人気ブログランキング |
先日、昔の知人からメールが。
知り合いからのメールなんてのは、最近は殆ど来ない。
私はスマホを持たないし、知り合いの多くも多分使ってない?こともあるんでしょうか。

主題は彼女の近況報告だったのですが、その中で部屋の絵を架け替えて、私が描いた絵を掛けたので、思い出してメールしてみた とのコメントが。

その絵は、私の描いたものが、唯一 嫁いだ先? にある絵です。

嫁いだ絵?の消息が・・・_d0140806_12534578.jpg

            (数年前の再掲。現物は嫁ぎ先?で、手元には写真だけが残っている)

確か、2012年に行った クロアチアのスプリットという町の ローマ時代の石畳。
多分この絵を描いたのは 2015年頃だったと思います。 

お絵かき教室に通い始めて3~4年ぐらいの頃、サラサラと何気なく描いた覚えが。
予想外に石畳の感じが出たので、その年の展示会に。 
たまたまその展示会にその知人が来てくれて、この絵を気に入られ、それならと自宅に持参した(嫁の押し売り?)

素人の下手な絵を他人様に嫁がせるというのは、考えれば失礼な話です。
その頃はそんな常識もわからず、サラサラと描いて、気に入ればどうぞ という単純な動機。

その後、段々と絵の世界のことが判り始めて、人に絵を送るのは一種 有難迷惑な話 ということが理解できてきました。私も少しは成長してきた?
「きっと彼女も有難迷惑だったんだろうな・・・」 と思っていました。

もう4~5年は経過しているのに、ちゃんと部屋に飾って頂いていると知って、
「うーん、なんと申しましょうか、恐縮の至りで・・・・・」

常識もなくて 嫁がせた絵。 
まだ元気でいるとの話を聞いて、大変うれしい思いがしましたね・・・。

「絵が下手でもいいか。気に入る人がおられれば、また下手な絵を嫁がせてもいいかもしれん・・・」
有難迷惑かもしれないけど、時には思い出作りの一役になるかもしれない・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2020-01-26 08:43 | お絵描き | Comments(2)

幼児のお絵かき

時々我が家にやってくる2歳半の孫。
来ると家中を走り回り、いろんな所のスイッチを押しまくり・・・。
「何とか走り回るのを鎮める方法はないかな・・・」

私の通っているお絵かき教室の先生曰く
「小さい子供の絵の方が面白いぞ。 子供の絵の方が自由でいい絵になるもんだ。 子供も小学校の高学年や中学生になると、下手になる。 周囲の目を気にし始めるからだろうな・・・」
そんな話を思い出して・・・。

「そうだ、画用紙に絵でも描かせておけば、少しは落ち着くかも・・・」
ということで、色鉛筆や筆ペン出して描かせてみたのですが・・・
幼児のお絵かき_d0140806_1664962.jpg

まだ3歳にならない孫、てんで絵になりませんね・・・・。

色鉛筆というのは無理かもしれないというので、その次に来た時には絵の具に替えたのですが。
幼児のお絵かき_d0140806_1616776.jpg

チューブから絵の具を押し出すのを面白がって・・・
筆を執ると、同じ場所に違う色を塗りたくって・・・。
これも絵になりませんね・・・・。

「この子は絵の才能はないんじゃないかね・・・・・」

まー、孫にしてみれば お遊びの一種に過ぎず、絵を描くなんて全然思っていない。
しかし、しかし、このお遊び。 後が大変で、服は絵の具だらけ、部屋の彼方此方も絵の具が・・・。

幼児のお絵かき遊び、よほど注意してかからないと、後始末が大変です。
そのうちに、孫は部屋中を探して、また別の遊びを考えるでしょう・・・。

次回に描きたいと言い出すと・・・、絵の具じゃなくてクレヨンがいいかもしれない・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2020-01-25 08:03 | お絵描き | Comments(4)

竹林で チョイパチ

まるで春先のようなシトシト雨が続きますね・・・。
今年の冬は天候が変ですね。名古屋ではまだ雪が一度も降っていない。

さて、天気が良かった時に相生山の竹林をプラプラした時の チョイパチ。
竹林で チョイパチ_d0140806_939302.jpg

その日は少し風があって、影が揺れています。
「竹に映る影も面白い」
竹林で チョイパチ_d0140806_9413338.jpg


本当は竹の幹?に映る笹を撮ろうとしたのですが、そんな情景は・・・ない・・・。
竹は上の方にしか笹がなくて、幹に影が映るのはズーと上の方で、よく見えない。

下を見ると、切られた竹の傍に、何やら若い木が顔を覗かせていました。
竹林で チョイパチ_d0140806_945957.jpg

この若い木、竹林の中でも育っていけるのかな・・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2020-01-24 08:35 | 相生山の四季 | Comments(2)
チョイパチ・・・、変な言い方ですが、ちょいとパチリ、シャッターを押した写真。

相生山の雑木林、時々ご近所の方がご夫婦で歩いておられるのに出会います。
日課のように歩かれている老夫婦も見かけます。

私はカメラでも持って歩かないと、ただ歩くだけというのは・・・・。
写真を撮りに来ているのか、歩いているのか、我ながら判然としませんが。
ということで、歩きながらなんとなく チョイとパチリ。

雑木林で ”チョイパチ”_d0140806_16104315.jpg

「草も奇麗やな・・・、これはシャガだったかな・・・」 とパチリ。

「落ち葉が奇麗や、太陽が当たると赤く見えるな・・・」 とパチリ。
雑木林で ”チョイパチ”_d0140806_16131271.jpg


「よく見ると、至る所に苔が生えてるわ・・・」 とパチリ。
雑木林で ”チョイパチ”_d0140806_16142062.jpg


「ほいほい、葉っぱが光ってるやんか・・・」 とパチリ。
雑木林で ”チョイパチ”_d0140806_16162434.jpg


「こちらの池では、濡れ落ち葉も光ってる」 とパチリ。
雑木林で ”チョイパチ”_d0140806_16173628.jpg



 今年は雑木林の相生山を頻繁に歩こうと思ってますが、チョイパチ が増えるかもしれません。
# by takeshi_kanazaw | 2020-01-23 08:03 | 相生山の四季 | Comments(0)
「今年は少し歩かなきゃ・・・・」
体力の衰えか、腎不全の進行か、それとも得意の怠け癖か・・・。

昨年からとにかく歩くのが億劫になっています。
今年になって、天気がいい日はなるべく雑木林でも歩こうか、なんて。

カメラをバックに、トコトコと・・・。
歩きながら、何気ない雑木林の情景をパチリ・パチリ。

畑の傍の放置された ガクアジサイ。

ホッタラカシにされている 冬のアジサイ_d0140806_15414750.jpg

このガクアジサイ、毎年のように冬の姿をパチリとやっています。
逆に、このアジサイが奇麗な時は一度も写真に撮っていないのですが・・・。

ホッタラカシにされている 冬のアジサイ_d0140806_15432557.jpg


我家のアジサイは、なぜか秋になると妻殿が全部切ってしまう。 
古いガクがそのまま残っていると、次の年の若芽が出るのを邪魔するからだそうです。

おそらく雑木林のこのアジサイは、まさにホッタラカシになっているのでしょうね・・・。
いいじゃないでしょうか、誰にも注目されないアジサイがあっても。
# by takeshi_kanazaw | 2020-01-22 08:36 | 相生山の四季 | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw