田舎道の桜

 能登から名古屋への帰り道、琵琶湖の北、余呉湖にでも寄って行こうかということに。
 道筋の金沢の兼六園など、有名な場所は人が多いだろうと、避けて行くことにしました。

 「なんだかオート三輪が数台止まっているけど、なんだろう・・・」
 木之本から余呉湖への道中、田圃が広がる何でもない田舎道です。
 「桜が綺麗だわ・・・。 チョット寄って行こうか・・」
d0140806_1043452.jpg

 部落のはずれの川沿いの道ですが、両脇の桜が満開でした。

 オート三輪から、お婆さんが孫娘らしき人に手を繋がれて、ヨタヨタと降りてきます。
 その横には作業服姿のオジサンたちがチラホラ。 実にノンビリとした桜見物ですね。
 「おらが村の桜って感じやな・・・」

 桜の開花情報や満開の様は、テレビでは一番早かった東京の話や、有名な桜の名所の光景が取り上げられていますが、この田舎の桜のような話はニュースにはなりません。 でも、この田舎道の桜のように、全国には至る所に おらが村の桜 が一杯ありますね。 そんな桜はまだまだ綺麗です。

 殆ど人の姿のない川べりに、菜の花が咲いて、桜が一杯枝を広げています。
d0140806_10134727.jpg

 こんな場所でノンビリ握り飯でも食べて、ユックリと桜を眺めているのもいいでしょうね・・・。
 名古屋市で見た名古屋城の桜や鶴舞公園の桜は、人が多くて落ち着きませんからね。

 少しこの田舎道をプラプラ。 自動車道路の反対側へ行ってみました。
d0140806_10172937.jpg

 真っ白な花はコブシでしょうかね・・・。 コブシの白さは印象的ですね。

 川辺で絵を描いている人を発見。
d0140806_10185086.jpg

 この方は油絵ですが、時々風でキャンバスを飛ばされながらも、絵筆を動かしていました。
 「これでどのくらい時間が掛かってますか?」 私も下手な絵を描くので声を掛けました。
 「朝から2時間ぐらいかな・・・。 後は光っている部分を塗って仕上げやな」

 描かれている絵を拝見しましたが、プロ技とは言えませんが、筆が早い人ですね。 趣味で描かれているようですが、都会で見る絵描きさんとは随分感じが違って、自由でノビノビした作風でした。
 「桜の花の絵は難しいな・・・・。 桜の花びらは白いけど、全体はピンク色に見えるしね・・・」

 実は私も現在水彩画で桜の絵を描いています。
 でも、この方のように、ノビノビと、サッサと描けないですね・・・。

 琵琶湖の北の田舎道。 ノンビリとした情景が広がって、これが本当の日本の桜風景かな~ と思いましたね。







 
Commented by odamaki719 at 2017-04-15 11:48
こんにちは♪
 琵琶湖の北の桜風景は素朴で美しいですね。
車で外出すると思わぬ出会いがあって素敵ですよね。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-04-16 08:45
odamaki719 さん
車でプラプラしていると、思わぬ情景に出会います。
ノンビリしたドライブは悪くないですね。
by takeshi_kanazaw | 2017-04-15 10:27 | 国内旅行記 | Comments(2)

海外や国内の適当に撮った写真の記録


by takeshi_kanazaw