カテゴリ:我家探訪( 194 )

 抽象写真?

d0140806_2263323.jpg


 さてさて、変な写真が続いていますが・・・。
 
 肉眼では何の変哲もない情景も、レンズを通すとまた違った世界になります。
 シトシト雨でぬれた我家。 その情景をパチパチと撮っていましたが、こんな写真が出来ていました。

 水滴というのは、肉眼で見るよりレンズを通して見た方が面白い。
 少し焦点から外れた部分には、不思議な色がついた玉が出来る。
 目に見えない小さな水滴も、実にダイナミックな姿に変身する。

 写真の勉強はしたことがない私。 
 全く自己流で、勝手にパチリパチリやって喜んでいる。
 景色は肉眼で見るように綺麗に写せないが、肉眼では見えない世界が出現するのは愉快ですね。

 題名は浮かびませんでしたが、なんだか抽象画みたいなので、抽象写真?
 写真には、そんなジャンヌは無いのでしょうが・・・。





 

 
by takeshi_kanazaw | 2018-01-18 08:05 | 我家探訪 | Comments(10)

 ビワの花

 時々我家の小窓に花が登場する。

 「こりゃ変わったもんやな~・・・。 何なの?」

d0140806_1020253.jpg

 「知り合いから貰ったビワの花よ」
 「ふーん、初めて見たな・・・。 そりゃビワも夏に実が成るから、花が咲くかもしれんわな・・・」

 ビワの花なんて見たことがありますか?
 もう少し拡大しないと、ピンときませんね・・・。

d0140806_10225376.jpg

 なんだか茶色のぬいぐるみをまとっているみたいで、一向に花らしくない。
 「先っぽの白いところが花なんだろうな・・・・」

d0140806_10243673.jpg

 もっと花が開いてくれないと、花らしくなりませんね・・・。
 花瓶に差し込んであるのですが、数日たっても一向に花が開きません。
 むしろ、ダンダンと萎れて行く感じ。

 「そういえば生け花でビワの花なんて使わないよね・・・。 枝を切っちゃうとダメになるんだわ、きっと」
by takeshi_kanazaw | 2018-01-16 10:27 | 我家探訪 | Comments(4)
d0140806_929482.jpg


 もう35年も前に、「さざんかの宿」 という歌謡曲が流行しました。

 ~ くもりガラスを手で拭いて あなた明日が見えますか ~

 そうそう、市川昭介作曲 吉岡治作詞  歌ったのは 大川栄作 でした。
 えらく艶っぽい歌ですが、年配の方(特に男性)は覚えておられる方も多いかと。

 お正月も過ぎて、外が寒いので自宅にこもる日々が続いています。
 寒がりの私はスグに部屋のガス暖房にスイッチを入れ、ボーとしている時間が長い。

 そして、時間の経過と伴に、居間のガラスが室内の暖かい空気で曇ってきます。
 何気なくその曇ったガラスを手で拭くと、外の庭がボンヤリ。 サザンカは咲いてませんが・・・。
 
 拭いた跡のガラスに水滴が残り、そこに冬の日差しが差し込みます。
 「なんとなく面白い情景が出現しているな・・・・」
 カメラを取りだしてパチリ。 なんともものぐさな写真撮りですが・・・。

 「~ くもりガラスを手で拭いて あなた明日が見えますか 愛しても愛しても あゝ他人の妻・・~」
 
 私には歌のような艶っぽい話は似合わないですね・・・。
 サザンカの宿の歌を口ずさみながら、またパチリ。

d0140806_10194015.jpg


 変な写真ですが・・・・。  面白い・・・。
by takeshi_kanazaw | 2018-01-09 09:52 | 我家探訪 | Comments(8)

 暮になると赤くなる

 今年も、もう半月を残すほどになってきました。
 気分的には急に寒くなって、何かと落ち着かないですが・・・。

 暮になると赤くなる と言っても、赤字発生の経営不振の話ではありません。
 我家はつつましい年金生活を送っています。 でも赤字続きではあるな・・・。

 さて、この時期になると、我家の庭の赤い実が目に附きます。
 南天の木は意外と強くて、ほったらかしてあっても、毎年赤い実をつけます。

d0140806_9385392.jpg

 もう1っか月前ほどから実が赤くなってきていましたが、半分以上鳥に取られています。
 まー、南天の木から云えば、鳥が実を食べてくれないと、種が広がらないわけです。 人間が南天の赤い実が綺麗だと云っても、南天の繁栄にはつながらない・・・。

 最近になって、赤くなっている実があります。 万両の実。

d0140806_9423011.jpg

 ご存じのように、万両は葉っぱの陰に隠れるように実をつけますから、鳥に見つかることなく、一杯赤い実が付いて、こちらの方が見事です。 確か千両は葉の上に実をつけるとか。 我家は千両はないみたい。

 「正月がきたら、この赤い実を切って、何か飾りでも作ってやろうかな・・・・」
 それまでに鳥に食われてしまわなければの話ですが・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-12-14 08:35 | 我家探訪 | Comments(4)
d0140806_15522929.jpg


 本当に冬がやってきたような天候が続いています。
 絵の作品展の当番がない日は、どこかノンビリ。
 外に出かけるの億劫で、買い物に行ったり、我家の周囲をプラプラする程度です。

 近くにモミジの木があるのですが、もうスッカリと茶色くなった葉が落ち始めています。
 何気なく見ていたら、綺麗な?蜘蛛を発見。
 その蜘蛛が苦労して作った糸の中に、モミジの葉っぱが一枚。

 蜘蛛ってモミジの葉っぱを食料にするんでしょうかね・・・。
 いやいや、やっぱりモミジの葉っぱは邪魔になるのでは。

 この風に吹かれてきたミミジ。 蜘蛛にとっては、エライ 「自然災害発生」ではないのでしょうか・・・。
 蜘蛛はこのモミジを始末して、災害復旧?出来るのでしょうかね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-12-13 08:49 | 我家探訪 | Comments(4)

 タイトルのない写真

d0140806_1004418.jpg



 なんだか急に冬のような感じの毎日が続いています。
 ふと我家の台所の小窓を見ると、冬の日差しが差し込んで面白い状況がありました。

 我家の小窓には、日差しを遮る格子状の板が置いてあります。
 その格子板がガタピシャで、スムーズにスライドしません。 二枚の格子板を動かしているうちに、片方がひしゃげて、何とも変な状態で放置されています。

 「なんとなく面白い風景や・・・・。 写真に撮ってみるか・・・・・」
 ということで、冒頭の写真が出来たのですが・・・・・・。
 「なんとなく面白い写真や・・・。 これは面白い・・・」

 さてさて、この写真。 どういうタイトルにするか・・・・・。

 面白い風景という感覚でシャッターを押しただけなので、まさか 「面白い写真」 というタイトルもおかしい・・
 格子板が交差しているから 「交差の妙」 もなんだか即物的だ・・・。 交差する光・・・、これもイマイチ。
 うーん・・・。 全然上手いタイトルが浮かびません。

 どうなんですかね・・・。 タイトルを考えて写真を撮れ という方もいますが、私などは気分が湧いたらパチリですから、撮った後でタイトルが浮かぶしかない。

 「タイトル募集中の写真」 というタイトルにでもするのが、一番ピッタリかもしれません。
by takeshi_kanazaw | 2017-12-09 07:59 | 我家探訪 | Comments(4)

 やはり野に置け

d0140806_23512692.jpg


 先日出かけた木曽路。
 プラプラと歩いていた山道に、小さな白く光る草が。
 いや、草というより、何か羽根のような・・・・。

 「うーん、綺麗だな~・・・・。 でも、コンパクトカメラでは撮れない・・・」
 そうなんです。 その時は腰が痛いので、一眼レフは持参せず。

 白い羽毛のような・・・、しかもよく見ると所々に薄紫の色まで綺麗に・・・。
 この草の形は、何処かチングルマの綿毛に似ている。

 小さな枝を指で切り採って、家に持ち帰りました。
 さっそくマクロレンズで撮ったのですが・・・・・。

 「違う、木曽路で見たのと違う。 薄紫色も消えたし、綿毛のフンワリ感がない・・・・」
 やっぱり違うのですね、野にある時とは・・・・。

 植物はそのままの姿を現場で撮るべきでした。
 「やはり野に置け」 ですね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-11-25 08:50 | 我家探訪 | Comments(6)

 忘れていた 玉すだれ

 我家の庭に 玉すだれ が咲きました。

d0140806_8344032.jpg

 確か昨年は咲かなかったような気がします・・・・。
 もうスッカリこの花のことは忘れていました。

 「うーん、この花は、まだ存在していたんだな・・・」

 多分、昨年も咲いたのかもしれませんが、私が気づかなかった?
 恐らく シルクロードの旅に出かけていた頃だったのかもしれません。

 一年おきに咲くわけはないので、私が忘れていたのでしょうね・・・。
 玉すだれは確か球根ですから、季節になれば咲くはず。

 なにか久しぶりにこの花を見たような気分で、新鮮ですね。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-21 08:42 | 我家探訪 | Comments(3)

 その後のアジサイ

 我家の庭にあるアジサイ。 梅雨時に咲いた花をそのまま放置しています。

 「何とか綺麗な 茶色のドライフラワーにならないかな~・・・・」
 そんな気持ちで、庭師さんに花を切らずに数本残してもらったのですが・・・。

 1か月ぐらいはピンクの色が落ちて緑色になっていた。
 「緑から綺麗な茶色になるのじゃないかな・・・・」 とズーと見ていたのですが・・・。

 秋になって茶色になってきたのですが、現在はこんな状態です。

d0140806_9124091.jpg

 「こりゃアカン! 失敗や。 ズーと切らずに置いておく方法はダメかもしれん・・・」
 色が変な汚い茶色だし、花弁(ガク)が穴あきになっています。

 「ドライフラワーを作るには、どうも花を切るタイミングが重要なのかもしれん・・・」
 恐らく、スッカリ緑になった頃が一番いいのかもしれません。 まだ判りませんが・・・。

 なぜそんなに拘っているのか?
 そうですね・・・・。 単なる気まぐれ ですかね・・・。

 アジサイが満開の頃に、このブログにアップした写真。

d0140806_9184485.jpg

 2年越しのドライフラワー化した花や、緑になった花 など、アジサイの勢揃いが面白かった。
 もう少し綺麗な茶色のドライフラワー化したアジサイを多く作りたいのですが・・・・。

 この写真に撮ったアジサイ達もそのままに放置していますが、当時緑だったアジサイが少しずつ白っぽい茶色に変化しています。 切ったあとの変化も合わせて、観察中です。

 しかし、今年はどうも失敗ですね・・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-20 09:21 | 我家探訪 | Comments(2)

 季節外れ?のヒマワリ

d0140806_11163638.jpg


 小窓にデーンと置かれた花瓶。 花がなかった大きな花瓶に、突然ヒマワリが登場した。
 「今頃になってなんでヒマワリなの?」
 「知り合いが知多半島の 花広場 に行こうっていうもんだから・・・」

 春には菜の花が一杯の花広場。 菜の花を10本まで持ち帰ることが出来、私は毎年出かけている。
 どうも、季節ごとに植える花を変えて、花を切って持ち帰るスタイルを維持している・・・。

 どうして、大きな花瓶が置かれていたのか、やっと判った。
 大きなヒマワリの花を挿すには、大きな花瓶が必要だったということらしい。

 「季節外れのような感じだけど、そういえば今年もヒマワリなんか見に行かなかったな・・・」
 ということで、花瓶に挿してあるヒマワリの写真をパチリ。

 このヒマワリ、僅か2日の間に萎れてしまった。
 大きくて元気そうだったのに、切ってしまうと、途端に萎れてしまうものなんですね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2017-09-05 11:26 | 我家探訪 | Comments(4)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw