カワセミかな?

 植物園、小さな池の畔で大きな望遠レンズを付けた人が。

 「野鳥の撮影だな・・・。 何がいるのかな・・・」
 その人のレンズの方向を見ると、何やら白い鳥が・・・。

d0140806_919138.jpg

 サギですね・・・。 頭に冠みたいなものが付いている。
 「チョット撮っておくか・・・・・。サギの種類はよく判らんけど、なかなか綺麗だ・・・」

 でも、望遠レンズの人、どうもサギを撮っているようには見えない。
 よくよく見ると、何やら小さな鳥が動いている。

 「俺のズームレンズでは、とてもじゃないが撮れないわ・・・・」
 少し鳥に近づいて行くのですが、何やら大きなレンズで撮っている人に怒られそう・・・。
 静かに、ソーと近づいて・・・。 
 
 綺麗な青い羽のスズメぐらいの大きさの鳥。

d0140806_9244045.jpg

 横にいた人が小声で、 「カワセミですよ、カワセミ」

 別に大きな望遠レンズの人が、鳥を撮る優先権を持っているわけではないのですが、それでも近づいて鳥が逃げてしまうと怒られそうな気がしますよね・・・。

 ズームレンズを最大に伸ばしても、なかなか上手く撮れませんね・・・・。
 このカワセミらしき鳥は、時々水面に飛んでは木の枝に戻る動作を繰り返す。
 でもその動きが早すぎて、とてもじゃないが写真には撮れない。

 「そろそろ飛ぶかな・・・・・。 あー飛んだ! でも飛んでる姿はやっぱり撮れないや・・・」
 望遠レンズの連射でもしないと、とてもじゃないが撮れませんね・・・・。

 仕方ないから、木の枝に止まっている所をもう一枚。

d0140806_9311771.jpg


 綺麗な青い羽根、これはカワセミでしょう?
 自分ではよく判らないけれど・・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-01-21 09:32 | Comments(1)

 蝋梅 椿 そして南天

 今週は温かでしたね・・・。

 久しぶりに名古屋市の東山植物園へ、握り飯をバックに入れてプラリ。

 蝋梅が咲いていました。

d0140806_15185787.jpg

 いろんな種類の蝋梅があるようですが、その区分はよく判らない。

 広い植物園、そろそろ椿も咲き始めていました。

d0140806_15203943.jpg

 これはサザンカじゃなくて、椿だと思うのですが・・・。
 この植物園では多くの種類の椿が植えられていますが、殆どはまだ蕾でした。

 一番目についたのは 真っ赤な南天。

d0140806_15224822.jpg

 至る所に南天の実がありました。
 「我家の南天の実は既に鳥に食われてしまっているのに、植物園の南天は綺麗なままだ・・・」

 冬の太陽がまぶしいぐらいでした。
 ノンビリとおにぎりを食べて、ミカンを食って、本でも読んで・・・

d0140806_15255432.jpg

 暇人の豊かな?時間が過ぎて行きます・・・。

 こちらでは絵を描いている人も。

d0140806_15283570.jpg

 定年退職後に10年以上趣味で水彩画を描かれているとか。
 作品はなかなかのものでした。

 忙しくされている諸氏には、まっこと申し訳ないような情景ですが・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-01-20 15:29 | 花撮り等 | Comments(3)
 この1年、トランプさんが話題にならない日がないですね。
 ブログにコメントを載せたいと思っても、次から次へトランプさんに関する新しい話題が出現して、載せる機会を失することが続いていました。

d0140806_1422729.jpg


 最近の気になる事柄を載せていかないと、また機会を失する恐れがあるので。
 相変わらず外野席からの勝手な意見ばかりですが、お付き合いのほどを。


 「米大使館をエルサレムに移した件」

 1か月ほど前、突然大使館をエルサレムに移すと宣言。あまりの唐突な行動に世界が唖然と。
 イスラエルとパレスチナの関係は中東紛争の根幹部分ですが、これまで曲がりなりにもアメリカは中東和平の仲介役を演じてきました。
しかし、トランプ政権は今回の行動で仲介役を放棄して、ハッキリとイスラエル支持を明確にしたことになり、イスラム諸国を敵に回す結果になりました。おまけに国連の米非難決議に賛成する国には支援金を打ち切ると脅しました。いわゆる 札束で頬を叩く という非礼をしました。

d0140806_14244346.jpg


 サミエル・ハンチントンは「文明の衝突」という本で、21世紀はイスラム文明と西欧文明の衝突が続くことを予言しました。 まさに事態は彼の予言どおりに進行しています。アメリカは「テロとの戦い」と銘打っていますが、それは誤った概念で、根源はイスラムとアメリカの戦いです。

 これまでアメリカは、自由と民主主義の旗手という誇りを持っていました。しかし、トランプ政権は アメリカファースト と叫び、世界のことは考慮せずに、自分の利益になることだけに専念すると宣言したわけです。 アメリカこそが最大のテロ国家だということになりかねませんね。


 「SHITHOLE」

 トランプさんはアフリカや中米のことを、SHITHOLE と発言。 英語がわからない私ですが、どうも 日本語では 肥溜め(こえだめ)ぐらいの意味でしょうか。下品な言葉ですよね・・・。言われた人たちは頭にきますよね。

 トランプタワーこそ SHITHOLE だ! とばかり、インターネットでこんな画像が。

d0140806_14281228.jpg


 アメリカファーストと言いながら、その根底は人種差別主義が支配している表れでしょうか。この発言も多くの敵を作ることになりましたね。「そうか、アメリカという国は本音のところは我々を見下しているんだ。 世界の盟主なんておかしいよ」 世界の多くの国がそう思いますね。



 「FIRE AND FURY」

 炎と怒り とでも訳するのでしょうか。トランプ政権に関する暴露本が出ました。 売り出しと同時に品切れが続出という人気ぶりだそうです。日本では2月末に早川から訳本が出るそうで、私も読んでみたいですね。

d0140806_14305747.jpg


 マスコミ報道によれば、トランプを臆病かつ情緒不安定で大統領の資質に大きく欠けた人物として描写している ようですが・・・。これまでの言動を見ると、なんとなくうなずける感じです。しかし、アメリカの核のボタンを押すのは大統領、そうトランプさんですね。大丈夫でしょうかね・・。


 さて、いろいろ物議をかもすトランプさんですが、彼の資質は大統領になる前と同じではないかと思います。選挙戦でアメリカファーストを掲げ、白人労働者の仕事の確保、豊かな生活の復活を第一とし、それまでの自由と民主主義の旗手で世界をリードする概念を放棄していました。
 
ですからこの一年の問題発生の根本は、彼をアメリカ大統領にしたことにあります。
 過去は世界をリードした工業地帯が寂れて仕事もなく、昔のアメリカを取り戻したいという心境は判るような気がします。既存政治勢力への反発という面も大きかったのでしょう。世界に見せるための恰好ばかりでは生活は戻らない、そんな心境からトランプに投票した人が多かったのではないでしょうか。 アメリカのことはアメリカの国民が決めることですが「トランプを選んだ人達」がこの現状を生み出していることも事実でしょう。

 おそらく世界史の中で「トランプを選んだ人達」というフレーズが、この時代を特徴づける言葉として取り上げられる時期が来るのではないでしょうか。このフレーズはまだ認知されていませんが・・・。

 ヨーロッパでも移民問題で多くの混乱が起きていますが、これまで世界をリードしてきた西欧文明がスタンダードとなっていた時代の終焉期を迎えているのかもしれません。自由・博愛・民主などという思想は限られた西欧の中だけの話で、グローバリゼーションが進むと余裕がなくなり、途端に非寛容になって他の人も思想も排除してしまう。その象徴が「トランプを選んだ人達」かも。
# by takeshi_kanazaw | 2018-01-19 08:20 | 時事放談 | Comments(4)

 抽象写真?

d0140806_2263323.jpg


 さてさて、変な写真が続いていますが・・・。
 
 肉眼では何の変哲もない情景も、レンズを通すとまた違った世界になります。
 シトシト雨でぬれた我家。 その情景をパチパチと撮っていましたが、こんな写真が出来ていました。

 水滴というのは、肉眼で見るよりレンズを通して見た方が面白い。
 少し焦点から外れた部分には、不思議な色がついた玉が出来る。
 目に見えない小さな水滴も、実にダイナミックな姿に変身する。

 写真の勉強はしたことがない私。 
 全く自己流で、勝手にパチリパチリやって喜んでいる。
 景色は肉眼で見るように綺麗に写せないが、肉眼では見えない世界が出現するのは愉快ですね。

 題名は浮かびませんでしたが、なんだか抽象画みたいなので、抽象写真?
 写真には、そんなジャンヌは無いのでしょうが・・・。





 

 
# by takeshi_kanazaw | 2018-01-18 08:05 | 我家探訪 | Comments(10)

 題名のない写真

d0140806_10312941.jpg


 我家の中をカメラを持ってウロウロ。
 冬の陽光が差し込んでいる様を拾ってみた。

 「あれ? どの場所で撮った写真だったかな・・・・」
 撮った場所も忘れてしまったのだが、なんとなく捨てがたい。

 写真の上手な人は、情景の切り取り写真をマッコト上手く撮られる。
 そして、なるほどという題名を付けられて・・・。

 「捨てがたい写真だけど、題名が思いつかない・・・・」
 慣れないことをすると、どうしてもこうなってしまうものらしい・・・。

 いい題名はないものか・・・・・。
 そう言えば、ひと月ほど前も題名募集の写真を載せたような・・・。

 暇人のカメラ遊びということですが・・・。
# by takeshi_kanazaw | 2018-01-17 10:38 | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw