投票は白紙委任状じゃないぞ   8.13

 ほんとに猛暑が続いています。
 そんな時に相応しくない話題ですが、久しぶりの時事放談です。

 先ほどの参議院選挙で自民党が圧勝。 
 ねじれも解消し、自民党はどんどん走り出す構えを見せています。 いろんな意見はあるでしょうが、現在の間接民主主義のシステムでは、自民党は民意を受けている ということに。
d0140806_929381.png

「ほかの党がダメだから、少しは“ ましそうな ”自民党に入れた。でも、原発問題や沖縄の基地問題、憲法改正など、全部賛成しているわけじゃないぞ」
 そう思われている方も多いのでは?

 なんか現在の政治システムは腹に収まりませんね・・・。
「投票したけど、 全部任せる “ 白紙委任状 ” を渡したわけじゃない!」
 そう思われませんか? 政権と国民のねじれ現象発生?

 原発とエネルギー政策、国防と基地問題、財政再建と社会保障、目先の景気問題より、もっと重要な項目の議論で不十分な点が一杯ありますね。

 小学校の頃、主権在民 と習いました。
 日本では、我々国民が選挙で代表(議員)を選び、その代表が法律を作り、行政を監督・監視するわけですから、確かに民主国家であります。

 しかし、政党や議員に投票するしか 民意 は表現出来ない というシステムは限界があるのではないですかね。間接民主主義は欠陥もありますね。

 先日麻生副総理の発言が問題になりました。
d0140806_9301923.jpg


 マスコミは ナチスの手法を参考 という見出しでしたが、発言の全文を読むと、ヒットラーの出現は国民が彼を選んだ衆愚政治の結果であり、それを防ぐには議員がしっかりしないとダメだ、と言っているほうが真意ですね。

 白紙委任状は、雰囲気に流されると、衆愚政治になりやすい。個々の問題について、直接国民が意見を表現する手段が必要ではないですかね。

 形の上では、リコールや要望書の提出、議員の国会での質疑など、補完するシステムはあるのですが、あまりピンとこない。 有効手段は デモ ですかね。 マスコミも迫力ないしね・・・。

 頻繁に国民投票をするわけにもいかない?
 コンピュータが発達したから、もっと国民投票も検討したらどうですかね。
 憲法以外でも国民投票できませんかね・・・。

 現在では「当選しちまえばこっちのもんだ!」 と思う議員もあるでしょうね。それに対抗するには、我々は「次の選挙で落としてやるぞ!」 しかない?

 選挙に勝つことは政策実行の手段のはずが、いつの間にか政治を行うことより、選挙に勝つことが目的になっているような気がします。

 本来主権在民ですから、当選した議員は支持者だけでなく、地域、国民の意見を常に汲み取る努力をする必要があるはずですが、それは望むほうがバカと言われそう。これまでの政権を見れば明らかですからね・・・。

 しかし、本来委任状というのは、委任する範囲を限定するものです。 
 投票も 条件付きで投票する 手段はないんでしょうかね・・・。

 投票結果は、投票した我々の意思であると同時に、その結果責任を負うことになりますね。それを考えれば、やっぱり 白紙委任状 はおかしいですね。
Commented by odamaki719 at 2013-08-13 15:24
こんにちは!
 昔から自民党は好きではないのです。
今の日本の悪い部分の土台を作ったのは自民党だと思います。
そうかと言って任せたい政党が仕方なしに選んだのであって
あまりいい気になっていると今に日本は潰れます。
消費税だって財務省が好き勝手にする費用を作り出したいだけと
信用していません。自民党の政権になって喜んでいるのは官僚だけです。
Commented by takeshi_kanazaw at 2013-08-13 20:49
コメント感謝ですね。
自民党はまだ変わっていませんね。
自民党の憲法草案を見ると、古い体質が明らかですね。
何かいい方法はないもんですかね・・・。
Commented by mikaty at 2013-08-14 22:29 x
選挙は民主主義の象徴かもしれないけれど、選挙=民主主義というには違和感があると思う今日この頃。
>白紙委任状は、雰囲気に流されると、衆愚政治になりやすい。
>個々の問題について、直接国民が意見を表現する手段が必要
>ではないですかね。

全く同感です。
以前、NHKの「白熱教室」という番組で、ハーバード大学のサンデル教授が震災後の状況について、一般市民のディスカッションをさばいてらっしゃいました。
一般市民も、政策について意味のある意見がいえるのかどうか、実験のようなものかと思ってみたところ、予想をはるかにしのぐ、深くて重い討議となりました。
経済は自民に託すけれど、それ以外は自民党案は嫌という人、経済も含めて自民党が嫌という人、そんな人たちの声が、今の選挙では反映できない。そんな時代だからこそ、新しい民主主義を模索する時期なのかもしれません。
Commented by takeshi_kanazaw at 2013-08-15 08:43
mikaty さん。
民主主義は権力者から庶民が身を守る手段として発達。
これからは庶民が政治をするシステムを模索する必要があるかも。
by takeshi_kanazaw | 2013-08-13 09:35 | 時事放談 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw