霧中でイヌワシを待つ人

d0140806_2521351.jpg


 二日前(8月9日)、名古屋は35度の猛暑が予想されていました。
 「伊吹へ行こう、山の上へ行こう。 涼しいところへ行こう」
 7月の梅雨明けの時期にも伊吹へ行きましたから、2回目の伊吹山です。

 「下界は晴れていたのに・・・・」
 山頂付近はもう霧で一杯でした。
 霧と言っても、風が北西から吹き上げてきて、それが白くなってくる感じ。

 目の前を霧が走っているという表現がいいでしょうか。
 冒頭の写真の右側の方から、山頂の方に向かって10m以上の風が、いや霧が吹きあげていました。
 まさに、” 伊吹は風の通り道 ” なんですね。

 そんな霧の中、道の脇に大きな望遠レンズを構えた人が大勢います。
 「伊吹のイヌワシ」を撮るために、椅子を用意してジーと待つ。 伊吹では何時も見かける情景です。

 そんな中の一人のオジサン。

d0140806_325654.jpg
 

 「今日は出ましたか?」
 「うん、朝方に一回出たよ・・・・」
 このイヌワシを撮る人たちは、朝からズーとイヌワシが出るのを待ち続けています。
 こんな霧の中で、はたしてイヌワシが見つけられるのかな・・・・。

 何時も立ち寄る山頂の茶屋の主人いわく、全然出ない日もあり、恐らく出ても一日中待って数回らしい。 しかし、イヌワシが出ても、ちゃんと写真に捉えられるかは、また別問題。 おまけにイヌワシは肉食で野兎などを見つけると急降下するらしく、シャッターチャンスは超難しい。

 高い望遠レンズを買い揃え、一日中ズーと待ちつ続けるのですから、とてもじゃないが私には出来ません。かなりの人が常連らしく、年間を通じて数十日イヌワシの撮影にトライしているようです。いい写真はおそらく年に一枚か多くて数枚。傑作は一生に一枚なんて世界なんでしょうか。

 ちなみに、もう10回以上伊吹山に来ていますが、私は一度もイヌワシを見たことがありません。

 山で写真を撮る人も様々ですね・・・。 そうでした、今日(8月11日)は山の日なんですね。 
Commented by odamaki719 at 2017-08-11 16:50
こんにちは♪
 山の日に伊吹山に行かれたのですね。
霧だったのが残念ですね。
イヌワシを撮る人はひたすらまっているのですね。
テレビでは伊吹山の山野草を紹介していましたよ。
Commented by small-talk at 2017-08-11 21:24
僕も以前、伊吹へ行った際、イヌワシを撮っている人を見ましたよ。
名所らしいですね。
Commented by iris304 at 2017-08-11 21:58
こんばんは^^

こういう大砲みたいなレンズを構えている方を見ると
ひいてしまいます。
気合い、迫力に圧倒されてしまいます。

イヌワシ、いつか遭遇できるとよろしいですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-08-12 09:00
odamaki719 さん
霧で涼しかったですよ。山は天気がいいと結構暑い。
大きな望遠を構える人を見ると、大変だな~ という感じですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-08-12 09:03
small-talk さん
頂上の茶屋でよく会う人がいます。
神戸からわざわざイヌワシを撮るために来るそうです。
年に数十回は来るというのですが。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-08-12 09:05
iris304 さん
あの大きな望遠レンズ。
どうも安いものでも50万円、もっと高い物らしい。
一度こんなレンズを買うと、撮らないといけなくなる?
by takeshi_kanazaw | 2017-08-11 07:50 | Comments(6)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw