カテゴリ:未分類( 4 )

 植物園で絵教室?

 名古屋市・東山の植物園で、写生をしている人達がいました。

 自分でも下手な絵を描くようになってから、描いている人の絵を見たり、話を聞くケースが多くなりました。
 「私もお絵かき教室に通っていますが・・・・・」
 この一言で、多くの方は絵を見せてくれたり、お話を聞かせてもらえますね。

 同年代のご婦人の絵。 見てビックリ。

d0140806_10402172.jpg

 「ウワー・・・。 こりゃ大変なこっちゃ・・・・」
 鉛筆画というのか、ペン画というのか、とにかく風景が克明に描きこまれている。

 何か鉛筆の芯をナガ~ク削って、まるで細工物を掘るような感じで、葉っぱを一枚ずつ・・・。
 「う~ん、疲れませんか・・・。 大変ですね・・・。」 と私。
 「教室の先生が、デッサンこそ絵の基本だとおっしゃって・・・・」

 どうも聞いたことのあるお絵かき教室のメンバーらしく、先生も同行の写生会のようです。
 少し興味が出てきたので、近くにいた先生(男性)らしき人にお話を聞くことに。

 「私もお絵かき教室に通っていますが、私の先生は好きなように描けばいいと言われてます」
 「好きなようにと言っても、基礎は教えてあげないといけません。自分で好きなように描くのなら、教室に来る必要がないですからね」
 言われてみればその通りですね。 私などは、通っている教室の先生のいうことなど聞きませんからね・・・。
 
 この植物園であった先生の絵(写真)が横に飾ってありました。
 プロの絵なので、先生の了解を取ってパチリ。 全体は失礼なので、ほんの一部だけを載せます。

d0140806_10542311.jpg

 水彩画でアジサイを克明に描かれた絵でした。 
 「なるほど、生徒さん達に詳細なデッサンを指導されている理由が判った。 このような絵を描くには、ち密なデッサン力がないと、とてもじゃないが描けないわ・・・」 

 水彩画というのは白く塗らない部分がポイントなんですが、この先生は塗り残すというより、白い色として捉えていて、その白の周辺のボカシがきわめて微妙。
 「この白い部分はどうされているのですか? 塗り残す手法はどうされるのですか?」
 珍しく私は食い下がって、実際の手法を聞き続けました。

 その先生、親切に教えてくれました。 おまけに作品の入ったハガキ大のサンプルまでいただきました。
 無料でノウハウを教えていただき、感謝ですね・・・。

 もう60代とおぼしき先生。 真面目な方で教え方も非常に丁寧。
 でもね・・・。なんとなく厳しそうで・・・・。 なまくら者の私は一日も勤まらない感じ・・・。

 「そうだな・・・、我が教室の先生はエーコロ加減だけど、自由にやらせてくれるから、今の方がいいかな・・・」

 話が前後しましたが、この植物園のお絵かき教室?で、自由に描くことの楽しさを自覚?
 「家に帰ったら、好きに描いてやろう。 金箔台紙が出てきたから、日本画風にハギの絵を描こう!」
 ということで、前日の日本画風のハギの絵が誕生?したということに。

 しかし、植物園であった先生の絵は参考になりますね・・・。 デッサン力がまるで違いますね・・・。

 習い事というのは、先生に師事して教えてもらうのが筋でしょうが、私などはただ描いてみるかな~という感じでいます。 師事するという感覚は無いですが、そんな生徒は教室に行く意味がないのかな・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-10-01 08:35 | 未分類 | Comments(4)
 「アンタのブログを全部読みなおしたよ。大変だったけど、面白いよ」

 一か月ぐらい前でしたか、私の友人が長時間かけて、過去の記事をすべて読んでくれたようです。ありがたいことです。
 しかし、ブログは記事の掲載方法が時間の流れと逆なので、読みにくいのが難点。

 「なんとかならないかな~」 と先週「カテゴリ区分」に挑戦。(詳しくは7月23日のブログ参照)
 このブログの左側の「カテゴリ」の蘭。時事放談、タイ滞在記、中国滞在記・・・・のところ。

 同時に旅行記の記事の順序を、経過時間どおりに変更する作業をしました。
 さっそく「旅行記は凄く読みやすい」とのコメントもありました。

 書き手としては、今回順序を直した全記事をチェックしなおし、再度自分で読みなおしてみましたが・・・・・。
 「意外と面白いじゃん!」  土曜日は半徹夜で読んでしまった。

 自分で言ってれば世話がないですが、ブログはある面「自分の記録」でもありますね。
 まー、本来ブログは日記なんでしょう?

 我妻殿の知人で、自分のブログを本にされた方があるらしい。
 1~2万円で自分だけの本なんでしょうね。 こんな需要は増えるかも知れませんね。

 私のブログを自分で読みなおすと、シルクロードや中国、西欧、国内の旅行記は、旅行の時間の流れや記述順序もスムーズです。 その旅行でご一緒だった方にはいい思い出記録になるかも。

 タイの滞在記はほぼ半年の記録ですので、すべてを時間どおりに直すのは無理でしたが、その間に行った旅行部分は、すべて経過時間どおりに変更しました。

 読み直すと 「それにしても、よく遊んでるな~。いつ仕事をしてたんだ?」 
 ホントにそうですね・・・・・・
 
 読んでるうちに、なんとなく、あの雑然とした暑いバンコクが懐かしくなりますが・・・
d0140806_10203699.jpg


 今日は月曜日。そろそろ溜まっていた仕事もかたずけなくちゃ・・・

 
by takeshi_kanazaw | 2009-07-27 10:29 | 未分類 | Comments(0)
 ブログというのはホントに読みずらい!

 ブログを書いている書き手である自分で言うのもなんですが、ブログってまだ未完成の技法だと思いますね。とにかく巻物見たいなものを逆から読まされるのはいかにも苦痛。

 その一因は書き手の私がまだ不慣れな面もありますね・・・・

 そこで、これまでの記事をカテゴリー別の分類をやってみました。
 時事放談・・・・・・・時々のニュースなどの自己流コメント
 タイ滞在記・・・・・・数回のタイ滞在の記録。タイ週報は08年ー09年の滞在記
 中国滞在記・旅行記・・・中国の2回の滞在および数度の旅行記をまとめたもの
 シルクロード旅行記・・・・中国側3回のまとめ、ウズベキスタン1回の旅行記
 西欧旅行記・・・・・09年のスイス等の旅行記
 国内旅行記・・・・・ロングドライブや小旅行の記録
 花撮り等・・・・・・・近場の花撮影旅など。

 一応分類しましたので、興味がある方はカテゴリー部分をクリックしていただければ、このブログの過去の記事中、その分類の記事のみが見ることができます。ただしやっぱり逆に並んでいるのは同じです。

 順序よく読むには、やっぱり過去の記事でその月の記事一覧を出して、ひとつづつの記事をクリックして読むしかないですね・・・・。

 時間的な流れに沿って、記事の順番を並び替えが出来るソフトはないんですかねー・・・・・。
 誰か、簡単に出来る(難しいのはダメ)方法を教えてくれませんかね~

 (追加)

 我妻殿の研究によると、記事の並び替えは投稿日の変更で可能とのこと。
 西欧旅行記でやってみましたが、一応成功! 旅行で行った順に記事が並びました。
 
 しかし・・・。これを全記事に実施するのは・・・・・うーん・・・・・。
 少し考えてみますか・・・・。

 (追加2)
 個々の旅行記は順序を変えることが出来ました。全体は無理ですね・・・。
 
by takeshi_kanazaw | 2009-07-23 10:44 | 未分類 | Comments(2)

ブログを開設しました。

20008年正月。
ブログとやらを開設しました。
時折撮った写真を中心に載せる予定ですが、どうなりますか・・・・。

元旦に熱田神宮に行ってきました。

d0140806_14192527.jpg


d0140806_14202731.jpg


我家もチョッピリお正月ムードです。

d0140806_14222599.jpg

by takeshi_kanazaw | 2008-01-02 14:22 | 未分類 | Comments(1)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw