カテゴリ:桜シリーズ( 66 )

d0140806_11515026.jpg


 ” 嵐ふき 川面に現わる 花筏 ”


 やっぱり花嵐が吹きましたね・・・・。
 満開の桜の後には、必ずといっていいほど花嵐が吹くような気がします。

 散ってしまう桜を惜しむ人が多いでしょうが、私はチョット違います。
 「サー、さっそく 花筏 を撮らなくちゃ」 そう思いますね。

 上の写真は昨日、嵐が終わってすぐに撮った写真。 
 あいにくの曇り空でしたので、青空に白い花筏という訳にはいきませんでした。

 今日(4.9日)の朝、 晴れてきたので、再度挑戦。
 しかし・・・。 花筏は出てくる場所が一定ではなくて、形も偶然性があって・・・。

 私は花筏は橋の上のような、真上からの写真が好きなのですが、どうも今朝は橋の上から見られる花筏が見つからず、山崎川をウロウロ。

 川辺に降りて、違った感じの花筏を撮ってみました。

d0140806_1234869.jpg


 花筏にも 旬 がありまして、散ったすぐの花びらがいい。 2~3日経過すると、花びらが茶色くなって、綺麗ではありません。 なんでも 旬 というものがありますね。

d0140806_126232.jpg


 咲いた桜より、川面に浮いた桜の方を懸命に撮っているのは変ですかね・・・。

 岸辺の近くでは 花絨毯 が見られました。

d0140806_128371.jpg


 桜花は都会ではもう盛りを過ぎましたから、これからは山間の桜ですね・・・。
 奥飛騨の白川郷や、木曽路の桜は咲き始めていますかね・・・。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-09 12:10 | 桜シリーズ | Comments(6)
 故郷自慢じゃないですが、姫路城はやっぱり日本一の城ですね。
 とりわけ、桜の頃の姫路城は圧巻です。

 4月5日、龍野での用事を終えて、プラリと姫路城に立ち寄ってみました。

 「ジスイズ 姫路城 やな・・・」

d0140806_107285.jpg


 姫路城は姫山という小さな山の上にあり、少し見上げる感じが城の姿を雄大にしています。
 この姫路城の場内は桜で覆われています。まるで桜の中にたたずんでいる感じです。

 「名古屋城より数段凄いわ」
 姫路城は高校時代は何時も見ていた城。当時は何も感じませんでしたが、各地の城を見た後で、姫路城の凄さがやっと判りましたね。

 「何? 入場制限? 天守閣は1時間待ち? どうなってるんだ・・・」
 その日は平日だというのに、凄い観光客の数だったのです。
 ツアーバスで来る人も多いのですね・・・。 外国人も一杯来てましたね。

 「天守閣の整理券? でも城内には入れるのだろう?」
 ここまで来て場内に入らずに名古屋へ帰るわけにはいかないですね・・・。

 姫路城は天守閣の周りに、多くの櫓があり、二の丸から千姫の化粧櫓へ。
 薄暗くて長い廊下が数百メーター続きます。

 暗い廊下の格子から、二の丸場内の桜が見えています。

d0140806_10273763.jpg


 木の廊下は暗いし、階段では渋滞が発生。 とにかく二の丸でも人だらけ。
 やっと、千姫の化粧櫓に到着。 この場所から天守閣が見えます。

d0140806_10303460.jpg


 何時もなら10分で見られる西の丸の回廊。30分は係りました。

 「さー、それじゃ、天守閣へ行ってみようか・・・」

d0140806_1032730.jpg


 このアングルは、時代劇によく使われ、江戸城の情景としてお馴染みですね。
 実は江戸城の出てくる時代劇の多くは、この姫路城を使っているとか。

 門をくぐって、天守閣の下まで行こうとしたのですが・・・。
 そこには長い行列が・・・・。

d0140806_103519100.jpg


 「整理券を持っているけど、その順番で入れるの?」
 「いや、整理券を持って列に並んでください」
 「どのくらい待てば天守閣へ入れる?」
 「うーん、Ⅰ時間ですね。 天守閣の中も混んでますから、1時間半は必要ですね」

 止めましたね。 天守閣へ登るのは止め!

 しかし、桜の頃の姫路城は、予想以上に凄い人なのですね・・・。
 何か、身近な城が、エラク出世して、近寄りがたいスターになってしまったような。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-07 10:40 | 桜シリーズ | Comments(6)
 名古屋市内、自宅から近い山崎川。
 
 午前中に桜を撮って、自宅へ帰り昼寝。 夜にノコノコと再度夜桜見物。
 なんといっても、自宅から徒歩5分ですから・・・。

 夜の桜です。

d0140806_2030304.jpg


 あの人が鈴なりの橋の上からパチリ。
 夜は昼間よりさらに人が多くて、なかなか通過するのも困難な状況。

 「真っ白にしか写らん・・・・。 川に映った様も綺麗なんだけど・・」
 ライトアップされた桜は綺麗ですが、ライトアップされた部分しか映らないものですね・・・。

 近くでシャッターを押せば、比較的楽に写せるのですが・・。

d0140806_20344587.jpg


 水辺に降りて、少し頑張って写しましたが・・・・。

d0140806_2035379.jpg


 山崎川のライトアップされた桜。 少しは雰囲気が出ていたでしょうか・・・。




 
by takeshi_kanazaw | 2016-04-05 08:27 | 桜シリーズ | Comments(4)

 川に桜    4.4

 桜は咲き始めると早くて、あっという間に満開になりますね。
 「とにかく素早く廻らなくちゃ・・」
 鶴舞公園、名古屋城に続いて、今回は山崎川の桜です。

d0140806_750279.jpg


 名古屋市内の桜の名所と云えば、鶴舞公園、名古屋城、そして山崎川。
 私が勝手にそう言っているわけでもなく、この山崎川も有名な場所です。
 「日本さくら名所百選」に選ばれているのだそうです。(知らなかったな・・・)

 土曜日の午前中、沢山の人でした。

d0140806_7521480.jpg


 自宅から徒歩5分の近場。 私がスポーツ会館や図書館へ通う道でもあります。
 周囲は瑞穂競技場などのスポーツ施設があり、閑静な住宅街。
 山崎川の両岸2キロぐらいには、ズーと桜の木が並んでいます。

 この桜の時期だけは凄い人で埋まりますね。

d0140806_80222.jpg


 何時もは犬を連れて散歩する人や、ランニングする人がチラホラの道ですが。

 木造の橋、鈴なりの人でした。 橋が落っこちないかな・・・。

d0140806_821415.jpg


 この山崎川はそんなに人の手が加えられていないし、周囲に店もない。
 場所によっては川原に降りることが出来ます。ほぼ自然のままですね。

d0140806_84353.jpg


 何時もは野鳥もノンビリなのですが(強制的に鳥を撮った場所)、さすがにその日は野鳥の姿は見かけませんでした。

 どうもこの山崎川の近辺は、屋台のような店を出すのを禁止しているようです。
 付近の公園や岸辺に座って、ノンビリしている家族ずれが多かったですね。

d0140806_874067.jpg


 この山崎川近辺には地下鉄の駅が4つぐらいあって、バスターミナルも近い。
 家族連れも気軽に立ち寄れる場所だし、2キロもあるので座る場所も豊富。

d0140806_8112249.jpg


 「あー、絵を描いてる人が居るわ・・・」

d0140806_8104322.jpg


 訪れる人は多いですが、実にノンビリした桜の名所です。






 
by takeshi_kanazaw | 2016-04-04 08:11 | 桜シリーズ | Comments(8)

 花嫁に桜   4.3

 名古屋城の一角。
 
 白無垢の花嫁さんを発見!

d0140806_11493327.jpg


 結婚式を終えて、記念写真なのかもしれない。
 名古屋城内には結婚披露宴をやるような場所は・・・・。

 プロのカメラマンが二人にポーズをとらせて、パチリパチリ。
 その後には親戚・友人などが、パチリパチリ。

 私は遠くからパチリ。
 御目出度い写真だから、幸せのお裾分けということで勘弁してもらおう。

 このスポットはどうも記念写真を撮る場所のようだった。
 別のカップルもカメラマンがポーズの指導中。

d0140806_11554868.jpg


 二人が手にしているのは、私たち結婚しました と書いた札?
 これを広げて花婿さんは足も広げてVサインのポーズ。

 「まるで中国式やんか。日本風でやったら?」 と私。
 「もう日本風は撮りましたよ。」とカメラマン。
 すぐに口を出すのが私の悪い癖。

 名古屋城と満開の桜をバックに、結婚の記念写真も悪くないね・・・。

d0140806_1213399.jpg


 親戚もゾロゾロ後をついて、次の撮影場所へ?
 写真の右側、小さな女の子が、ジーと花嫁さんを眺めていましたね。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-03 12:02 | 桜シリーズ | Comments(4)

 城に桜    4.2

 名古屋城は桜が満開です。

 「せっかく名古屋城に来たのだから、城と桜のコラボを撮らなきゃ」
 何か、条件反射的な発想? ですが・・・。

d0140806_9184554.jpg


 金の鯱の名古屋城。 キラキラと鯱が光ります。

d0140806_9491059.jpg


 「どうも絵葉書的で平凡や。 何かいいアングルは・・・」
 ところが、名古屋城は現在本丸御殿とか云うものを建設中。
 城を撮ろうとすると、味気ないクレーンや工事の屋根が入ってしまう。

 クレーンを外したアングルを探すために、グルグルと天守閣の周りを廻る羽目に。
 「なんとか、工事の屋根が隠れるかな・・・」
 まるで満開の桜に埋もれた名古屋城です。

d0140806_9244937.jpg


 名古屋城の大手門を入ったところに、綺麗な枝垂れ桜があります。
 この場所が一番桜の綺麗な処なのですが・・・。

 「なんじゃこれ?!  まるでセンスがない、邪魔なものを置いて・・」

d0140806_9284953.jpg


 どうなのでしょうかね・・・。 桜を愛でるより、商売優先。
 名古屋市長さん、天守閣を木造に建て替えたいとおっしゃっていますが。
 「役所の考えることは危ない。ガチャガチャとセンスのないことを平気でやりそう」

 仕方ないので、土手の上に上がって、センスのないお店を避けたアングル探し。
 「枝垂れ桜とお城が撮れないかな・・・」
 やっと撮れた一枚です。

d0140806_933156.jpg



 ゴチャゴチャと文句を言わずに、撮れた写真だけを載せた方が良かったかも。
 文句の多い人やな~ と云われそうな記事でしたね。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-02 09:33 | 桜シリーズ | Comments(2)
d0140806_9155248.jpg


 もう4月になりましたね。 名古屋では桜が満開ですね・・・・。

 尾張名古屋は城で持つと云われた、名古屋城。 春になると桜で一杯になります。
 そんな名古屋城で、私のお気に入りの桜は、空堀に枝を伸ばした一本の桜。

 堀の周囲には緑の松の木が茂り、薄暗い城壁に囲まれた空堀に春の陽が。
 桜がスポットライトを浴びたように光ります。

 桜見物の大勢の人の喧騒の中、ここだけは別世界のようでした。
by takeshi_kanazaw | 2016-04-01 09:26 | 桜シリーズ | Comments(8)
 名古屋ではそろそろ桜が満開になってきました。

 重い腰をヤッコラサと上げて、名古屋市の鶴舞公園に桜見物。
 地下鉄の駅を上がっていくと、いっぱいの人と満開の桜が目の前に。

d0140806_23474435.jpg


 この鶴舞公園。 名古屋駅から地下鉄で10分。 
 テレビ塔のある中心地の栄から南へ2~3キロしか離れていない、都心の公園です。

 「凄い人やな・・・。 まさに桜見物真っ只中という感じや」

d0140806_23504019.jpg


 満開の桜に、みんな写真を撮ったり、結構忙しそうに・・。

d0140806_2352964.jpg


 この場所はそのまま夜桜見物の場所になるようです。
 青いシートで場所どりして、のんびりと夜を待っている人も。
 中には西洋系の人もチラホラ。

d0140806_23541669.jpg


 「これはまさに日本の国民的一大イベントや・・・」
 多分、都心のオフィスの職場で、夜桜見物のために事前に幹事役が場所どりに来ているケースも。

 こちらでは若者が桜の花の下で麻雀をやっています。

d0140806_23555859.jpg


 比較的若い人が多かったですね。
 ここでは子供の前で、若いお父さんが大活躍。 空転をやって見せたり・・。
 小さい子供が大はしゃぎですが、中にはもう疲れたお父さんも。

d0140806_23575171.jpg


 少し離れた芝生に、ベビーカーが並んでいました。
 幼児を抱えた若いお母さんの一団もいましたね。

d0140806_2359991.jpg


 いいですね・・・。 暖かい日差しの中、満開の桜。
 特に入場料がいるわけでもなく、のんびりと・・・。
 桜見物というのは平和の象徴ですね・・・。

 公園の静かな場所では、インドネシアの人たちでしょうか、集まって桜見物。
 スカーフを頭にあるから、イスラム教の人。
 「そうだ、イスラム教は酒を飲めないから、桜をめでるしかないのか・・」

d0140806_045294.jpg


 「桜の花は綺麗ですか?」 と聞くと。
 「とっても綺麗です。」 と日本の桜に満足そうな答えが返ってきました。

 日本の春の桜見物。 これは伝統文化の世界遺産? かもしれませんね。
by takeshi_kanazaw | 2016-03-31 08:43 | 桜シリーズ | Comments(10)
 もう名古屋の街中で桜が咲いています。

 名古屋市東区泉2丁目から北への並木道。
d0140806_21512349.jpg

 昭和30年代、名古屋で一番桜が早く咲く並木道を目指して、植樹したそうです。現在約200本の桜の木があって、「大寒桜(オオカンザクラ)の並木道」という名前さえ付けてあるそうです。なんでも一番早いのは注目されますね。

 薄いピンクの桜がオオカンザクラ。
d0140806_21554466.jpg
 ビルが並ぶ道路に、ピンクの花がもう満開でしたね。

 濃いピンクの花は寒緋桜(カンヒサクラ)だそうです。
d0140806_21574081.jpg
 こちらは蕾が開きかけていました。

 この地域は名古屋城の東にある、昔は武家屋敷のあった場所。
 今では情緒ある街のたたずまいが見られます。
 こんな街中の桜が一番早く咲くというのも面白いですね。
by takeshi_kanazaw | 2015-03-16 08:47 | 桜シリーズ | Comments(2)
 先週からズーと桜ばかりを撮っています。

 「そろそろ桜を撮るのも飽きが来たな・・・・」
 そんな贅沢なことを言いながら、今回は水に映る桜を撮りに行った写真。

 「目には綺麗に見えるけど、写真はうまく写らない・・・」
d0140806_14443572.jpg

 水面が波立たない小さな池を選んだのですが・・・・。

 「上に浮いたハスの葉っぱの方が面白いわよ」 と妻殿。
d0140806_1446939.jpg


 以前にもこの池(五色園)に来て、よく写真を撮っているのですが・・・・。
 何とか桜の花を撮りたいと頑張って・・・
d0140806_14474684.jpg


 そうなんです、揺れているのを揺れているように撮ればいいのですが・・・
 「あんまり様にならない写真かもしれんな・・・・」
 もう少し工夫しないといけなかったかも。

 名古屋では桜の花が半分ぐらい散ってしまいました。
 これからは、少し山際の田舎の方が綺麗かもしれませんね・・・。
 緑の新緑の中に、ポッ と咲く桜がいいのかも。
by takeshi_kanazaw | 2014-04-07 14:53 | 桜シリーズ | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw