・・」 なんと馬篭峠まで一緒に歩いたベトナム人のフーン君が、満面に笑みを浮かべて、手を振って近づいてきました。
 まるで知己の人に久しぶりに会ったような感じで、ドンドンと話してきます。

 彼は前の電車を乗り損ね、中津川駅に預けた荷物をもらい、早く名古屋へ行きたいらしい。
 中津川までの電車を同席したのですが、彼はコンピュータの博士号を持つエンジニアとか。
 現在はシンガポールの会社で働いているという。
 「ユーアー エクセレントパルソン! 」 博士号を持ってるとはね・・・。

 日本の得意先との商談を終え、前日下呂温泉に泊まり、木曽路を歩いたらしい。そして、その日の羽田からの夜のフライトでシンガポールへ帰るという。 イヤイヤ、世の中はドンドンと変っていきますね・・・・。


 さて、長かった木曽路のウオーキングの話もこれにて 完。

 連休に木曽路のウオーキングでもどうでしょうか?
 列車と路線バスを利用すれば、渋滞に巻き込まれず、ノンビリと旅が出来ますよ。







 
Commented by cynchia at 2016-04-26 08:12
おはようございます、旅の情景が目に浮かびます、旅した気分に。
Commented by odamaki719 at 2016-04-26 14:22
こんにちは!
 木曽路のウオーキングは色々と風景に変化があり
楽しそうですね。でも随分歩かれましたね。
いい風情の民宿もありますね。
ボケ綺麗な色で羨ましいです。このような色が好きなのです。
最後にフーン君博士と出合って偶然にしても楽しいです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-04-26 22:56
cynchia さん。
今回は読んでいる方が一緒に歩いている感じが出ればと、少し意識して書いてみました。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-04-26 23:00
odamaki さん。
ボケの花はもっと撮ったのですが、いい写真がなくて・・。
今回のウオーキングでは、歩いている人が殆ど外国人。
相手の方が私のハチャメチャの英語に合わせてくれましたね。
このコースは紅葉のシーズンも歩く予定です。
Commented by rui-studio2 at 2016-04-27 00:48
ヒノキの木立ーーーこういうところ、歩きたいです。
名前は知らないけど私は花よりも木が好きです。
それも古い大木ーーー
あれっ?誰かに似てますか?
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-04-28 10:48
rui-studio2 さん。
山の中へ行くと、立派な古木に出会いますね。
動物よりう~んと長生きしている木は、何処か凄みが在ります。
連休が過ぎたら、何処か古木探しでもやりますかね・・・。
Commented by rui-studio2 at 2016-04-28 15:46
いいですね~
写真を撮ってたくさん載せてくださ~い!
5月は何やかやと忙しくて、やはりインフルエンザの後で
すっきりしません。
年を重ねるってこういうことなんでしょうかーーー
カラっと晴れる日が恋しいです。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-26 07:31 | ウオーキング | Comments(7)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw