張液丹霞を描いた   お絵かき76作目

d0140806_21224546.jpg


 私は海外旅行をすると、最低一枚はその旅の情景を絵に描くことにしています。
 今回は、河西回廊の旅で見た 「張液丹霞(ちょうえきたんか)」の絵を描きました。

 丹霞(たんか)と言うのは、「切り立った断崖などを伴う赤い堆積岩の地形」 ですが、河西回廊の張液という町の近くに 丹霞地形が沢山ありました。 とりわけ 「七彩丹霞」 と呼ばれる場所は、幾重にも重なった断層が、赤っぽいもの、白っぽいもの、黄色っぽいもの、色々あって、実に面白い。

 冒頭の絵は、そんな 「七彩丹霞」 の姿を描いたのですが、河西回廊の旅の旅行記を書く傍ら、蒸し暑い部屋で汗を拭きふき描いた力作?です。 大きさはF10号、画用紙の上に、日本画風の顔彩という絵の具を塗りたくりましたから、水彩画とは言えないかも。

 「力作の割には、えらく赤っぽいし、白が目立ちすぎるやんか・・・。 チョットおかしいんとちゃう?」
 河西回廊の旅行記を読んでいただいた方からは、そんな声が出そうですが・・・。

 描き手としては、自分のイメージに残ってる色を強調したかった と言うことなんですが。
 もっと現実に近く細かく描くか、それとも抽象化してしまって描くか、色々考え方はあるかな・・・。
 
 見直して見ると、我ながら ナ~ントナク 絵心のない絵やな・・・。
 どうも私は芸術的な才能がないんでしょうね・・・。 描いた後は何時もそう思うのですが・・・。

 まー、旅行の絵も結構描きましたね・・・。
 下手でも数を描くと、それなりに作品が貯まっていきますから、それが慰めですかね。
 (これまでの作品は、このブログの右側 カテゴリの下の方 「お絵かき」 をクリックしていただくと出てきます。)

 
Commented by rollingwest at 2017-07-15 14:34
お帰りなさい。もの凄い遠大なる旅でしたね!思い出の絵も素晴しいです。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-15 15:35
奈良盆地から出るのが億劫なまほろば・・・ (^0^;)
海外の旅、しかも、中国の河西回廊ですから
その凄さに驚いています。
Commented by odamaki719 at 2017-07-15 15:44
こんにちは♪
 旅の風景を見ていてきっと帰国されると描かれると
思っていました。七彩丹霞の感じが出ていますね。
この風景はきっと油絵が適しているでしょうね。
ずっと風景を見ながらそう思っていました。
試しにアクリル絵の具で描かれたらどうでしょうかね。
Commented by small-talk at 2017-07-15 17:31
早速、描きましたね!
摩訶不思議な光景です。
かっきりクッキリが似合いそうな題材ですね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-15 20:38
rollingwest さん
旅の期間より旅行記を書いている時間が長かったですが。
絵は下手ですが、まー、時間がありますからね・・・。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-15 20:41
mahoroba-shahai さん
意外と海外のパック旅行は楽ですよ。
ノンビリと出来ますよ。 たまにはどうですか?
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-15 20:46
odamaki719 さん
全体に絵が暗いのは顔彩を重ね塗りしたため。
アクリルで描くともっとスッキリしますね。
さすが絵を描いた人の眼は違いますね。
構図をもっとスッキリさせてアクリルと言うのはいい考えですが、さてもう一度描くエネルギーが。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-15 20:49
small-talk さん
そうそう、もう少しすっきりカッキリ感が必要かも。
旅行に行くと必ず描くと決めないと、描かなくなりそうで。
by takeshi_kanazaw | 2017-07-15 08:20 | お絵描き | Comments(8)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw