都会のオアシス?

d0140806_11384238.jpg


 昨日は恒例のお絵かき教室。
 話は絵の事より酷暑の話ばかり。

 街の中はまさに地獄? コンクリートの建物、熱くなったアスファルト。
 そんな中、フト見たとあるビルの情景が、実に涼しげでした。

 まさにそこにオアシスがある様に見えました。
# by takeshi_kanazaw | 2018-07-17 11:43 | 街の表情 | Comments(4)

 暑いです・・・

d0140806_2182859.jpg


 名古屋栄、大きな噴水があります。
 少しは涼しそうに写せるかな・・・、 モノクロでパチリ。

 この公園には小さな噴水も。

d0140806_21104396.jpg


 夏のモノクロ、涼しそうか、むしろ暑そうに感じる気もしますね・・・。

 名古屋では、今日はまた38度になるそうです。
 あ~あ・・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-07-16 09:07 | 街の表情 | Comments(6)
 名古屋栄のテレビ塔下。 名古屋城付近から南に4~5キロの公園が続いている。

d0140806_14145025.jpg

 天気のいい日には、木陰を求めて、昼の時間などは周囲のオフイスから休憩に来る人も。
 その日(多分7月11日)は30度を超える蒸し暑い条件。 さすがに人影は殆どなし。

 そこで珍しい光景が。

d0140806_14183613.jpg

 茂りすぎた枝を切っているようです。 周囲の木々がもう鬱蒼としていますからね・・・。

 しかし、枝を切ってる人。 怖くないですかね・・・・。
 私は 高所恐怖症。 あんな上に登ったら足が震えて、心臓が踊って・・・。
 おまけに 30度を超える蒸し暑さ。

d0140806_14212156.jpg

 作業監督者とおぼしき人と少し話してみました。

 「とてもじゃないが、俺はこの仕事は絶対出来ないよ。 凄いな・・・・」
 「本当はもう少し高いところまで切りたいんですが。 ホレ、あの辺の枝も切った方がいい」
 真面目なんですね、この人たち。

 「熱中症にならんように気をつけてください」 と私。
 イヤイヤ、酷暑の中のこの作業。 私には絶対無理ですね・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-07-15 14:26 | 街の表情 | Comments(2)
 いやいや、暑いですね・・・。

 最近は寝苦しい夜が続きます。
 ウトウトとしたらもう朝の太陽が出てきて・・・。

d0140806_13184321.jpg

 自宅の2階からパチリ。 5時ごろには太陽は顔を出すんですね・・・。

 朝の涼しい時にと、自転車でご近所をぐるり。
 サルスベリが咲いてました。

d0140806_13203414.jpg

 もうだいぶ前から咲いていたのでしょうか、あまり外に出ないもんですから。

d0140806_13213856.jpg


 少し離れた川沿いには白いサルスベリもあるはずですが・・・。
 早朝でも暑そうなので、そんな場所まで行きません。

 今日の名古屋は38度!
 絶対外には出ません。 老人、熱中症で倒れる なんて様になりません。

 冷房病になってもイイから、ズーとエアコンの部屋で寝ることにします。
# by takeshi_kanazaw | 2018-07-14 13:24 | 花撮り等 | Comments(4)

 古代渡来人の実勢は?

 今日は日本の古代、古墳時代~飛鳥時代ごろ日本にやってきた 「渡来人」の話。

 月に一度 日本古代の渡来人 についてセミナーを受講している。
 この話は 「まほろば紀行」 のカテゴリーで順次載せているので、読んでいただいたかも。
d0140806_11375770.jpg


 今回は渡来人最大氏族の 「秦氏」 の話の冒頭部分になる。
 ところで、有名な 伏見の稲荷神社 は、秦氏の祖霊として創建された説があり、太秦(うずまさ)という地名が残っているように、平安京建設時には秦氏の勢力が欠かせないものだったという。
d0140806_1146747.jpg


 さて、セミナーではその秦氏の話でしたが・・・。 このブログの中心は私が独自に分析?した話です。

 「古代渡来人の実勢」 という私が名づけたテーマですが、話が少しややこしい。
 結論は、古代日本経済の中枢は渡来人が担っていたのでは? という話です。

 長い文章は苦手という方はパスしてください。 興味のある方は、私が暑い中、時間をかけて分析?した話なので、ご苦労ですが読み進めてください。

 問題1 古代日本人口に占める渡来人の割合は?

セミナー講師によれば、欽明元年(西暦539年)に 秦氏は7053戸、人口換算すると19万432人という資料があり、全国に沢山の秦氏一族が居たという。(ただし秦族は総称で、朝鮮半島からの大きな渡来人グループと捉えた方がいいようです。 同時代に朝鮮任那が滅亡しています) この秦氏の人口数にはかなり信憑性があると力説しておられました。

 秦氏以外にも東漢・西漢などの渡来人グループがいたが、秦氏が最大だったという。いずれにしろその時代に渡来人が20万人以上日本に住んでいたということになります。

~ うむ? 20万人? ちょっと待ってよ。 その時の日本全体の人口に占める渡来人の割合はどのくらいになるの? ~

 私は珍しく講師へ質問。当時の日本人の人口数を聞いたのですが・・・。
 「うーん、よくわからないんですよね・・・・」 どうも古代史学者は俯瞰的分析が苦手のようです。しからば自分で調べるしかない・・・・。

 半日以上かけてインターネット検索。 その結果、日本の人口数の歴史はおおよそ以下の通り。

2~3世紀   弥生時代       おおよそ50万人。(魏志倭人伝等の資料)
4~5世紀   古墳時代       100万人前後か (?????)
7~8世紀   奈良時代       約500万人前後 (大和朝廷等資料)
        平安時代       800万人前後
        織豊時代       1000万人超
        江戸時代       3000万人で推移
        現代         12000万人

 奈良時代以降は資料数も多いのでかなり正確でしょうが、それ以前は予測段階ですね。
 とにかく渡来人が来た古墳時代~飛鳥時代に急激に人口増があったような気がします。米作の普及も大きな要因だったかもしれません。

 さて、そうすると渡来人の日本全体の総人口に占める割合はどうなる?

     {・・・・・ 20万人÷100万人=20% ・・・・}

 現代で言うなら、2500万人の渡来人が日本に住んでいることになります。
 「うーん、これは大変な数字やな・・・」



 問題2 古代日本経済に占める渡来人の役割

 秦氏の仕事は 機織りを始め、土木工事や建築など、幅広い分野の仕事をしたようで、農業分野にはあまり就業しなかったようです。まさに経済人グループで、のちに大蔵大臣を務めます。 また東漢・西漢の渡来人はもっぱら軍事・行政事務が主な分野だったといいます。

 ここで第2の問題ですが、古代日本の経済についてです。

 就業別人口は、古くは農業・漁業など、いわゆる第一次産業が主体ですよね。 江戸時代などは80%の人が第一次産業に就労していたらしい。 後の20%が商工業や行政・軍事に携わっていたのですが、この割合をベースに一次産業以外の就労人口を古代日本に当てはめると・・・。

     {・・・・・100万人×20%=20万人・・・・・}

「おかしいな・・、商工業や軍事・行政に携わる人の数と渡来人の数がほぼ一致する!」

 ということは、日本中の商工業が渡来人に占有され、役所の窓口に行っても渡来人、武器を作るのも渡来人。そこで話される言葉は全て漢語。農業や漁業しかやってなくて、漢語も判らない、話せないし書けない人はどうなるのか?

 日本の古代の実態はこんなもんだった???

「お前の分析は素人で信じられない。 そんなバカなことがあるはずがない!!」
 そうかもしれませんし、意外と私の分析?に近い社会だったのかもしれません。

 日本の古代史は主に歴史学者さん達の資料分析が主体です。 巷で取り上げられる話は 邪馬台国は何処にあった など、ミステリー気味な話ばかり。 人口数や経済の話はサッパリ出てきません。 どうですかね、もっと多方面からの分析で、古代日本の全体像を俯瞰する必要がありますよね・・・。

 暑い真夏の変な話だったですね・・・。
 これからも古代史探訪は続けますので、時々変な?話が登場します。
# by takeshi_kanazaw | 2018-07-13 14:02 | まほろば紀行 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw