d0140806_626410.jpg

  (清朝避暑山荘の公園)


 万里の長城を巡る旅、4日目は清朝時代に作られた避暑地の町 「承徳」 巡りから始まった。
 承徳は北京の北250キロぐらい、燕山山脈の涼しい高原地帯にあり、避暑地として有名。

 「来るたびに町の様子が変わってしまうよ」 とガイドのG君。 今や300万人を超える大都会。
 清朝時代には、暑い北京から、皇帝をはじめその家族もこの承徳に移動。 小規模ながら紫禁城のような宮殿や頤和園のような広い公園があり、避暑山荘というより小さな夏の都という感じ。

d0140806_6395942.jpg

 構えも大きくて、砦こそないけれどまさに宮殿風。 全体の姿は下の案内板のようである。

d0140806_642182.jpg

 宮殿のほぼ中央、王座がそのまま残っている。 紫禁城を小型にした姿。

d0140806_6431996.jpg

 この建物には謁見の間とか、執務室、寝室がある。 寝室は意外と質素?

d0140806_644403.jpg

 面白かったのは、その皇帝の寝室に通じる、小さな扉。 この扉を通って、夜のお勤めを果たす女性が、宦官に導かれて皇帝の寝室に入って行くシステムだったらしい。

d0140806_6473773.jpg

 「あの悪名高き西太后も、この扉を通っていたのかな・・・・」
 この皇帝の寝室の西側に、西太后の住まいがある。 ちなみに皇帝の第一夫人を東太后と呼び、第二夫人を西太后と呼ぶらしく、個人名ではない。

d0140806_731346.jpg

 中国の諺に 「雌鶏鳴いて国滅ぶ 」 というのがあるが、清朝末期の状態はまさにこの状態。 国家の中枢をそんな姿にした中国人そのものに問題があるが、特定の個人に権力が集中するパターンは現中国でも見られる傾向で、これは国民性かもしれない。 西太后のようなバカげた存在が国を滅ぼす。

 この避暑山荘は、乾隆帝の頃に整備されたものらしく、広い庭園が広がっている。

d0140806_7101164.jpg

 承徳は少し標高が高いのかもしれず、秋の気配が濃厚であった。

d0140806_7111991.jpg

 この避暑山荘は世界遺産ということだが、もっぱら近郊の庶民の憩いの場になっている。

d0140806_7123125.jpg

 老若男女が思い思いの時間を過ごしているのが微笑ましい。

 冒頭の写真は、そんな広い庭園で見つけたワンショットです。



d0140806_7142885.gif
# by takeshi_kanazaw | 2017-11-03 07:14 | 万里の長城巡り | Comments(2)
 旅の3日目。 
 ダム湖に沈んだ長城を見てから、またバスで移動。 田舎道が続きます。

d0140806_10494826.jpg

 買った地図を見ても、何処を走っているのかよく判らない。 しかし、どうも1日目に来た清東陵に近い場所のような気がするのだが・・・・。

 結構立派な建物群が現れた。

d0140806_10525917.jpg

 「黄崖関長城」 というのだそうだ。 この付近は山の崖が黄色くて、夕日に照らされると黄金に輝くという。
 全体のイメージとしては、こんな感じ。 案内板の絵の方が判りやすい。

d0140806_10552967.jpg

 山が平野に落ち込む地形のような感じ。 
 「万里の長城というのは、周囲の山が平野に接する場所に作られているのだな~・・。 ここを下に行けば華北平野となって、北京をはじめ中華の国の中枢部分に押し寄せることが出来るわけだ」

 とにかく長城を目指して登って行く。

d0140806_10595667.jpg

 まだ長城ではなく、その下の砦というか、お城の階段に過ぎない。
 「あ~しんど。 この石の坂もシンドイな・・・・」
 やっと? お城の上に来た。

d0140806_1121134.jpg

 「さー、それじゃ長城を歩きましょうか・・・・・」
 もう私は皆から遅れ始めている。

d0140806_1132811.jpg

 他の人はドンドンと登って行く。

d0140806_114217.jpg

 私は? あくまでもマイペース。 そんなに急いで何処へ行く?
 そのうちに、前を行く人たちから声が。
 「早く上がってこいよ!」

d0140806_116370.jpg

 「先に行ってくれ! 俺はマイペースで行くから・・・・」
 親の仇じゃあるまいし、何も長城を懸命に登ることもあるまいに。
 腰は痛いし、スピードを上げると息が切れるし・・・・・。

 一人でノンビリと周囲の景観を愛でて・・・・。
 「黄崖というけれど、全然黄色くないじゃん。」  反対側の山に伸びる長城が見えます。

d0140806_1195925.jpg

 やっと、みんなが通り過ぎた砦に到着。
 「ここらで一服するか・・・」 とタバコを取り出して・・・・。

d0140806_11112930.jpg

 この長城の付近は柿の木が多いですね。 もうスッカリ実が赤くなってきています。
 「そろそろ紅葉し始めたな・・・・・」

d0140806_1113375.jpg

 黄色くなっていく木々。 この時は確か10月20日、少し紅葉には少し早い?
 ここで2本目のタバコ。 もう更に上に登る気が無くなって、周囲を眺めているだけ。
 鮮やかな赤色を探すと。 ありましたね・・・。

d0140806_11162131.jpg

 ウルシの木でしょうかね・・・。 この木だけが赤くて、外は殆ど黄色か橙色ですね・・。
 他には、ツタが真っ赤でしたね。

d0140806_1118728.jpg

 中国ではもみじのようなカエデ類が少なくて、日本の秋のように真っ赤な紅葉は無いのかも・・・。

 タバコを数本吸って過ごしているうちに、他のメンバーが帰って来ました。
 「結構シンドカッタな~・・・・。 スッカリ汗をかいてしまったよ」

d0140806_1120356.jpg

 「ご苦労さんでした。 ほー、ジャンパーを脱いで腰にまいて、寒くない?」
 「暑いくらいだよ、早くシャワーを浴びたい気分や・・・」

 Nさんのように、一生懸命長城を歩くとスッカリ汗だくになるんですね。
 その後、彼はシッカリ汗を拭いていましたね。 体調管理が上手い人でしたね・・・。

 しかし、まだ長城を巡る旅はまだ3日目。10箇所の長城を登る予定ですから、まだ4つ目の黄崖関長城で皆と一緒に登れないことを悟ってしまった私。 日頃の不摂生のせいもあるけれど、歳のせいでもあるかな~・・。 これからどうなることやら・・・・。 まー、マイペースで行くしかないかな・・・。

 それからまた長い時間バスに揺られて北上。
 その日の泊まりの 承徳 に着いたころは、スッカリ夕闇が迫る時刻になってました。

d0140806_11254619.jpg



d0140806_11261243.gif
# by takeshi_kanazaw | 2017-11-02 11:26 | 万里の長城巡り | Comments(4)
 旅の3日目、昼食後にいよいよダム湖に向かう。

d0140806_1785790.jpg

 遊覧船があるわけでもなく、小さなモーターボートに乗るようだ。
 全員、と言っても僅か10名足らずだが、ちゃんと橙色の救命服を着込んで出発。 (と思っていたのですが、写真を見ると着ていない人が多かった。)

d0140806_1711242.jpg

 後ろに見えるのがダムの堤。 みるみる遠ざかっていく。

d0140806_17334482.jpg

 このダムは 潘家口ダム と呼ばれ、結構大きなダム湖が広がっている。
 約40年前頃にダムが建設されたらしいが、そのためにこの地域にあった 「潘家口長城」 がダム湖に沈む結果となった。

 5分ぐらい行くと、周囲の山の頂に長城が見えてくる。

d0140806_17155482.jpg

 「な~るほど。 確かに長城が山から下に降りてきているわ。 ダム湖の底に長城があるんだろうな~・・」
 季節によってダム湖の水位が変化するので、長城の見え方はいろいろ。 この季節は水が多いので、殆どの部分が水没しているらしい。 聞くところによると、水中の長城を見るためにダイバーが潜るらしいが、詳しいことはよく知らない。

 とにかく岸というか、長城が水面に顔を出している箇所に到着。

d0140806_17212938.jpg

 辺りは全然観光地という雰囲気はない。 どこか田舎の湖の湖畔にたどり着いた感じ。
 「ダムに沈んだ万里の長城なんて、聞いた時は面白そうと思ったけね。 実際はどうもピンとこないな・・・」

 何やら草に覆われた小道が続いている。 とにかくその小路を歩いて行く。

d0140806_1725616.jpg

 「長城が見えてきたぞ。 そうか、我々が歩いている小道は、長城の上なのか・・・・」
 歩き始めた時はそんなこと判らなかったですね。

d0140806_17263167.jpg

 さらに行くと、この小道は先に何やら障害物があって通れません。 前に歩いていた人が帰って来ました。
 「長城の見える山には登れないんだってさ」 と元気者のNさん。 彼が登れないなら誰も登れない。

d0140806_17322926.jpg


 何もないところだから、帰るしかない。
 上から見た方が、ダムに沈む長城がよく判るとは思いますが・・・。
 世の中、そうは簡単に行かないもんです。

d0140806_17302257.jpg

 前方に何やら農家らしき家が見える。 長城の上に家を建ててしまった?
 まー、40年も経てば、家も建つのかもしれん。 どんな生活をしているのか・・・・。

 再びボートに乗って帰る。 振り返ると、我々が歩いていた草の小道がよく見えた。

d0140806_17365781.jpg

 「ここから見ると、あの小道は長城の上だったということがよく判るわ。 確かに長城だ」

 ボートは水しぶきを上げて帰ります。

d0140806_17383733.jpg

 少し見えずらいですが、左右の頂に長城が連なり、その中央にダムが広がっています。 確かにダムに沈んだ長城でしたね・・・・・。
 「まー、これは話のタネにはいいんじゃないか。 なんたって殆どの人がこんな所に来てないだろうからな・・」


d0140806_17421155.gif
# by takeshi_kanazaw | 2017-11-01 08:06 | 万里の長城巡り | Comments(4)
 旅の3日目、山海関を出発して、バスはひたすら走っている。

 周囲の風景はまさに田舎の道。 

d0140806_16185693.jpg

 その日の朝はドライバーのRさん、盛んにぼやいていました。 どうも予定の道路が道路工事で通れなくて、遠回りのルートでしか行けないらしい。 ガイドのG君は一旦北京に近いコースになるという。
 「今日は600キロ走ることになるよ・・・・」 我々はその辺の事情はよく判らない。

 なんだかトラックが一杯で、渋滞気味になってきた。

d0140806_16232135.jpg

 「道路工事の影響と、北京で行われている5年に一度の共産党大会の影響かな・・・」 とG君がぼやく。
 この時期は北京近くの道路の至る所で厳しい検問が行われていた。
 検問が過ぎて(検問の状況は写真に撮れません。しょっ引かれたら困るから・・・) 道はまた田舎へ。

d0140806_16271059.jpg

 中国の北部では水田はないので、多分コーリャンか何かの畑が広がります。 黄土高原ほど貧しくはなく、結構農産物は豊な場所のようですが、我々には草が生えている程度にしか見えない。

 サービスエリアに到着。 給油とトイレ休憩。

d0140806_16305972.jpg

 最近の中国は各道路にサービスステーションが出来て、汚いトイレから解放されつつあります。
 その休憩所で、メンバーが集まって何やら見入っています。

d0140806_16333454.jpg
 
 この旅行は万里の長城を10か所も巡る旅なのですが、まさか千キロを超える万里の長城を歩き続けるわけにはいかない。 ポイントの場所を訪ねる形ですが、その走るルートがサッパリ判らない。
 「おいGさんよ。俺たちは一体何処をどう走ってんだい?」 という声が。

 簡単な看板の地図で説明を受けてもイマイチピンとこない。
 「地図を買おうよ、河北省の地図を買ってちょうだいよ」 と、サービスエリアの売店へ直行。
 買った地図ですが・・・・・。 中国語で(当然ですが)細かすぎて、よくよく見ないと・・・。

d0140806_1640249.jpg

 右下の山海関から、その日の泊まりの承徳(地図の上の方にある町)へ向かっているらしく、これから地図の中央の「藩家口長城」の見学をするらしい。 よくよく見ないと判らないですが・・・。

 余談ですが、海外のパック旅行で、観光地は見たけれど、全体の見学ルートはサッパリ判らなかったというケースがよくありませんか? 自分で計画される方はシッカリと旅行ルートを作られますが、パック旅行は全く相手任せになりますから、日本へ帰ってきても自分がどう廻ったのか全然判らない。

 道は更に田舎の方へ。

d0140806_16471939.jpg

 長閑な農村風景が続きます。
 時折田舎の小さな町を通ると、露店などが見られて、面白いですね・・・。

d0140806_1649371.jpg

 オジイサンの来ている服装も、なんとなく田舎っぽくていいですね・・・。
 我々のバスはドンドンと山の方へ進んで行くようです。川が見えてきました。

d0140806_16513641.jpg

 揺れるバスの中で、メガネを掛けて地図を見ていたのですが、結局走っている道がよく判らない。

 突然大きなダムが見えてきました。

d0140806_16533721.jpg

 「そうか、これから見学するのは、ダムに水没した万里の長城ということか・・・・」

 「昼になったので、お昼ご飯を食べる場所へ行きますよ」 とガイドのG君。
 バスはダム近くの山際へ入って行ったのですが・・・・・。
 「ウム? これが我々の昼食の会場?」

d0140806_16564451.jpg

 どう見ても、農家が観光客を目当てに作った、バラックの急造食堂?
 横の畑に野菜も植わっています。

d0140806_16585073.jpg

 青いのは白菜? 赤いのは唐辛子。 他にもいろんな野菜が。 そしてこの畑の横には鶏やカモが飼われていました。 

 さて、この急造食堂でしばし休憩。 お茶が出てきたのですが・・・・

d0140806_1712984.jpg

 へちゃげたヤカンに、何やら間に合わせのふたがついてます。
 「面白いな、いやこれは面白い。 ヤカンぐらい新しく買えばいいのに・・・・・」

 出てきた料理はこんな感じ。

d0140806_1741168.jpg

 まさに自家製食材を使った、自然の香り一杯?のご馳走です。 味は? ごくごく普通の味でした。
 メンバーの中には、ヤカンの姿に食欲を失った人も。

 珍しく手の込んだ料理がこれ。

d0140806_1771844.jpg

 河北省の南の河南省でよく食べている食べ物で、小麦粉を練って揚げた袋に、いろんな料理を自分で入れてかぶりつく感じ。 私は 中国式マック と名付けていますが、マックよりズーと美味しい。
 食べ方をメンバーに伝授したのですが、どうも皆さん、この面白い食堂の昼飯はお気に召さなかったようです。


 それはそうと、この旅行記、綺麗な風景も出てこないし、世界遺産も出てこない。
 変な旅行記?ですが、まー、私の書く旅行記は何時もこんな感じですので悪しからず。


d0140806_17152222.gif

 
# by takeshi_kanazaw | 2017-10-31 08:15 | 万里の長城巡り | Comments(2)
 万里の長城巡りの旅の3日目。 長城が海に入る山海関の宿で起床。

 「いい天気やな~・・・・」  旅も3日目ぐらいになると、朝の目覚めが早くなる。
 「チョット宿の周辺をプラプラしてみるかな・・・・」

 昨夜ライトアップされていた、大きな門が朝日に輝いていました。

d0140806_918481.jpg

 外気は少々肌寒い。 名古屋と比べると5度ぐらい低い感じですが、風がないのでジャンパーでOK。
 小さなカメラをポケットに入れて、宿の周辺を歩いてみました。

 この門、近くで見ると結構大きい。 どうも天下第一関という東門より小さいけれど、立派な構えです。

d0140806_9222876.jpg

 門の下の道を三輪車や自転車に乗った人が通って行く。 中国の大都会ではなくなってしまった情景ですね。
 この山海関地域は人口が約15万人。 中国では小さな田舎町ですね・・・・。

d0140806_10007.jpg

 古い大きな城壁の下の道路を、三輪車や自転車が通り抜けて行く。
 まさに中国の田舎町の感じですね。 乗用車で埋め尽くされた西安とは一味違いますね。

 門の反対側は小さな商店街のような感じです。ひょっとしたら、この道は町のメイン道路?

d0140806_9282917.jpg

 西安でも城壁の門の近くに商店街が生まれていますが、同じような感じなのかもしれません。

 メイン道路と思しき道を一歩離れて、この道とクロスする道路に入ってみましょうか。
 早朝の田舎の生活道路という感じです。 観光旅行には縁遠い情景ですが、田舎の路地を歩きたがるのは私の癖ですね。有名な観光施設もいいですが、何気ない生活の場も面白い。

d0140806_9342499.jpg

 昔ながらの中国の田舎町の通りですね。 左側の店では商売開始とばかり、朝食のお粥の準備をしていました。お世辞にも綺麗とは言えないお店で、カメラを向けられませんでしたが、店主のお兄ちゃんが大声でお爺さんと喋るのに夢中。

 少し奥に入った路地。 奥には昔ながらの瓦屋根の家屋。道端の汚い?コンクリートの家屋は、数十年まえの近代的な店だった? こんな建物が広がっているのが、中国の田舎町の常ですね。

d0140806_9411235.jpg

 大都市では早朝に道路を掃除する人の姿がありますが、田舎町ではないのかもしれません。

 反対側の道路も歩いてみましょう。

d0140806_9431659.jpg

 左側には古い建物が並んでいます。 この場所は結構古くからあった通りなのかも。
 自転車に乗った人がいましたね。 都会では殆ど電気自転車ですが、田舎ではまだ自転車が主流?
 ズーと先は、恐らく畑の広がる場所になっていく感じでしょうか・・・。

 この通りの右手に我々が泊まった宿がありました。 結構大きな建物でした。

d0140806_9482586.jpg

 もう少し古くなってきていますが、昔はこの街の一流宿?だったのかもしれません。
 宿の裏手を覗いてみますと・・・。

d0140806_950885.jpg

 家並みともいえないし、農地ともいえないし、田舎の曲がりくねった道が続いています。 田舎ではこんな感じの場所が一杯あります。土地の所有権は全て国だから、どうも土地活用にきめ細かさがないのかも。

 何気なく歩いていたら、壁にこんなものが。

d0140806_953451.jpg

 中国ではよく見かける光景ですが、道の壁に絵が描いてあります。 田舎町の何の変哲もない街角の壁に、こんな凄い絵が描いてあるのですね・・・。 ボカシの技法は凄く上手い。 誰が描いたとも記されず、ごくごく普通に描かれた絵ですが、さすが中国ですね・・・・。

 「さて、3日目は何処へ行くのかな~・・・・。 恐らくまた長城を歩かされるのだろうな・・・・」


d0140806_9575586.gif
# by takeshi_kanazaw | 2017-10-30 09:57 | 万里の長城巡り | Comments(5)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw