観るとやるのじゃ大違い   1.12

 暮れからお正月にかけて、お絵かきに熱を入れて? います。

 「どうも上手くいかない・・・。クソ!」 そんな時間ばかりです。
 一日2時間ぐらい描いていても、一向に進みません。

 「ウーン・・・。どうもパンチがイマイチだわね・・・」
 写真でも我妻殿が先生役ですが、絵のケースも専属の批評家です。

 ほぼ完成した第二作目。
d0140806_9113839.jpg

 昨年4月に旅行した、中東ヨルダンの「ペトラ遺跡・エルカズネ(宝物殿)」です。
 
 長いシーク(谷)の暗い道を歩き、やっとたどり着いたエルカズネの入り口。
 太陽に照らされて、白く輝くイメージが強かったのが頭に残っていました。

 このブログでその時の写真を載せています。( ここ をクリック)

 絵と同じ写真はありません。絵は勝手に想像出来ますからいいのですが・・・。

 しかし、ホントに思ったように描けないもんですね・・・

 若いころに職場対抗で野球をやったのですが、120キロを超える球は全く打てない。
 プロ野球観戦で、「なんで打てんのや。しっかりせんかい!」なんて言ってますが、実際バッターボックスに立つと、ピッチャーの球が凄く早くて怖いもんです。

 絵の世界でも、ダビンチの絵はいいとか、レブラントがどうの、マネーもいい、なんて言ってますが、自分で描くととんでもなく下手で、観るに堪えないもんです。

 観るとやるのは大違いですね・・・・。

 そうそう。前にこのブログに載せた「タイのワットアルーンの夕日」の絵。
 批評家の妻殿の意見を尊重して? 空を赤っぽくして、夕日らしく描き直しました。
d0140806_932597.jpg

 前は月夜みたいでしたが、少しは夕日っぽくなったかな?
 
 
by takeshi_kanazaw | 2011-01-12 09:28 | お絵描き | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw