スキー場の女(ひと)   お絵描き56作目  1.30

 今日はお絵描きの話。

 お絵描き教室にモデルが登場。 我々の教室にモデルが来るのは2年ぶりです。
 この教室では殆ど人物を描くことはありません。

 「人物を入れん方がいいぞ。人物を描くと絵が下手に見えるわ」
 我が教室の先生の意見では、我々生徒は人物を描くには 技量が下手過ぎる というのがその理由です。 そのため、この教室ではモデルが登場することはまずない。

 ところが教室の事務局、たまにはモデルを使って欲しい(モデルの飯の食い上げ?)という理由もあって、先生の知らない間に?モデルが登場することに。

 ヌードモデルではありません。冬の時期らしく赤い大きなスカーフに、大きなブーツを履いて現れました。

 私は何時もの通り、教室で絵を描く意欲は薄い。
 まー適当にデッサンでもしておくか・・・。
d0140806_9181859.jpg
 
 「小さい画用紙では描けんぞ。 大きな画用紙で描かなくちゃ」と先生。
 「似顔絵を描くんじゃないないから、全体のバランスをよく考えて・・」
 そんなこと急に言われてもな・・・・。

 何時もなら、このデッサンで終了というパターンなのですが・・・。
 山形へ旅行する予定が天候の都合で急に中止。思わぬ時間が出来てしまった。

 「しょうがないから、デッサンの絵に色でも付けてみるか・・・」
 ところが、先生のキツイお達しで、モデルの写真を撮ってはイケナイことに。デッサンだけで細かい状況は覚えていない・・・。

 「まー、適当に色を付けるか・・・」
d0140806_928163.jpg
 「なんか女学生が描くような絵になったな・・・。」
 ホントに カワイイ 絵になってしまった。 
 イメージだけで色を付けているので、迫力が出てこないのかもしれませんね・・。

 「バックをどう描くか・・・。教室では何時もバックを適当に色づけしているけど、あれは気に食わない。 モナリザ だって、バックはチャンと風景が描いてあるじゃないか」 素人なのに言うことだけは一人前です。

 モデルさんの服装は、明らかにスキーに行くような恰好をしている。 
 「そうだ、彼女はスキーウエアーを、意識して着て来たんだ。 それならバックはスキー場の雰囲気を出してやらなきゃ、モデルさんの気持ちが無駄じゃん」

 それからが大変。 私は数十年もスキーなど行ったことがない・・・。
 こうなるともうお遊びの感じですね。 勝手に頭に浮かぶスキー場のイメージを絵に描いたのですが、題材は全くなくて頭にあるイメージだけ。

 「フー・・・・、雪の感じがな・・・」 
 描いては直し、また違う発想でガラス窓を作り上げたり・・・。

 「こんなもんかな・・・・」
d0140806_9391930.jpg

 現在のところ、額に入れてしばしながめていますが、どうも迫力がない。
 「題名は スキー場の女(ひと)やな。題名だけはエー~感じや」

 「次の教室で同じモデルが来るのかな・・・。もう一度モデルさんをよく観察して、シッカリ描いてみるか・・・。でも、きっと変わらないかもな・・・」

 もっと丁寧に細かく描くか、逆にクロッキーのような感じで、荒っぽく描いてみるか、その時の気分で描いているので、出来上がりがスッキリしませんでしたね。
 どうも教室で描く題材の時は、描き始める構想段階がいい加減なのがイケません。
Commented by small-talk at 2016-01-30 11:19
バックが面白いですね。
スキー場近くのレストランか何かで、自分は滑らず、他の人を待っている人、みたいな感じです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-01-30 12:13
small-talk さん。
そうそう、そういわれればそんな感じ。
私の頭の中にボヤーとしていたイメージを、明確に言ってくれましたね。
バックを暗くすると、スキー帰りのスナックの女になるかも。
Commented by odamaki719 at 2016-01-30 16:18
こんにちは??
 「スキー場の女」ですか、人物は珍しいですね。
よく描けていますね。
私の油絵の先生は人物画は結構あったのですが
いつも言われていたのはまず骨格を描いてそれに
肉付けをするようにと言われましたよ。
Commented by takeshi_kanazaw at 2016-01-30 17:18
odamaki さん。
なるほど、骨格ね・・・。 勉強になりました。
人物絵は全体のバランスが取りにくい。
まずは骨格でバランスを調整すれば、そんなに滑稽にならないね。
有難うございました。
by takeshi_kanazaw | 2016-01-30 09:57 | お絵描き | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw