毎年、春と秋に木曽路を歩いています。 
 馬篭宿から馬篭峠を越えて妻籠宿までの旧中山道の山道。

 「今年は腰も痛いし、止めようかな・・・。 でも、止めると更に歳を取りそう・・・・」
 重い一眼レフのカメラを持って行くのをヤメ、何とか11月20日(火)に今年の秋も木曽路を歩きました。
 そうそう、首にカメラをぶら下げて歩くのは、結構腰にくるんですよね・・・。


 早朝(7時台)名古屋から中津川までJRの中央線に乗って・・・。

d0140806_9384878.jpg

 名古屋を出た頃はちょうど通勤の時間。 満員の列車に乗り込んだ感じでしたが、春日井を過ぎ、多治見を抜け、瑞浪、恵那と走って行くと、ドンドンと乗客は降りて行き、終点の中津川辺りでは、電車はガラガラ。
 「木曽路なんて歩いて、なんだか仕事をしている現役諸氏に悪いような気がするけど、まー、イイか・・・・」

 中津川から馬篭まではバスに乗る。

d0140806_9481346.jpg

 バスの乗客の殆どが 外人。 何時ものことですが、木曽路を歩こうとする日本人は殆どいない。
 日本人観光客は、ワーと観光バスに乗ってやってきて、馬篭宿とか妻籠宿を見て、サーと帰って行く。

 それにしてもいい天気でした。 馬篭宿の空は抜けるように青かったですね。

d0140806_9512014.jpg

 私のような暇人の特権というか、いい天気の日を選んでプラリと出掛けるので、好日を選べる。
 馬篭宿のお店はまだ早いので、殆どのお店が開いていない。

d0140806_9534587.jpg

 行きつけの喫茶店で、お決まりのホットコーヒーを飲まなきゃ・・・・・。
 何時もの店に何時ものオバサン。
 「私、病気しちゃって・・・。 喫茶部門は止めたんだけど、簡単ドリップのコーヒーで我慢してね」
 「まー、しょうがないな。 それでいいよ・・・・」 このオバサン、急に白髪が出てきた・・・・。
 毎年来ていると、店の方もドンドンと歳を取っていくのが判りますね・・・。

 道端で見かけるのは、やっぱり外人さんばかり。

d0140806_9553294.jpg

 日向ぼっこのお二人さん。 ノンビリムードでいいですね・・・・。

 毎年同じパターンの木曽路歩き。 それもまたいいかな・・・・・・。
 それじゃ、またプラプラと歩いていきましょうか・・・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-11-21 10:02 | ウオーキング | Comments(1)

 水彩画作品展のご案内

 芸術の秋! 
 というわけで、通っているお絵かき教室、毎年一度の作品展が来週に開催されます。
 生徒の拙い作品展ですが、ご来場を願って案内させてもらっています。


 「第8回 中日文化センター 黒瀬教室作品展」

 期間;  平成30年 11月27日(火)~12月2日(日)
       AM9;30~PM6;00 (最終日はPM5;00)
       (私は土曜の午後と日曜日に会場に詰めています)

 会場;  名古屋市民ギャラリー栄 2B展示室
       名古屋市中区役所朝日生命共同ビル7階
       
d0140806_10551276.gif



 
 私の出品予定作品を載せておきます。
 他の生徒さんの作品は静物画が多いので、私は出来るだけ旅行先の風景画を出します。
 この教室では、そう云うパターンが定着してしまっています。


 「晩秋 清朝山荘」  中国・河北省
d0140806_10592930.jpg

  大きさは20号。 万里の長城巡り の旅で出会った、承徳の清朝避暑山荘の庭の情景です。


 「張液丹霞」  中国・甘粛省
d0140806_117541.jpg

  大きさは10号。  河西回廊の旅でみた 丹霞情景の一コマです。


 「王昭君の轍」  中国・山西省
d0140806_1112225.jpg

  大きさは6号。  黄土高原の旅で訪れた 雁門関 の情景です。


 「錦秋の長城」  中国・北京市
d0140806_1117647.jpg

  大きさは6号。  万里の長城巡り の旅で登った 慕田峪長城の情景です。



 これらの作品は、このブログの カテゴリ「お絵かき」で 既に紹介していますから、まるで棚卸?
 まー、実物が初めて 人目に曝される ことになりますが、シッカリ見るのは教室の仲間だけでしょうか。
# by takeshi_kanazaw | 2018-11-20 08:00 | お絵描き | Comments(2)

 静かな竹林

 雑木林の相生山は、周囲を竹林に取り囲まれている。

d0140806_12294831.jpg

 風があると、カーン・カーン と竹がぶつかる音や、サワ・サワ と笹が揺れる音がする。
 その日は、殆ど無風状態。 全く静かで、外界の音も聞こえてこない。

 真昼に近い時刻、太陽の光が竹の隙間からこぼれてくる。
 早朝なら、もっと低い位置から光芒が望めるのだが・・・・・。


 この雑木林の竹林。 ここを訪れる人は全くいない。

d0140806_12361150.jpg

 竹林を通っている小道。 道は落葉に覆われてきた。この竹林には、所々に大きな広葉樹も生息しているので、秋になると落葉が増えてくる。

 この竹林の小道を歩くのは好きなのだが、梅雨の時期以降は やぶ蚊 が出てきて、秋も深まってくるまで、この道を歩くことは避けている。 それにしても誰もいなくて、竹林は静まり返っている。


 そんな竹林に、まるでスポットライトを浴びたような若竹が一本。

d0140806_12432258.jpg

 おそらく今年生えてきた竹だろうか。 夏から秋の台風で、横になってしまっている。
 光る瑞々しい緑が、鮮やかだった。
# by takeshi_kanazaw | 2018-11-19 08:00 | 相生山の四季 | Comments(2)

 雑木林の小さな秋

 久しぶりに行った 雑木林の相生山。

 少しは秋めいた姿。 
 でも、雑木林には煌めくような紅葉はない。


 スポットライトに照らしだされたような 小さい秋。
 秋の陽に、真っ赤な ツタ の紅葉。

d0140806_14123954.jpg



 下を見ると、前日の小雨に濡れた苔に、色づいた落葉が。

d0140806_14142440.jpg


 
 こちらでは、赤い実が秋の陽に輝いていました。

d0140806_14153175.jpg



 雑木林の秋も少しずつ進んでいきます。
# by takeshi_kanazaw | 2018-11-18 08:08 | 相生山の四季 | Comments(6)
d0140806_1612834.jpg


 岐阜県土岐市、山の中にある小さな公園。 曽木公園というらしいが、殆ど知られていない。
 ところが、この公園のライトアップに数千人の人が押し掛けている。
 まさにフィーバーという感じです。

 紅葉の時期になると、各地でライトアップされたモミジを見る人も多いけれど、この曽木公園のライトアップはまた別の味がありました。 この公園では灯りに照らされたモミジもいいですが、それ以上に池に映る姿が幻想的で、まるで吸い込まれるような感じがします。

 ところが、目には鮮やかに見えるその情景が、写真に撮れない・・・・・。
 何度も条件を変えてトライしても、目に見えるイメージが撮れない・・・・。

 一番マシな?写真を載せておきますが・・・。

d0140806_16225463.jpg

 本当にジレッタイのですが、もう ” 自分の眼で確かめてください! ” というしかない・・・。

 自宅に帰ってから、どうして池に映ったモミジが鮮やかに見えるのか、考え込んでしまった。

 どうも曾木公園の池は、深さ数十センチの作られた池らしく、深さが一定で浅いらしい。
 「そうか! 鏡と同じなんだ。 池に薄く水を張って、恐らく底は平滑な面にしてあるのだろう・・」

 条件が、南米の ウユニ塩湖 と同じなのかもしれません。

 写真の腕に自信のある方、どうかこの曾木公園のライトアップされた写真にトライしてみてください。
 池に映る、引き込まれそうなモミジと大木の感じを、バッチリと写真で再現してください。

 注意事項!
 この曾木公園のライトアップ、夜の7時まで写真を撮る時に 3脚 は使えません。
 5時30分にライトアップ開始、寒いので6時過ぎに帰りましたが、最後は何時かよく判らない。
 3脚を持っていきましたが、使っていませんので念のため。
 ライトアップ期間はインターネット等で確認のこと。 日曜日までかもしれません。
# by takeshi_kanazaw | 2018-11-17 08:09 | 紅葉シリーズ | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw