どうしてそんなに頑張るの?   11.27

 私の絵が初めて嫁入りした先のお宅の話、後編です。

 「私の作品を見てください」 と、いろいろ見せてもらいました。
 「このテーブルクロスはどう?」
d0140806_9473737.jpg
 横1.5m、縦3m以上ありそうな、テーブルクロス。 全部革製です。
 トイレの窓のガラス。
d0140806_9492722.jpg


 彼女の作品は、そのまま商品になるレベルにありますね。
 この商品になるレベルというのが凄い。自己満足の手仕事ではいけません。

 まー、彼女との付き合いも長いので、少々失礼な質問もします。
 やられている手芸教室のお金の問題や、運営状況などなど。どう見ても彼女の持ち出しのような感じがしましたね。

 「どうしてそんなに頑張るの?」
 私がそういった途端、教室を始めた経緯から、彼女の話が延々と続くことに。
 「まだやりたいことが一杯あったんですよ」

 そういえば、彼女が地域の外国人向けに、日本語教室をやったことも思い出しました。私の知らないことでも積極的に活動しておられるのかもしれません。

 「うーん・・・。 どうしてそんなに頑張るのかな・・・」
 「やりたいことをやると楽しいじゃないですか」
 「うーん・・・」

 「貴方は何をやりたいのですか」 と逆に質問されました。
 「うーん・・・」 うーんばかりですが・・・。
 「何もしないのが一番いい・・・」 と私。
 「・・・・・・」

 思い出すと、20年ぐらい前に、初めて彼女に会ったとき、彼女が作ってくれた革製の名刺入れをいただいたことを思い出しました。まだ自宅の机の中にありました。
d0140806_108498.jpg
 この名刺入れ、それ以降ズーと使わさせていただいて、少し擦り切れています。

 国内でも海外でもズーと使い続けた名刺入れ。私の仕事の大事な仲間みたいなもの。
 「この名刺入れが少し擦り切れているように、私は擦り切れ症候群かな・・・。」

 同年代でもまだ働いておられる男性も多いし、私は単に生まれつきの 怠け者 なのかもしれませんね・・・。 束縛のない時間がとにかく大好きですがね・・・。






 
Commented by odamaki719 at 2015-11-27 15:53
こんにちは??
 凄く頑張っていらっしゃる方ですね。
トイレのステンドグラスが素敵ですね。
自分の思ったことが出来るのは幸せですよね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-11-27 20:40
odamaki さん。
本人の性格・努力もあるのでしょうが、置かれた環境も影響があるかも知れませんね。
なかなか自分の思ったことが出来る人はないですからね。
Commented by rui-studio at 2015-11-28 00:05
どうして頑張れるの?と言われても、
違うのですよ―――
ものつくりをするというのは頑張るのではなく、
それを作り出すという作業自体が楽しみで、だれにも束縛さない時間なんです。
単にそういうことが好きだからやっているということではないでしょうか?
女性は大体家事をやる立場にあるから、それは束縛されている状態で(ねばならないという)、
家事をしない時間というのが自由な時間とも言えるのでは?
その時間にものつくりをするって
とても充実した自由な時間なんです。
男性も掃除洗濯食事の支度をしたらきっとわかっていただけるとおもうんですが。
Commented by iris304 at 2015-11-28 08:44
こんにちは^^

一枚目の皮のテーブルクロスに目が釘付けになりました。
これ自体がアートですから
何も乗せないでおくのが一番でしょうか?
お料理や花を載せても うるさくなってしまって
マイナスになってしまうと残念かしら?なんて思ってしまいます。

それにしても凄いです。
こちらのお宅の壁を飾るのですね〜
晴れの舞台に出られて楽しみですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-11-28 09:14
rui-studio さん。
うんうん、そうかそうか。そうだよね。
貴女のコメントで少し判ったような気がする。
確かにそうだわ。なるほど・・・・。
我妻殿の出たがり癖も、きっと同じところから出ているかも。
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-11-28 09:20
iris304 さん。
この家の居間は私には少々落ち着かない。あまりにも作品だらけ。
しかし、本人は日常でも作品を使っているので、違和感がないとおっしゃっていました。 旦那様はどうなのか聞きそびれました。
大きなテーブルは教室の作業台にもなっているらしい。
紹介しませんでしたが、大きな物入れや、小さな置物など、日常品のように使用されていました。
Commented by rui-studio at 2015-11-28 21:40
こんばんは~
そうなんです。妻はいつも家事から解放されたいと願っているもの。
決して料理、洗濯が嫌いではないけど、
やってもやっても終わらない仕事ですから。
私は、夕飯を作りたくないときは「たまに外で食べよう~」と誘います。たまーーーに、私のおごりで。
たまのことなので喜んでますよ~
そしてほろ酔いかげんで、仲良く腕を組んで帰ってきます。
たまにはねーーーー
Commented by takeshi_kanazaw at 2015-11-28 23:19
rui-studio さん。
我家では、私の食事は妻殿の都合次第です。
妻殿が作らない時は、私は勝手に作ったり外で食べます。
食べる方は平気ですが、洗濯・掃除はダメですね・・。
by takeshi_kanazaw | 2015-11-27 10:19 | Comments(8)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw