タイの食べ物のお話です。
 海外で生活すると、言葉と食べ物が一番問題ですね。私は言葉の方はどうも苦手ですが、食べ物の方は意外と気にならない方ですね。
 日本でタイ料理を食べると必ずトムヤンクンという少し辛いスープがついてきますが、タイに滞在した一年と数ヶ月で殆どトムヤンクンは飲んだことがない。理由は簡単で、トムヤンクンは高いから日本から知人が来た時ぐらいに飲むだけです。
 タイの一般的な食事はご飯の上に各種の具を載せて食べる。ご飯は5から10バーツ(当時1バーツ3円、現在は4円)具が一種類5バーツ。何時も昼に食べていた屋台では、ご飯に2種類の具を載せて20バーツ。奮発して玉子焼きを載せると確か10バーツプラス。水みたいなスープが1バーツ。どう頑張っても1食30~35バーツ。トムヤンクンのような100バーツを越えるものはメニューにない。
 屋台の料理に飽いたら、週に一度ぐらいは私のお気に入りのイーサン(東北地方)料理店に行く。もち米の蒸かしたご飯(カオニャ)、焼いた鶏肉(ガイ)、それと青パパイヤを主にした辛いサラダ(ソムタム)。合計50バーツぐらいで、ささやかな贅沢。
 聞くところによると、昔はタイの食事はご飯と木の実、鶏肉と木の葉が主流で、油を使った料理は中国人が持ち込んだようです。野菜もなくてもっぱら木の葉を野菜代わりにしていたらしい。一度高級な昔風のタイ料理を食べたことがありますが、各種料理したもち米と木の実がいろんな木の葉の上に乗って出てきました。現在の中国風なタイ料理とは一味違いました。
 現在のバンコクでは中華料理は勿論、ベトナム料理、日本料理、イタリアンなど一杯あります。よく観光客が食べさせられる「タイスキ」などは日本の寄せ鍋みたいな感じで、これをタイ料理というのかなー?
 時々日本料理屋にも行きましたが、日本人が行くところはべらぼうに高い! 日本より高くて、そんな店はタイに来た日本人への接待用ぐらいですね。むしろタイがよく行く日本料理の店(結構タイ人も日本料理を食べる、味には当たりはずれがありますが)ではカツどんが50バーツとお値打ちでした。その店は結構美味しかったですよ。 
 タイ料理は香辛料が入って辛いのは事実ですが、慣れるとまた美味ですよ。特にイーサン料理はお勧めですね。

 あまり日常の食事は写真に撮っていない。下の写真はスコタイでロイカトンのショーの時に出された食事。左上の竹篭は多分カオニャ(もち米)が入っていた。木の葉や野菜がそのままで出されるのは普通です。
d0140806_2358041.jpg

# by takeshi_kanazaw | 2008-01-22 23:59 | タイ滞在記(総集編) | Comments(0)
 バンコクは都会の割りには雑然とした感じで好きな街でしたが、やっぱりタイは田舎がいいですね。暑くて決して環境は良くないですが、何と言ってもノンビリしています。
日本でも田舎に行けば同じように感じるのでしょうが、異国の田舎も格別ですね。
 タイの田舎といっても場所によって雰囲気がことなるので、まず地図を載せます。
d0140806_15384169.jpg

中央部(空色)・・・バンコクを中心にした都市群。アユタヤもバンコクの北数十キロ。
北部(緑色)・・・・・スコタイやチェンマイなど古都もあります。
東北部(黄色)・・・コラート高原。蝋燭祭りのウボン、象祭りのスリンがある。
南東部(桃色)・・・バンコクに近い所は大規模な工業団地もある。
西部(茶色)・・・・・戦場に架ける橋のカンチャナブリ、シャム湾には王室避暑地のフォアヒン。
南部(青色)・・・・・アンダマン海には有名なプーケット(地図で07の島)

北部の田舎の部落。家屋の構造は高床式です。ミャンマ国境には少数民族が多い。
山沿いでは象も多い地域。多くは観光用?
d0140806_15555467.jpg

d0140806_16132649.jpg

d0140806_1620215.jpg

d0140806_16202763.jpg

d0140806_1622506.jpg


東北部。延々と高原が続きます。雨が少ないので大きな水がめが目に付きます。
東はメコン川でラオスに接し、南はカンボジアに接します。沙羅双樹の花も見つけました。
d0140806_15584220.jpg

d0140806_1559199.jpg

d0140806_16343537.jpg


西部。所々に小さな部落で手工業もやっています。カンチャナブリのクワイ河は一大観光地です。戦場に架ける橋は今だ健在でした。
d0140806_160503.jpg

d0140806_168188.jpg

d0140806_16275134.jpg


南部。マレー半島は風が通ってバンコクより涼しい。シャム湾沿いには漁村がある。
南の家屋は意外と高床式は見なかった。蓮で一杯の大きな湖もあります。
d0140806_1624179.jpg

d0140806_1693389.jpg

d0140806_16321648.jpg

# by takeshi_kanazaw | 2008-01-20 16:40 | タイ滞在記(総集編) | Comments(0)
 これまでのタイのお話を読み直してみると、チョット変な気分がしました。そうなんです、毎日暮らしていたバンコクの実態が殆ど触れられていない。通勤していた道路脇の様子、昼飯を食っていた屋台の風景、休日にプラプラ歩いた街角・・・。普通こんなありふれた風景を写真に撮って残す人はあまり居ませんね。
 そこで初めてバンコクに到着した当時の記録を探してみたら、チャンとありました。やっぱり新鮮な気分でバンコクの街を見ていたんですね。見直してみると初めてタイに行った頃のことが思い出されます。

「バンコクって大都会じゃん!」というのが第一印象でした。

 人口650万人。高速道路が走り、高層ビルが立ち並ぶ大都会。そして街角を埋め尽くす車の洪水。まるで東京や名古屋と同じじゃないか。
しかし、1ヶ月が経ち、2ヶ月を過ごすうちに少しずつ下町の様子などが判ってきて、やっぱり日本の街とは一味違うなーということになりました。
 タイへまだ行かれたことがない方には、ありふれたバンコクの姿は案外新鮮な情報かもしれませんね。

バンコクで一番高いビル(バイヨークタワー)から見たバンコクの街。
右側奥に見えるのはチョプラヤ。
d0140806_18374971.jpg


日本人が多く住むスクインビットの街角の風景。
日本語のカンバンが珍しくない。近くの蕎麦屋によく行きました。
d0140806_1843113.jpg


BTS(モノレール)。3分間隔ぐらいで凄く便利。少し冷房がキツイのが不満でした。
d0140806_1844681.jpg


夜のスクインビット通り。渋滞の時は数十分間全然車が動かない。
d0140806_18481465.jpg


クリスマスシーズンのデパート。
d0140806_1851398.jpg


王宮とチョプラヤの間にある食料関係の卸市場。何処かホットする感じ。
バイヨーク近くの繊維関係の下町のお店街など、彼方此方にごみごみした商店街がある。
d0140806_18521519.jpg


卸市場のチョプラヤの渡し。この渡しに野菜が船で持ち込まれる。
d0140806_20424516.jpg



カフェレスト。日本のような喫茶店がない。
タバコを吸いながらコーヒを飲みたい時は冷房の聞いてない外のテラスに追われる。
d0140806_18582317.jpg


街の何処にでもある寺院。街外れでも凄く立派なものが多い。
d0140806_191232.jpg

# by takeshi_kanazaw | 2008-01-14 19:06 | タイ滞在記(総集編) | Comments(0)
 バンコクの西数十キロにある丘から毎日こうもりが百万匹飛び出すというのですが、どうもイメージが沸きませんでした。とにかくどんなものか見てやろうと出かけました。
 こうもりが飛び出すという場所はお寺の横の小さな洞窟で、横幅は10メーターぐらい、高さが2~3メーター程度の小さなものです。“こんな所から百万匹も出て来られるはずがない”と半信半疑でこうもりの登場を待ちました。
 確か夕方近くだったと思いますが、突然ウンカのごとく小さな黒いものが洞窟から勢いよく飛び出し始めました。その黒い集団はまるで川が流れるように延々と続き、大空に大蛇がうねるように流れていきます。
“ウーン・・・・”
 あっけに取られて観続けていましたが、その黒い流れは途切れることなく延々と続き、結局1時間もその状態が続きました。
 洞窟近くまで山を上がって見ると、こうもりが飛び立っている状況は、洞窟の出口一杯に押しあうように飛び出していて、2~3秒に百匹以上は飛び出している感じでした。それが1時間続くと・・・・・。働かない頭で掛け算をし続けました。なるほど百万匹というのもあながち嘘ではない。
 この百万匹のこうもりは数十キロ離れたシャム湾まで飛んで食べ物を取り、明け方にまた帰ってくるそうです。

d0140806_819582.jpg

d0140806_8194418.jpg


 洞窟近くに行くと凄いアンモニア臭がして、鼻がゆがむぐらい臭い。百万匹のこうもりが狭い場所で一斉に排泄するのだから当然といえばそうですね。但しこの排泄物はリンを多く含み、火薬の材料として重要な輸出産物だと言うのですが・・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2008-01-14 08:22 | タイ滞在記(総集編) | Comments(0)

私の好きな仏像

 引続きタイのお話です。
 タイが仏教国であることは、結婚するので坊主頭になったタイの青年の話でもよく判ったと思います。
 珍しく私がタイに滞在中にお寺参りを繰り返すことになりました。別に信心深くなったのではありません。たまたまタイでお世話になった旅行会社の社長さんが東洋美術に造詣が深くて、タイ各地のお寺を廻るツアーを企画するのに何時も付き合っていたに過ぎません。
 彼女(社長さんは元気なオバサン)はお寺に行くたびに詳しく説明してくれるのですが、私にはチンプンカンプン。仏像の指の位置がどうの、顔立ちがどうの、台座の作り方がどうの・・・延々と専門的な説明がされました。
 私は彼女に言いました。“貴女の説明は判らない。見て気に入った仏像があればいい。要はフィーリングだ”
 最初彼女はご立腹の様子でしたが、ツアーへの参加回数が多く(恐らく20回以上)上得意になったからでしょうが“そういう見方もあるわね”と妥協。
 そこで私はバンコク近郊は言うに及ばず、古都スコタイや南タイなど至る所で仏像と対面することになりました。繰返しますが私はフィーリング優先なので、その仏像の由来などまったく覚えていません。

(金ぴかの仏像はイマイチ)
 バンコクなどの大きなお寺の仏像は金ぴかで、どうもいただけなかったですね。現バンコク王朝は成立後200年程度の若い王朝ですから、古い仏像はないのでしょうが。
 多分これはエメラルド寺院の仏像。立派だけど・・・・
d0140806_23144470.jpg


 バンコク近郊の大きな寺院の仏像。タイ女性はたまたま写ってしまった。
d0140806_23155279.jpg


(洞窟の中の仏像は面白い)
 南タイの鍾乳洞の中の仏像。タイは石灰岩が豊富で、いきおい各地に鍾乳洞があります。陽光が降り注いで結構荘厳な感じになります。
d0140806_23165770.jpg


(私の好きな仏像)
 スコタイ近郊の原野に残された仏像。顔がいいと思いませんか?
 この時はたまたま日本の秋篠宮一家がスコタイに来ていて、ご一家がこの仏像を見学するので一時間以上待たされた。近くで見ると秋篠宮妃の紀子さんはなかなか綺麗な人だったですよ。
d0140806_23175138.jpg

# by takeshi_kanazaw | 2008-01-10 23:20 | タイ滞在記(総集編) | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw