<   2017年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 チョット贅沢なランチ

 ブロともさんが、いろんな料理をブログに載せておられる。 料理をテーマにされる方も。
 「今日はうどんとラーメンとどちらにする?」 というのが我家の何時ものランチ。 いかにも侘しい話ですね・・・。

 せっかく海辺にドライブした先日、行きつけの小さな海鮮料理屋で、一番高い定食(一人前2800円!)を食したので、そのお話を。 最近の我家のランチでは凄く贅沢な食事でしたので。

 名古屋の南、知多半島の海辺近くには、民宿を兼ねる小さな料理屋が一杯あります。特に高級な料理が出てくるわけではないのですが、名古屋よりは新鮮でお値打ちという感じ。 そんなお店の家の一つが何時も立ち寄る店。 そして、頼むの料理も何時も一番高い定食。
 
 私はどうも保守派というか、めんどくさがり屋というか、白川郷や開田高原など、行く先々で立ち寄る店は何時も同じで、頼む食べ物も何時も同じというパターンが多いですね・・・。

 口取りの次に出てくるのが、刺身 と相場が決まっています。

d0140806_15335368.jpg


 私は瀬戸内の漁村生まれなので、魚の味には敏感。 生家ではピチピチ跳ねている魚を刺身にしていたので、変なものが出てくるとすぐわかる。
 「いろんなものが出てきたけど、マーマーかな・・・・」
 生家では一種類の刺身がてんこ盛りで出てくる。 種類の多いのはさすが料理屋さんですね。

 次は煮魚。 このお店は時々出てくる順番やネタが変化するのも面白い。

d0140806_15374912.jpg

 「こりゃダメだ。 煮魚に甘みを加えるのはダメだ」
 この店だけじゃなく、魚を煮る時みりんを使うケースがほとんど。 みりんはイケマセン、酒だけでいい。
 この店の若旦那、何処かの料理屋で修業をしたみたいで、豪快な漁師料理ではないみたい。

 今度は茶わん蒸し。 

d0140806_1543475.jpg

 エビが入っていて、海辺らしい。 刺身を食いながら、煮魚にも箸を動かし、茶わん蒸しも。 忙しい・・・。

 磯料理らしく、貝の焼いたのも出ました。

d0140806_15474913.jpg


 「今日は揚げ物は出ないのかな・・・・」 と思っていたら、ちゃんと天ぷらが。

d0140806_15464991.jpg

 この辺になると、結構満腹感が出てきました。 歳のせいか、食が細くなったのか・・・。

 そして、焼き魚。

d0140806_15492981.jpg

 グロテスクな姿ですが・・・。 イサキかな・・・・。
 この時は少々お腹が一杯で、食事を楽しむというより、残すと失礼だという気分で・・・・。

 「うーん、食べた、食べた。 もう食べられん・・・・・」
 「今夜はお茶づけにしておこうね」
 「そうだな・・・。 お茶漬けでいいな・・・・」

 その日の夜は、本当にお茶漬けだけの夕飯でした。
by takeshi_kanazaw | 2017-05-29 15:52 | Comments(2)

 波を待つ人

 少し曇った空、伊勢湾の広がる砂浜。

 その砂浜にサーフィンボードを持った青年がたたずんでいました。

d0140806_10484297.jpg

 ズーと海を見ていますが、彼の期待する波が一向にやってこない。
 
 私の後ろの方には、カメラを3脚に載せてジーと構えた若い女性がいる。
 彼の波乗り姿をカメラに収めるために準備しているようで、恋人だろうか・・・。

 私も砂浜に座り込んで、彼の姿を見ていたのですが、一向に波が来ない・・・。
 フト足元を見ると、何やら花が咲いている。 昼顔 だろうか。

d0140806_1055323.jpg


 時々やってくる小さな波に、彼は幾度かチャレンジする。
 波が小さすぎて全くダメ。  とうとう諦めて引き上げるようだ。

d0140806_1057329.jpg


 もうサーフィンをする人が現れる季節になったのですね・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-05-28 10:58 | Comments(4)

 政治家案件

 今回の時事放談のテーマは、安倍首相のお友達の 加計学園の獣医学部新設 のお話。

 先日のテレビでの、前文科省事務次官の前川氏 のマスコミへの発表が波紋を呼んでいます。
d0140806_118013.jpg
 (インターネットより)

 彼はこのマスコミへの発表の中で、加計学園の案件については、総理官邸から圧力を受けて公正な行政が出来なかった。自分の目で官邸からの圧力の経緯をまとめたレクチャー・ペーパーを見た。ペーパーの存在が確認できないという政府見解はおかしい と話しました。

 この発言に、官房長官など各方面からグチャグチャと横槍が入っていますが、私は前川氏の発言は事実を物語っており、真正な情報だと思いました。官房長官の前川氏への個人攻撃は、話の本筋をはぐらかす発言で、どうも低レベルな発想だと感じましたね。失礼ですが、官房長官は平気で嘘を言いそうな感じですね。

 この話の本筋は、行政における「政治家案件」の典型だと思いましたね・・・。
政治家案件というのは、行政の仕事の中で政治家からの意見が出ている案件をさし、 議員案件などとも言われ、世間でよく言う、政治家がらみの案件。

 お役所の仕事というのは、法律や規則に基づいて公明正大に行われるということになっています。行政の中立性は重要なことですが、そんな行政のやり方では目的を達せないので、議員さんが役所に横やりを入れて、自分たちの都合のいいように捻じ曲げてしまうケースが多々あるようです。

 議員は住民の選んだ代表ですから、その地位を利用して、「役所は住民の声を聞け!」 とかなんとか、もっともらしい理屈をつけて役所に圧力をかける。 
 「これは議員先生と地盤の住民との個人的な話で、住民の代表としての話とは違うのでは・・・」
 「そこを上手くやるのが、君たち官僚の腕の見せ所だろうが!」

 国民の代表として、国のためとする意見なのか、議員の個人的な事情を満足させるための横槍なのか、実際は判然とさせないままにごり押しをするのでしょうね。

 昔からのことわざに 「瓜田に靴を納れず 李下に冠を正さず」 という言葉があります。人に疑われるようなことをするな、という意味らしいのですが、結局は議員さんの「お人柄」の問題なんでしょうね。

 今回の話は、まー、俗っぽく言えば、「この案件は安倍首相の長年のお友達の話だぞ。国家戦略特区もあるだろう? その辺を上手く使って知恵を出せ!」 という感じの話でしょうか。

 政治家から圧力を受けた官僚さんたち。
 「ここで男気を出して、国民のための行政を考え、政治家の圧力を跳ね返さないとイケナイ。しかし、そんなことをすると、次の移動で地方へ左遷は目に見えている。これまでもみんな苦労して政治家案件をこなした人が出世しているのだから、ここは我慢だ。変な正義感を出さん方が身のためだ・・・」

 現役の官僚達からは、通り一遍の発言で全然真正な情報が出ないのは、保身ですかね。 ドンドンと意見が出てくれば、政治家さん達はどうされるんでしょうか。 しかし、官僚さん達は後が怖いでしょうね・・・。

 安倍首相がお友達と楽しくゴルフをされている姿を見ながら、官僚の人たちは妙案を出すべく汗をかいていたのでしょね。行政の中立性なんて放棄してしまって・・・・。
d0140806_1110886.jpg
(インターネットより)

 政治家ってそんなにエライ人なのでしょうかね・・・。官僚に助けてもらわないと答弁もできない人が多いのにね。
 「そんなことはない。議員はエライんだよ! なんたって国民が選んだ代表だからな」

 こんな政治家達を選び、ひどい官邸が生まれたのは我々選挙民の責任ですかね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-05-27 11:22 | 時事放談 | Comments(4)
 伊吹山の山頂から駐車場までの下山は、何時も東側のコースを下る。

d0140806_12103942.jpg

 この道は、登山の装備をしていない人は危険だから歩かないで とい看板が立っている。
 伊吹山は観光客が大勢くるので、その人たちへの警告なのだが、運動靴でも十分な道で、過剰な警告だと思う。 しかし、頂上の店のオヤジさんに言わせると、結構事故が多いのだそうだ。
 
 そのお蔭?で、このコースは人が殆どいないので、ゆっくりと下れる。

 この道はあまり人の手が入っていないので、下に行くと周囲は竹藪と草が一杯。

d0140806_12172580.jpg

 草むらにはニリンソウが咲いている。 この辺にも花があるのだが、殆どカメラを向けない。 登って行く時はさかんにシャッターを押していたが、下山する時はもう面倒になってくる。

 不思議とこの道には変な灌木が多い。 実に味がある?恰好をしている。

d0140806_12202438.jpg

 「いい被写体なんだけど、もう疲れてきたし・・・・・」  
 何時も下山の時は写真を撮る気が無くなってきているので、この面白い木をシッカリと撮ったことがない。
 
 誰も通らない道。 麓から上がってきた登山者は、この駐車場への道は歩かないし、一般の観光客は整備された別の道を降りるので、不気味なくらい全く人影がない。

 「これはカエデ類の新芽かな・・・。 もみじの花と感じが似てるな・・・・」

d0140806_1224549.jpg


 5月の伊吹山。 街中では見過ごすほど小さな花や、木々の新芽が目に新鮮でしたね・・・。
 「まだ植物は活動が始まったばかりやな・・・・。 夏になるともっと賑やかになるから、次回は夏にするか」
by takeshi_kanazaw | 2017-05-26 12:28 | ウオーキング | Comments(2)
 伊吹山の頂上に近づきました。
 駐車場から1キロもない道のりですが、腰が・・・・・。 最近はすぐ腰が痛くなる・・・。

 風が通る高台で一休み。 下を見ると、麓から登ってくる人の姿が一望できます。

d0140806_1036536.jpg

 滋賀県側の町から頂上までほぼ6キロ、標高差1000mぐらいでしょうか。 上から見ると頂上付近は少し急な登りですが、それまでは草原風の道。 厳しくはない条件ですが、ウオーキングというより一応は登山の感覚なんでしょう。

 たまたまその登山道を上がってきた若者と、一緒に腰を下ろして雑談。
 最近は日常では殆ど若者と話をしたことがない。 医療機械の会社に勤めている人、エネルギー関係の会社に就職が内定した人。 素直な若者達でした。

 「あんまりキリキリと仕事するより、少々鈍感な方がいいよ。 体が資本やからな~・・・・」
 老人はすぐに教訓を垂れたがる。 しかし、最近の若者は、チャンと聞いているポーズを取るからエライ!
 どうも山に来る人は、真面目な人が多いのかもしれないですね・・・。

 山頂が近づきました。

d0140806_10502166.jpg

 幾つかのお店と、トイレ。 山頂付近はなだらかな草原の丘みたいな状況です。

 「それにしても、若い女性が多いな・・・。 いわゆる 山ガール なのか・・・」
 標高1377mの伊吹山は、ちょうど若い女性が気軽に来れる山なのかもしれませんね。

d0140806_10551823.jpg

 中央の石碑は ヤマトタケル の石碑。 彼はここで亡くなったという伝説がある。

 結構賑やかな山頂ですが、私は何時も一人で、草の上に座って握り飯を食うことに決めている。

d0140806_10575161.jpg

 下に見えるのは駐車場。 観光バスも来ていますね。 バスに乗って伊吹山に来るツアーもあるぐらいで、誰でも登れる山なんでしょうね。 まー、整備された歩道を歩くだけなら、全然問題はないですからね。

 「さー、何時ものように、何時もの店でコーヒーを飲んで、ユックリとタバコでも吸うか・・・」
 行きつけの店でコーヒーを飲むのが私のパターン。

 前に座っている人達は、グループで彼方此方の山を登っているらしく、とにかく賑やかだ。
 「今日は暑いわね・・・。 氷を食べると体が喜んでいるわ」
 「そうですか、ジャー私も食べてみるか・・・・」  コーヒーを飲んだ後にかき氷とはね・・・。

d0140806_1165482.jpg


 「オヤジさん、俺はまだ山を降りたくないよ。 帰ると下界は暑いのに決まってるからな・・・」
 店のオヤジさんとは何時も無駄話をして、この店で時間をつぶす。

 その日はなぜかヤマトタケルの話に。
 「この辺は昔から豪族が沢山いて、ヤマトタケルはその豪族の次男坊だったんだよ」
 「あれ? ヤマトタケルは確か11代天皇の景行天皇の息子じゃなかったのか?」
 「イヤイヤ、地元豪族の次男坊で、勢力争いの中で殺されたんだよ」

 お客さんがドンドン入ってきたので、話が途中で終わり。
 ヤマトタケルはいろんな伝説があって、はたして現存した人物かどうかハッキリしない人。
 この店のオヤジさんの話もその一つかもしれない。 次回に来たときよく聞いてみよう。

 もう3時近くまでその店に座って、ズーとタバコを吸っていました。
 「そろそろ下に降りようかな・・・・・」 
by takeshi_kanazaw | 2017-05-25 11:18 | ウオーキング | Comments(4)
 伊吹山に花が多いのは7月末から8月、夏のシーズンですね。

 この山を歩くときは、何時も駐車所にある売店で、その季節の簡単な花図鑑(100円)を買う。
 「そうですね、今はまだ春の花ですね・・・。 この春編がいいでしょう・・・」
 ということで、その春編の図鑑を片手に、小さな花をパチリですが・・・・。

 5月は花の種類が少ないですね・・・・。
 よく目立つ黄色い花。

d0140806_8245559.jpg

 持っていた図鑑と見比べて・・・。 でもメガネを持参するのを忘れて、よく見えない・・・。
 多分 キジムシロ だと思うのですが・・・。

 次はコキンバイ。 これは多分間違いない。

d0140806_8324939.jpg

 花弁がテカテカと光って、彼方此方でよく見かける花ですね。

 実は私は花音痴。 この伊吹に来てから、小さい花にも目がいくようになった。 伊吹山を歩いていると、まるで花当てクイズのように話し合う人が大勢いるのにびっくり。 野次馬根性でそんな話を聞いているうちに、門前の小僧何とやら で、少しずつ違いが見えるように。

 紫の花。 多いのは タチツボスミレ と図鑑にある花。

d0140806_8384248.jpg

 それじゃ 普通のスミレ はどうなのかは、私はよく判らない。 まー、スミレの仲間だろう。
 この季節は、あまり目立つ色の花が少ないので、この紫の花が一番綺麗に感じましたね。

 「これはスミレとは少し違うけど・・・。 似たような、いや違うような・・・」

d0140806_8422736.jpg
 
 山の中で見つける花は、ホントにいろいろに見える。 蕾の時や満開の時や、枯れ始めの時。同じ花でも同じ格好をしているのは稀ですね。 これはタチツボスミレとは種類が違うような・・・。 多分、図鑑と比べると ヤマエンゴグサ なるものらしい。

 花の名前はどちらでもいいような気分ですが、自分で写真を撮ると、少々拘りが出てくる・・・。

 白い花となると、これは少々ヤッカイですね。 いろんな小さな花が多いですからね・・・。

 この季節に圧倒的に多いのは ニリンソウ 。 一杯咲いていますね。

d0140806_849158.jpg

 白い花の主役ですね。 同じ枝から二輪の花が咲くから ニリンソウ。

 「こっちの花は一輪しか咲いていないじゃん。 たまたま一輪なのか、それとも種類が違うのか」

d0140806_8511059.jpg

 どうも イチリンソウ という種類もあるらしい。

 さて、この花は何だろう?

d0140806_8523924.jpg

 何処にでもある雑草の白い花のような気がしますが・・・。 雑草という草はないので、必ず名前があるはず・・・。 図鑑で見てもよく判らない・・・。 何処にでもあるような気がしますが・・・。

 もう花の名前はいいじゃん、という気分もしますが、最後はこの花。

d0140806_8551099.jpg

 これはよく見る スズシロ じゃないでしょうかね。 春の七草のひとつのスズシロ。

 今回はマクロレンズを持参しませんでした。 レンズが重いので大変なのと、少し花を撮る意欲が薄らいできた面もあります。 花探訪は疲れるのです・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-05-24 08:57 | ウオーキング | Comments(2)
 「全然涼しくないじゃん!」

 伊吹山のドライブウエイの駐車場。 ほぼ9合目に近いから標高は1200m以上と思われるのですが、車から降りても全然涼しくない・・・。  その日の下界は30度を超える真夏日だったようですが、伊吹山の頂上付近も決して涼しいという感じではありません。

 「でも来たからには頂上まで登らなきゃ・・・・」

d0140806_13191694.jpg


 何時もの駐車場から頂上への歩きなれた登山道。 時々吹く風が頬を撫でて、少しは山の気分。

 「今日も琵琶湖は霞んでいるな・・・。 スッキリとした琵琶湖は見たことがない・・・」

d0140806_13224566.jpg
 
 伊吹山は風の通り道と言われ、北の若狭湾と南の伊勢湾の間の風で、何時も雲が出ます。 その日は晴れていたのですが、琵琶湖は写真のようにボヤーとしか見えません。 私の写真の技術が未熟なためではありません、念のため。

 伊吹山は独立峰で、山頂付近は大きな木がなくて、背丈の低い草が一面に広がっています。 そこに四季折々の小さな花が咲くので、山頂の 「お花畑」 なんていうのですが。
 実際は登山道の様子で判る様に、単に草が生えていて、チョコット花が見られる感じ。

 少し花が多い場所を切り取って撮ってみると。

d0140806_13285372.jpg

 この紫の小さな花はスミレですね、 スミレでも種類があるようですが・・・。

 少し平らなところの状態はこんな感じ。

d0140806_13334822.jpg


 写真で切り取ると、少しはお花畑風に見える?

 山で見る花は町の花とは違い、花が小さくて目立たない。 感覚的には、田圃の雑草に花がポツポツ咲いている状態に近いですね。 それなのに人は 「お花畑」 という名前を付けたがる・・・・。

 これは実際に山を歩いてみないと判らないのでしょうが、 岩が続く山道に緑が出てくるとホッとして、その緑の草に花が附いていると、数ミリの小さな花でもうれしくなる。 そんな小さな花が群生していれば、まさにお花畑 という感覚になるのかもしれません。

 そんな感覚で、群生している情景を切り取って写してしまいますね。

d0140806_1342455.jpg


 恐らく昔の人は、野山で見つけた小さな花を持ち帰って育てたのでしょうね。
 そして、花が大きく立派になって行ったのかも・・・。

 山の花は、まさに小さな雑草の花そのもですが、花の原点のような気がしますね。
by takeshi_kanazaw | 2017-05-23 13:45 | ウオーキング | Comments(4)

 5月の伊吹山 その①

 昨日は名古屋も30度を超える猛暑?が予想されました。
 たまたま朝にブロ友さんが2400mの山から記事を投稿されたのを見て。
 「俺も少しは涼しいところへ行こうかな・・・。 今からなら伊吹山へ行けるだろう・・」

 伊吹山へ登山。 と言っても、私は9合目近くまでは伊吹山ドラブウエイで車で一走りですが。
 5月の伊吹山は、途中の道は新緑に覆われていました。

d0140806_10331967.jpg


 伊吹山は琵琶湖を見下ろす滋賀県と岐阜県にまたがる、標高1377mとそんなに高い山ではない。
 でも、頂上付近へ行けば恐らく街中より10度は低いはずだ・・・・。と思ったのですが・・・。

 標高500mを超えると、濃い新緑の中に紫いろの花が彼方此方に見えます。
 藤の花でしたね。

d0140806_1037532.jpg

 いわゆる 山藤 なんでしょうか。 車を止めてパチリなんですが、崖の上の方に咲いているので、バッチリとは写せませんね。 なかなか近づけないんですね・・・。

 紫の花のもう一つは 桐の花ですね。

d0140806_10404434.jpg


 標高500mから1000mの道路からは、ズーと新緑の中に紫の花が見え続けていました。
 時々 ウグイス の鳴き声が聞こえます。 梅にウグイスと昔からイメージしますが、新緑の山の中の方がウグイスの声を聞くケースが多いように思います。 でも姿は見えません・・・・。

 ポツポツと赤い花が咲いていました。 ヤマツツジ?

d0140806_10455760.jpg


 車を何度も止めて、ウロウロしていましたが、標高が1000mぐらいになると目立つのが、道の脇の黄色い花。

d0140806_10472691.jpg

 なんでしょうかね・・・。 まさか菜の花ではないでしょうが、道の脇ばかりに咲いています。

 サッサと登れば20分もかからないドライブウエイ。 一時間弱も掛かってしまった。
 そろそろ、駐車場が近い。 左側が山頂付近になります。

d0140806_1050321.jpg

by takeshi_kanazaw | 2017-05-22 10:50 | ウオーキング | Comments(14)
d0140806_1930230.jpg


 つい5日ほど前に、息子に男の子が生まれた。 私の孫ということになる。
 既に娘には子供2人いるから、初孫というわけでもないが、昔でいう 内孫の誕生である。
 息子夫婦は初めての子供なのだが、嫁がシッカリしていて、無事誕生に相成った。

 祖父さんと婆さんはやることがありそうで、実際は何もない。
 ただただ、気苦労をするだけで、何の役にも立たない。

 私の小さい頃は、産婆さんが家に来て大騒動の中で、弟が生まれた記憶があるが、今は病院で出産するので、周囲はただただ見守るだけということになる。

 「そうだな~・・・。 お祖父ちゃんとしての出来ることは、赤ん坊の絵 でも描いてやることぐらいか・・・」

 赤ん坊というのは 皺くちゃの赤い顔をしていて、猿みたいな面相 というのが通り相場だが、病院で面会をした我が孫殿は、意外と皺もなくて、はち切れるほど丸々と太った顔をしていた。

 3日前から描き始めたのだが・・・・。 これが意外と難しい・・・。 
 人間の顔は眼と鼻と口、眉毛があって・・・。 しかし、どうも赤ん坊の顔というのは、目が閉じられたままだし、眉毛なんぞはまるでよく見えない。 さらに顔の半分は産毛が残っていて・・・・。

 何度描きなおしても、どうも私の見た孫殿の顔とはあまり似ていない・・・・。

 「赤ん坊の顔はすぐに変わって行くよ。 昨日見た時は、初めて見た時と顔つきが変わっていたわ。 そのうちにその絵と似たような顔になって行くかもしれないわ・・」  と我妻殿。
 まー、気休めにしては洒落たことをのたまうものだ。

 恐らく誕生した孫殿が大きくなる頃、私は生きているかどうか判らない・・・。
 「これはお祖父ちゃんが描いてくれた絵よ。」 というで、孫が私を思い出す材料になるのかも。
 額に入れて残しておこうか・・・・。







 
by takeshi_kanazaw | 2017-05-21 08:28 | お絵描き | Comments(8)

 バラ、色とりどり

 名古屋市の鶴舞公園。 この季節の主役はバラですね。

 「せっかく早朝に来たのだから、バラを撮らなきゃ・・・・」
 私のような貧乏人は、写真を撮る時も、やたら沢山撮りたがるものですが。
 さらに、撮った写真は もったいない? からなるべくブログに載せてしまうことに。

 バラと言えば、 赤いバラ。 花言葉は・・・。 面倒だから割愛。

d0140806_921326.jpg


 赤が来れば、次は白でしょう。

d0140806_9214584.jpg


 赤、白、なんとなく次は黄色。

d0140806_9223475.jpg


 橙色のバラも、バラらしいイメージがありますね。

d0140806_9232915.jpg


 中間色のバラも多い。

d0140806_924742.jpg


 キリがないですね・・・・。  中にはこんな花弁のバラも。

d0140806_925727.jpg


 原種に近い?  最初のバラはもっとシンプルな花弁だったような気がしますね・・・。

 「疲れたな・・・・。 早朝来たので、なんだか疲れた。 慣れんことはするもんじゃないな・・・」
 公園のベンチで ドッチンコ。
 この公園のベンチは、少々変わっていて、寄付者のコメントラベルが貼ってある。

d0140806_928682.jpg

 「結婚60周年か・・・。 そういえば、我家は50年が近づいているな・・・」

 何やら周囲に年寄りの人が増えてきました。
 ラジオの音楽が流れ始めて・・・・。 朝のラジオ体操の時間が来たようです。

d0140806_9302892.jpg


 「さー、家に帰って、もうひと寝入りするか・・・・」
by takeshi_kanazaw | 2017-05-20 09:31 | 花撮り等 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw