馬篭峠から関所跡へ   4.23

 馬篭峠から妻籠宿までは約6キロ弱の下り道になります。

 峠を越えると、木曽ヒノキなどの樹林地帯となって殆ど人家は見当たりません。

d0140806_9404826.jpg


 ピンクの花はツツジですね。上の花は山桜です。
 標高800m付近の山は、こんな状態です。 山桜の白が上手く撮れませんね・・・。

d0140806_9444684.jpg


 道の雰囲気はこんな感じです。 まー、こんな場所を歩いている感じで見てください。

 すぐに木曽ヒノキの森に入っていきます。

d0140806_9472178.jpg


 来た道を振り帰って撮った写真。彼方此方に新緑の若葉が見えるのですが・・・。
 妻籠宿から登ってくる逆コースの人にはこの場所は最後のきつい登りで、例年だと、ヒーヒー言いながらやってくる人が多いのですが。今回はどうもパラパラと会う程度。

 そうそう、このウオーキングで面白いのは、外国人との挨拶です。
 私は歩いている時に会った外国人に、必ず「こんにちわ」 と声を掛けます。
 そうすると、外国人は、100%、「コンニチワ」と日本語で答えてくれます。
 まー、日本の山歩きのルールみたいなもんですが、何時も感心しますね。

 ヒノキ林に春の日差しが綺麗です。あちこちに若い木が黄緑の葉っぱを出しています。

d0140806_9554553.jpg


 「もう少しシッカリ撮れ!」 と言われそうな写真ですが・・・。

 「関所跡の桜は咲いているかな・・・・・」
 このコースの春のウオーキングで一番気になるのは、関所跡の桜の状況。

 確か2年前は連休の前半ぐらいが満開で、昨年は連休前。 今年は桜の咲くのが早そうなので、4月19日を選んだのですが・・・。 ちょっと緊張しながら関所跡を目指しました。

 ヒノキの木々の間から、関所跡が見えてきました。

d0140806_1024691.jpg


 「咲いてるわ、正解だった。今年はやっぱり早いんだ・・・」

 ちょっと余談ですが、来る前にこの場所の桜の開花状態をインターネットで検索。
 キーワードは「馬篭峠・関所跡の桜」で検索。 ところが、トップに出てきたのは、私のこのブログの昨年の記事でした。 「これじゃ参考にならんじゃん!」

 関所跡の桜はまさに 満開状態です。

d0140806_1075080.jpg


 ひょっとしてインターネット検索している方が、この記事を見てるかもしれない?
 「2016年春の 馬篭峠・関所跡の桜は、4月20日ごろ満開でしたよ。 連休前半まで持つかどうか怪しいですよ。」

 それじゃ、ゆっくりと関所跡の枝垂れ桜を鑑賞しますか。
Commented by odamaki719 at 2016-04-23 11:43
こんにちは!
 馬篭峠から妻籠宿までは約6キロ弱の下り道は辛いですね。
足には下り坂の方がキツイ気がします。
ヒノキ林を歩くと楽しいでしょうね。
山での「こんにちは」のあいさつは常識になっていますね。
それを海外の観光客も実行しているのは嬉しいですね。
私も花類の名前を検索しているとよく自分のブログが
出てくるのですよ。(笑)
Commented by miyakokoto at 2016-04-23 18:08
うわぁ~!
 随分大自然の中へ・・・
街の喧噪から離れて自然と親しむ事は良いですネ
妻籠、馬籠は二、三度行って居ますが観光でちょっと
歩くだけでした。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-04-23 23:41
odamaki さん。
私は登りはシンドイけれど、下りは平気ですね。
まだ膝は大丈夫のようです。
インターネット検索、そんなものなのですね。
私は初めての経験だったので、笑ってしまいました。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-04-23 23:44
miyakokoto さん。
馬篭宿も妻籠宿も大勢の人が来ます。
でも、その間の旧中山道の山道を歩くのはほんのわずか。
関西からだと、日帰りで山道を歩くのは一寸忙しいですね。
春と秋は綺麗でいいものですよ。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-23 10:11 | ウオーキング | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw