帰国の途へ  河西回廊の旅  その25

 この河西回廊の旅も最終の8日目。この日は、飛行機待ちで上海に一泊後に日本へフライトするだけ。

 ノンビリと旅の最後の夜を過ごすのも悪くない・・・・・。
 そう思ったのですが、なんと、飛行場近くの上海のホテルも禁煙!

 中国の係員曰く 「今年の4月から市の条例でホテルは全面禁煙です。 タバコを吸うと罰金です!」
 「それじゃ俺は前もって罰金を払うよ。 俺は自分の部屋でタバコが吸いたい!」
 「お客さん・・・・。 それは・・・。  そっと窓際で煙を外に吹きだしてくださいよ。煙感知機が作動すると・・」

 困ったお客ですね・・・・。 判ってるんですがね・・・・。
 毛沢東だってタバコ好き、魯迅だって・・・・。 この話は前にも載せましたか・・・。

 その結果、私は自分の部屋でコーヒーをドリップし、そのコーヒーカップを持って、靴を履き、長い廊下を歩き、エレベーターに乗り、ロビーを横切り、玄関の外に出て、ゴミ箱の側でタバコを吸う羽目に。
d0140806_15435090.jpg

 夜から早朝にかけて、自分の部屋とこのゴミ箱とを、何回往復を繰り返しましたかね。
 なんとも惨めで情けない格好。 まるで囚人の扱いを受けている感じですね・・・。
 「これがお客に対する扱いか! サービス業の基本は何なんだ! 客のニーズに応えることやろ!」

 上海空港にバスで。
 
d0140806_15483648.jpg

 「この空港は大きすぎて、喫煙所が何処にあるか判らん!」
 タバコ好きのFさんと二人で、広い空港内をウロウロ。 10分以上行ったり来たり。

 「フー、やっとたどり着いた・・・・」
d0140806_15511248.jpg

 「これほどまでに喫煙者を悪者扱いする必要があるのかな・・・・。 禁煙権オンリーの考え方は、まるでファッショと一緒やないか。 江戸時代の生類憐みの令とおんなじや」
 迷惑を掛けなければ、喫煙者にもそれなりのサービスが必要と思いますが。

 「早く日本へ帰りたいな・・・。 日本の自分の部屋に帰りたい・・・」
 日本へ帰るには飛行機に乗らないと・・・。
d0140806_15554999.jpg

 飛行機の中は流石に火が危険でしょうから、禁煙は正当性がある。 正当な理由には従う。

 こんなことばかり書くと、タバコ嫌いの人には 困った人やな~ としか思われないでしょうね・・・。


 今回の旅、私にとっては張液の綺麗な丹霞や、チャカ塩湖の幽玄な風景より、自分の部屋でタバコが吸えなかったことの方が重要事項でした。

 「中国の田舎の風景をノンビリ見ていれば、観光地なんてどちらでもいい」
 そんな気分で繰り返してきた 中国の旅。
 「中国へ行くのも考えもんや。 宿の部屋でタバコが吸えない旅行なんて・・・・」

 長い河西回廊の旅もこれにて 「完」

 タバコを離さなかった毛沢東さんもビックリ の禁煙旅 。 そんな感じでしたね・・・。
Commented by odamaki719 at 2017-07-14 16:32
こんにちは♪
 たばこ好きの人はダンダン隅に押しやられて行くようですね。
私も会社で上司がタバコ好きで困ったことがあります。
内心将来タバコが原因で病になったらどう責任をとって
くれるの?と思っていました(笑)
そのうちガラス張りの喫煙室が出来て電話がかかる度に
一階の隅まで走ったのを思い出しました。
もうもうとした煙の中で大勢が吸っていましたよ。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-14 21:36
odamaki719 さん
そうですか、そうですか。
実は我家でも妻殿が同じことを申しています。
現在の所、分煙政策を実施し、小康を保っています。
by takeshi_kanazaw | 2017-07-14 08:31 | 中国・河西回廊の旅 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw