水彩画はB級グルメ?  夏の白川郷  お絵描き53作目 12・13

d0140806_0342682.jpg
 よく行く白川郷の合掌造りの喫茶店の夏の絵を描いてみました。
 0.1ミリのボールペンで丁寧にスケッチし、水彩絵具で簡単な色付けをしたものです。何時も水彩画らしくない、ゴテゴテと色を重ねるケースが多いのですが、今回は少し趣旨を変えてアッサリと。

 「しかし、迫力がないな・・・・」

 お絵描き教室に通い始めて5年も経過したのに、一向に上達しませんね・・・。
 どうも、私は水彩画という描き方をマスター出来ていないみたいです。

 水彩画というのは 「 早・安・楽 」な技法のようです。
 早く描ける。安い値段で資材が揃う。楽に描くことが出来る。

 ご存知のように絵画の技法はいろいろあるようですね。
 代表格は、油絵、日本画でしょうか。世界で有名な絵は殆ど油絵ですし、古い日本の代表的な絵は日本画で描かれています。現在でも有名な絵の展示会で並ぶのは、油絵や日本画ですね。

 水彩画は 早・安・楽 で、小さい頃から多くの人が親しんだ技法ですが、水彩画の国宝も見たことがないし、水彩画の名画 も聞いた事がない。

 「そうか、水彩画というのは、簡単に料理する B級グルメ みたいなものか」

 油絵はさしずめ フランス料理。 日本画は会席料理。どちらも高級な料理なのだが、庶民はそんな料理は殆ど食べない。食べるのはもっぱら焼きそばなどのB級グルメ。 水彩画というのはやっぱりB級グルメでは・・。

 絵の展示会では殆ど水彩画は出品されないし、賞の対象外のような感じですが、それは公式の晩餐会でB級グルメが出てこないのと一緒かもしれませんね。 油絵の迫力、日本画のきめ細かさを見ると、水彩画は見劣りしますね。

 「絵の技法に優劣はない! 大事なのは出来上がった作品だ」
 そんな声が聞こえそうですね。

 「まだ水彩画が描けないのに、B級グルメなんていうのは、10年も早いわ。」
 そうですね、水彩画の透明感とか、柔らかさは独特ですからね・・・・。

 私の通う水彩画教室では、どういう風に描いてもOKです。
 また、ゴテゴテと描いてもいいし、あっさり描いてもいいし、気分次第でやりますか。次は豪華なB級グルメでも目指しますか。





 
Commented by odamaki719 at 2015-12-13 14:12
こんにちは??
 今までボールペンでスケッチされないのか疑問に思っていましたよ。
やっと描かれましたね。
とてもサッパリとした夏の白川郷の合掌造が出来上がりましたね。
Commented by rui-studio at 2015-12-13 17:52
こんにちは~
私が以前勤めていたところの、副校長をされた方ですが(確か専門は英語だったような?)学校祭の時にペンがを展示されていてそれが素敵だったことを覚えています。
kanazaw様もペンで描かれたら
その方のような知性あふれる絵になるのではと思いました。
墨だけの木版画のような美しさかもしれません。
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-12-14 10:24
odamaki さん。
絵の展示会をやっていた時、隣のブースにこの技法の人が。
当番の時に、その描き方を教えてもらってやってみました。
白川郷は他にも既に墨絵風とか、ゴテゴテ風の絵を描きました。
夏はあっさり風に描いてやろうかなと今回の絵になりました。
ボールペンは描き損じ出来ないから、少し緊張しますね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-12-14 10:28
rui-studio さん。
ペンだけで描く技法もありますね。
実はペンだけの絵は大変だと思います。
影や色彩感覚をペンの一色で描くのは大変です。
まだ墨絵の方が濃淡で表現できます。
ペン画はどうするのか、考えただけでも大変。
Commented by rui-studio at 2015-12-15 01:05
あらーーー弱気ですね。
強気でどんどん行きましょう(笑
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-12-15 01:10
rui-studio さん。
ハハハ、面白いことをおっしゃいますね。
ペン画は見ただけで敬遠します。
君子危うきに近寄らず?
by takeshi_kanazaw | 2015-12-13 01:21 | お絵描き | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw