お絵かき  5作目  シルクロード・天山  2.11

 私の下手なお絵かき作品を続けています。 今回はシルクロードの絵。

 これまで何回もシルクロードへ出掛けているのですが、私を引き付ける要素の一番は 「何もない砂漠と白い雪を戴く天山」

 シルクロードは中国・長安(現在の西安)からローマへの交易路。
 シルクロードの殆どが、石ころ交じりの砂漠(中国では ” ゴビタン ” という)が続きます。何十キロ、いや何百キロも、延々とゴビタンが続き、何にもありません。

 そんな無味乾燥の大地の遠くに見えるのが、天山(テンシャン)
 天山山脈は中国の西端の国境沿いに2千キロも続く大山脈。標高5千~6千メーターの雪を戴く山々が、ゴビタンから望めます。

 そんなイメージなのですが、実際に写真に撮ることは困難。
 目には鮮やかな天山ですが、写真だと小さく写りますし、天山を拡大するとゴビタンが写らないということに。

 そこで、私の頭の中にあるシルクロードのイメージを描いてみました。
d0140806_11594351.jpg


 実際には存在しない風景なので、この絵も何処か現実離れで幼稚かもしれませんね。
 遠くにあるはずの天山がやけに大きいとか、広がるゴビタンに一本だけ道が描いてあるだけ とか、とにかく現実離れした絵ですからね・・・。

 麓に広がる草原、小さく見えるパオ。 そんな風景もあるにはあるのですが、そんなシーンと天山の組み合わせは、山の中に行かないと・・・。 現実的ではない風景です。

 イメージだけで描く絵は、やっぱり難しいですね・・・。
 まー、素人が好きに描く絵ですからお許しいただいて、次回もシルクロード関係の絵を載せる予定です。
by takeshi_kanazaw | 2011-02-11 12:22 | お絵描き | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw