ねこじゃらし   8.6

 早朝の散歩。 近くの瑞穂運動場の傍を流れる山崎川。

 春には桜が一杯さいて、桜見物に大勢の人がきます。
 時折、サーカーの グランパスの試合があると、若者で一杯になります。

 
 いつもは散歩する人、ランニングする人、結構多いですね。
 取り立てて花壇があるわけでもなく、桜並木のごくごく自然のままの散歩道。

 この季節、土手に一番多いのは ねこじゃらし 。
d0140806_9191151.jpg
 朝日を浴びて、風にフラフラ。
 この ねこじゃらし。 正式?名称は、犬の尾に似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)が転じてエノコログサという呼称になったとされ、ねこじゃらし は俗称なんですって。

 普段は目にも止めない雑草?ですが、カメラを持っていると、なぜか気になります。
 穂のひげみたいな箇所が、金色に光っていましたね。
d0140806_9255959.jpg

 陽光は素晴らしい演出家? ですね。

 ねこじゃらしの傍に咲いていた、白い小さな花。
d0140806_929588.jpg
 たんぽぽ みたいな、小さな菊みたいな・・・。 何処にでもある、雑草?
 ちゃんと花が咲いています。
d0140806_9311512.jpg
 この草の名前は? 知りませんね・・・・。

 どうも雑草風な植物ばかりに目がいきますね・・・。
 カメラで撮ると、綺麗な花より面白い?
Commented by small-talk at 2013-08-06 23:04
ねこじゃらしを手にくるむように握り、指を萎めたりすると、まるで毛虫のように動きます。
子供の時分の、懐かしい思い出です。
Commented by takeshi_kanazaw at 2013-08-06 23:29
そうですか、子供のころの思い出ですか。
頬に当てると、意外と柔らかいんですよね、ねこじゃらし。
そうそう、これでカニを釣ろうとしたことを思い出しました。
by takeshi_kanazaw | 2013-08-06 09:37 | 花撮り等 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw