心躍る?チャカ塩湖  河西回廊の旅  その22

  旅の6日目の午後。 西寧から青蔵公路を5時間近くバスで揺られ、やっとチャカ塩湖に到着。

 塩湖によくある塩の採集・精製の古びた工場がありました。
d0140806_8285927.jpg

 青蔵公路という大動脈のすぐ近くですから、昔から採塩が行われていた場所でしょうね。
 現在でも稼働している現役の工場です。

 バスが湖の近くに下って行くと、途端に景色が一変しました。
d0140806_8322333.jpg

 「なんじゃこれは・・・・」  大きな駐車場に車が一杯。
 もう観光客で一杯です。
d0140806_8334554.jpg

 車のナンバープレートを見ると、上海や中国全土から。 このチャカ塩湖は、チベット観光のメインルートである青蔵公路に接しているのが幸いして(禍して?)、観光客で溢れていました。
 チャカ塩湖を紹介する雑誌などでは、触れられていないかもしれませんが、これが実態です。

 なにやらウエディングドレスをまとった女性も現れました。
d0140806_839720.jpg

 入口ではもう一組のカップルも。
d0140806_840138.jpg

 こんな場所で披露宴?  違うんですね・・・。
 中国では結婚式の前に、有名な風景の場所で写真を撮るのが流行っています。 もう10年以上前からの流行で、数十万円を掛けて写真を撮るのです。 花嫁さんにしてみれば、一生に一度(2度以上の人もあるかも)の晴れ舞台というわけです。 心躍るチャカ塩湖 なんですね。

 このチャカ塩湖では、綺麗な風景写真と一緒に、こんな写真が大きく提示されています。
d0140806_8453649.jpg

 「実物よりも綺麗に写すからな、中国の写真家は・・・」 
 そんな乙女心を傷つけるようなことを言ってはイケナイ・・・。

 入口を入ってから、湖の岸辺までが結構遠い・・・。
d0140806_8484445.jpg

 他のメンバーはサッサと歩いて行かれるのですが、私は・・・・。
 「オカシイな・・・。 なんだか心臓が踊るというか、シンドイと言うか・・・」

 遅れ気味なので、少し頑張って歩くのですが、ますます心臓が踊る・・・・。

 チラッと見るとこんな看板が。
d0140806_852922.jpg

 標高 3061m  気圧 700ヘクトパスカル・・・・。
 「まさか高山病の初期症状? そんなことが・・・・」

 半年前にシルクロードの旅で標高3500mのカラクリ湖にも行きましたし、3000mぐらいで高山病になることはないはず・・・・。 まー、日本でいえば北アルプスの穂高あたりの高さではあるんですが・・・。

 「どうも運動するからダメなのかも。 歩かなければ、タバコを吸っても心臓は踊らない。 運動するからいけないんだ。」  という解釈をして・・・・・。

 しかし、到着したのは湖の岸辺。 塩が湖に広がっている場所はまだズーと先です。
 「チャカ塩湖で心臓を踊らせて倒れたら、とんだお笑い草だ。 ウエディングドレスの花嫁さんじゃあるまいし」

 そんなことを思いながらも、体の方は全然不調。 頭も少しボーとしてくるし・・・・。
 「せっかくだから写真は撮らないと・・・・」  そうは思ったのですが・・・。


d0140806_93641.jpg
by takeshi_kanazaw | 2017-07-11 08:21 | 中国・河西回廊の旅 | Comments(0)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw